観光スポット

日本三名瀑「袋田の滝」を徹底ガイド!一度は見たい自然が作る絶景

袋田の滝 大子町 茨城 

 

茨城県には日本三名瀑の1つに数えられる「袋田の滝」という滝があります。

 

年間を通して多くの人で賑わう茨城県屈指の観光スポットでもあり、パワースポットとしても知られています。

 

袋田の滝は、紅葉、ライトアップ、氷瀑などでも有名ですが、春夏秋冬それぞれでどんな滝が見られるのか魅力をぎゅっとまとめて紹介します。

 

その他、料金や駐車場、アクセス方法などの基本情報を含め、周辺の観光スポットなどもチェックしてみてください。

日本三名瀑「袋田の滝」を徹底ガイド!一度は見たい自然が作る絶景








日本三名瀑の「袋田の滝」ってどこにあるの?何県なの?

どこにあるのか知らない方ももちろんいらっしゃると思います。

袋田の滝について

大子町 袋田の滝 どこ

袋田の滝(ふくろだのたき)は、茨城県久慈郡大子町袋田にある久慈川の支流・滝川にあります。

 

茨城県北部の町で栃木県と福島県に隣接している場所にある袋田の滝は、奥久慈のシンボルであり紅葉の名所としても知られているスポットです。

 

日本の滝百選にも選ばれ、華厳滝、那智滝と並ぶ日本三大名瀑の1つに数えられています。

 

なんと言っても、高さ120メートル、幅が73mメートルという大きさは1つの魅力です。

 

また、袋田の滝の特徴は大きな岩を滑るように川が落ちる印象でしょうか。

華厳の滝などのような滝とはまた違った魅力の造形美があります。

 

冬には滝が全面的に凍結することがあり、「今年は完全凍結するのか?!」みたいな話題が毎年テレビニュースでも取り上げられています。

 

そんな袋田の滝ですが、どのような歴史のある場所なのかを簡単にご紹介します。

袋田の滝の歴史

袋田の滝 歴史

日本三大名瀑のひとつ・袋田の滝は、1500万年前、海底で噴火する火山だったのです。1700万年前、袋田周辺はもともと陸地でした。そこには草木が生い茂り、動物たちや鳥たちが集う憩いの場でした。しかしこの大地に、徐々に海が侵入してきました。そうして完全に水没したこの大地には、やがて大きな海底火山できました。
引用:茨城県北ジオパーク構想

 

約1700万年前は陸地だったんですね!

それから海に侵食され、約1500万年前の火山の大爆発によって、流出した溶岩が大規模な滝を造りあげたということ。

 

袋田の滝より上流から化石も発見されたことがあるそうです!

 

大きな岸壁を四段に流れ落ちることから四度(よど)の滝」とも呼ばれています。

 

この通称にも諸説あり、その昔、西行法師が訪れた際に「この滝は四季に一度ずつ着て見ないと真の風趣は味わえない」と絶賛したことが由来になっているという説もあります。

 

春夏秋冬それぞれの季節に訪れたいこの袋田の滝は、江戸時代にも褒め称えられた詩が伝えられています。

 

江戸時代に、歴代の水戸藩主である水戸黄門でおなじみの徳川光圀、徳川治紀、徳川斉昭らが袋田の滝を訪れています。

 

四季折々に変化する滝を見て、和歌や俳句、漢詩などを次のように残しています。

・花もみち経緯(よこたて)にして山姫の 錦織出す袋田の瀧  西行
・いつの世につゝみこめけむ袋田の 布引出すしら糸の瀧  徳川光圀
・しら糸を紅葉のひまにうちはへて にしきをるてふ袋田の瀧  徳川治紀
・もみち葉を風にまかせて山姫の しみつをくゝるふくろ田の瀧  徳川斉昭
引用:大子町文化遺産

 

遥か昔からその眺望の美しさを褒めたたえていたんですね。

入り口から「袋田の滝」への行き方

袋田の滝 行き方 ルート トンネル

袋田の滝へは、トンネルとエレベーターが設備されているので、滝を簡単にそしてさまざまな角度から簡単に見学することができます。

 

入場口からトンネルになっているので、そのまま先へと進みます。

 

奥まで進んでいくと第1観瀑台、さらに奥には第2観瀑台へ登るエレベーター乗り場があります。

第1観瀑台

袋田の滝 第1観瀑台

第1観瀑台はエレベーターより手前にあります。

 

滝つぼからわずか10mほどの観瀑台で、迫力ある滝が目の前に滝が見られる場所です。

 

滝つぼから上がる水しぶきのせいか、滝が間近なせいか、ひんやりとした心地良い空気がとても気持ちが良いです!

 

岸壁の石は、海底だったころのマグマが噴いて固まった溶岩なんだそうです。

 

ここはもともと火山だったことがわかります。この海底火山が活動を終えると、火山は砂や泥で埋まりました(左図)。その後、陸地化するときに袋田周辺は、傾いてしまいました(中図)。陸地化した大地を川が削りますが、火山の石は堅く、削られにくいため滝となりました(右図)。観瀑台から見る袋田の滝は、実は海底火山の断面だったのです。
引用:茨城県北ジオパーク構想

 

目の前の岸壁は「海底火山の断面だった。」

こんなところにも注目してみてはいかがでしょうか。








エレベーターと階段で第2観瀑台へ

袋田の滝 第2観瀑台 風景

エレベーターで上がり階段を登ると第2観瀑台、更に階段を登ると第3観瀑台へいけるようになっています。

 

第2観瀑台は第1観瀑台から約51m上にあるので、袋田の滝の全体を鑑賞することができます。

 

四度の滝と呼ばれる滝の段を上から眺められるので、ぜひ第2、第3観瀑台へと進んでいきましょう!

 

ただ、階段を登らないといけないんですよね。

エレベーターでそのまま行けるなら、車椅子でも行けるのですが・・・。

 

混雑する時期は朝1番で行くと混雑回避できるのですが、写真を撮りたい!という方の場合はちょうど逆光になってしまいます。

 

逆にゆっくり行くと駐車場の混雑などにハマるので微妙なところですね。

袋田の滝の水量

袋田の滝 水量

水量が少ない日もあります!

 

滝と言えば水量が多ければ多いほど迫力も増しますが、時期や天候よって水量が変わるので、常に大迫力な滝を見られるわけではありません。

 

なので台風の後にはこんなことにも・・・。

これは2つの台風が同時に来て、日本に大雨をもたらした後の様子ですがこんなすごいことに(汗)

 

袋田の滝はライブカメラで状況を見ることができますよ!

→大子町ライブカメラ

袋田の滝吊り橋

袋田の滝 吊り橋

トンネルから吊橋へ出られるようになっています。

 

吊り橋周辺からはまた違う角度で袋田の滝を眺めることができます。

袋田の滝 吊橋 見どころ

滝を横から見ることができます。

上記の画像くらいの人出だと割りとのんびり見たり、吊り橋からも写真を撮影したりもできますね。

 

この橋は何気にけっこう揺れますよ。

 

(吊り橋は無料エリアなのでトンネルの方へ戻る際には入場券の提示が必要になりますよ!)

 

袋田の滝は観瀑台、吊り橋辺りの見学だけなら、だいたい所要時間は30分~40分程度だと思います。

 

吊り橋を渡ってハイキングも楽しむという方はもっと時間はかかりますね。








袋田の滝には隠れハートがある?恋人の聖地

 

トンネルの途中には「恋人の聖地」があります。

プロポーズの場所にふさわしいロマンチックなスポット、恋人の聖地として認定されているんです!

滝には「隠れハート」がある?!

 

これは私は見たことがないんですが、

袋田の滝には滝の上のほうに「隠れハート」が現れるんだそうです。

 

袋田の滝に現れるハートマークを探す人も多いとか!

水量などの条件が揃ったときだけに現れるといわれています。

 

袋田の滝は昔別れのスポットなんて言われていましたが、隠れハートを見つけられたら恋愛成就も叶うのでは?!

 

パワースポットでもあるので、恋愛成就の場所としてデートスポットとしても有名になってほしいですね(笑)

袋田の滝×紅葉

袋田の滝 紅葉 大子町

秋には、滝と紅葉のコラボが楽しめます。

滝の回りがモミジなどで彩られるとまた違った景色になりますよね!

 

紅葉の時期が袋田の滝の最も賑わう時期と言えるくらい人気で、紅葉の名所として有名です。

紅葉の見頃時期

例年紅葉の時期:11月上旬頃~11月中旬頃

 

紅葉シーズンは最も混雑する時期です!

 

それほど人気なので、土日を中心に道路、駐車場が混雑します。

平日でも昼間は駐車場が満車になりやすいです。

 

袋田の滝の紅葉の見頃や混雑などについては、紅葉の写真や動画なども一緒にまとめています。

 

紅葉シーズンが気になる!という方はこちらをチェックしてみてください。

袋田の滝 紅葉 見頃
【袋田の滝×紅葉】見頃はいつ?2019年の基本情報や見所おすすめのプランも紹介茨城県の県北地域の紅葉三大名所の1つである「袋田の滝」は、滝と紅葉のコラボで秋にしか見ることができない絶景を目にすることができます。2019年も見頃や時期、ライトアップなどの見どころが気になりますよね!茨城県からその情報をまとめてお伝えしていきます!...

 

さらに紅葉シーズンからは袋田の滝でライトアップイベントも開催されます!

袋田の滝×ライトアップ

ライトアップの装飾がされると昼間とは違った雰囲気になるし、いつでも見られるものではないから見たくなりますよね。

 

ライトアップの時間は日没から19時、20時ごろになりますが、昼間とはまったく違って、袋田の滝がまるで水墨画のようで幻想的な姿を見せることでも評判です

「大子来人ーダイゴライトー」

11月頃~1月頃には夜間の「ダイゴライト」というライトアップのイベントが開催。

 

袋田の滝では、滝がライトアップされるだけでなく、トンネル内のイルミネーション、ライトアップも素敵な演出がされています。

 

紅葉の時期から行なわれるのでライトアップで紅葉が浮かび上がり、滝は水墨画のように姿を変える。

 

夜のライトアップと素敵なコラボ満載なので必見です!

 

袋田の滝 ライトアップ ダイゴライト
袋田の滝のライトアップ2019~2020年の営業時間!秋・冬開催の「ダイゴライト」茨城県の久慈郡大子町の『袋田の滝』。観光、紅葉スポットとしても有名ですが、秋から冬にはライトアップのイベント、大子来人(ダイゴライト)が開催されています。滝のライトアップ、トンネルのイルミネーションが今年も美しいと評判になっていますよ!2019~2020年の袋田の滝のライトアップ「ダイゴライト」を最新の情報を交えて紹介します。...

袋田の滝×氷瀑

袋田の滝 冬 凍瀑 氷瀑

冬の袋田の滝の見どころはこの「氷瀑」です!

 

毎年テレビで「完全凍結なるか?!」みたいなニュースを目にします。

 

寒さが厳しい冬にだけ滝全体が凍結するんです。

真っ白に凍った滝は神秘的な風景で、「氷瀑」と呼ばれこの景色を楽しみに来られる方も多いです。

 

凍結した滝とライトアップも幻想的です!

最後に完全凍結したのは7年前

 

2012年には6年ぶりに完全凍結。

ピッケル片手に氷壁を登るアイスクライマーの姿も見ることができました。

 

それから完全凍結はしておらず、2019年は7年ぶりに完全凍結するのでは?!と期待が高まっていました。

 

すごくないですか?

写真好きな方はカメラを持っていきたくなるはず!!

 

完全凍結するとアイスクライマーが現れるのも1つの見どころですね。

袋田の滝 冬 凍結
【袋田の滝×冬】2020年の凍結状況は?氷瀑を見るなら早朝がおすすめ茨城県の冬の風物詩はご存知ですか?「袋田の滝の氷瀑」です。氷点下10度にも気温が下がる大子町の袋田の滝は、冬になると時間をかけてあの大きな滝が凍ります。凍結した滝は荘厳な雰囲気に包まれいつもとちがった迫力があります。今回は冬のおすすめスポット「袋田の滝の氷瀑」を紹介!ライトアップやアクセス方法、道路の状況などもお伝えしていきます。...
2020年はどうなるか楽しみです!








春~秋には月居山・生瀬滝を見るハイキングもおすすめ

人気絶景スポットでは、

  • 月居山(つきおれさん)
  • 月居観音堂
  • 生瀬滝

などの見どころも多い場所になります。

 

なので実はハイキングもおすすめです。

 

袋田の滝を巡るハイキングコースをちょっとご紹介します。

月居山の山頂を目指すハイキング

 

このハイキングコースは標高404mの月居山の山頂を経由し、吊り橋へと戻るルートです。

 

袋田の滝入り口へ到着したら、トンネルを通り滝見橋へ。

トンネルの中はひんやりとしているので、夏にもおすすめなんです。

 

しばらくトンネル内を進んでいくと、吊り橋へ抜ける通路が右手に現れます。

 

袋田の滝が目の前に現れますが、観瀑台へは行かずに吊り橋を渡って、左側に滝、右には自然が広がる風景を楽しみます。

 

吊り橋を渡り歩いていくと、月居山に続く「袋田自然研究路」を歩いていきます。

 

吊り橋を渡った先の階段を上り、緑に囲まれた山道を進んでいきます。

 

自然を満喫するとはこういう事かと感じることができる気持ちが良いハイキングコースです。

「月居観音堂」

 

山頂近くには歴史ある「月居観音堂」があります。

 

正式名称は「月居山光明寺観音堂」

大同2年(807)の創建といわれています。永保3年(1083)、源義家が奥州征伐の際、このお堂の中に一晩籠って戦勝を祈願したと伝えられています。
引用:大子町文化遺産

 

森の中にいきなり門が現れます。

くぐると「月居観音堂」へと進むことができます。

 

歴史感じる佇まいです。

町を見守るように建つお堂からは絶景が目の前に広がります。

 

月居観音堂を抜けるといよいよ山頂に。

吊り橋から山頂までの所要時間:約1時間

生瀬滝

 

月居山を下って行くと「生瀬滝」があります。

 

山道を約40分くらい歩きます。

場所は袋田の滝の少し上の上流です。

 

水量や規模は小さい滝ですが、落差15mの滝で勢いよく流れる滝も見てみてください。

 

山頂からの所要時間:約40分

 

この「生瀬滝」は山頂を経由しなくても、吊り橋から約20分くらいで行けるルートもあります。

 

吊り橋から山頂へ行き、生瀬滝を見て再び吊り橋へ戻るまでの所用時間は約2時間というコースになります。

 

そして袋田の滝の吊り橋へと再び戻っていきます。

袋田の滝は歩きやすい服装がおすすめ

 

袋田の滝は、ハイキングをしなくても、駐車場からトンネル入り口までがちょっと坂道になっていたりします。

 

トンネル内、階段、吊り橋などがあるので、絶対に歩きやすい服装がおすすめです。

 

靴はヒールはNG!

履きなれた歩きやすい靴がいいですよ^^

 

服装も秋は昼間が暖かくても、羽織るものは1枚持っていた方が良いかと思います。

 

冬はけっこう寒いので、防寒対策は必須ですね!








袋田の滝のお食事処「四度の茶屋 三六亭」

袋田の滝 お土産 食事 こんにゃく 鮎の塩焼き

袋田の滝の対岸、吊り橋を渡っていけるお店「四度の茶屋 三六亭」

 

名物おばあちゃんの出迎えがお客さんからも愛されているお店です。

 

鮎の塩焼き、瀧見こんにゃくなどが人気です。

袋田の滝を眺めながらけんちんざる蕎麦を食べるのもおすすめです。

店舗情報

四度の茶屋 三六亭(みろくてい)
営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜日
住所 茨城県久慈郡大子町袋田195
TEL 0295-72-3038

周辺にも美味しいお店がたくさん

奥久慈 大子町 しゃもげたん

奥久慈っていろいろ名物があり、奥久慈しゃも、りんご、こんにゃく、けんちん蕎麦、常陸秋そばといった大子町ならではのグルメを楽しむことができます。

 

  • 常陸大子駅からも近く、茨城名物の奥久慈しゃもなら「森の荘」
  • 月待の滝とお蕎麦で有名な「もみじ苑」
  • しゃも鍋、親子丼が評判「玉屋旅館」
  • アップルパイも人気の旅館「豊年万作」
  • レトロなお店で食べるお蕎麦「昔屋」
  • お豆腐とこんにゃく専門店「こんにゃく関所」
  • 郷土料理と温泉が楽しめる「関所の湯」

いろんなお店や旅館があるので、大子町グルメも楽しんでみてください!

 

こちらではお食事処や大子町のカフェなどを紹介しています。

大子町 袋田の滝 ランチ カフェ
袋田の滝を見た後にはランチを!地元グルメが味わえるお食事処&カフェ17選茨城県奥久慈大子町の「袋田の滝」へ訪れ、絶景や自然の空気を楽しんでいると、ほどよく歩いてお腹も空いてくるんですよね!奥久慈しゃも、こんにゃく、鮎の塩焼き、アップルパイ・・・などランチにもおすすめのグルメがあるので、袋田の滝周辺、大子町でおすすめのお店を紹介します。大子町おすすめのカフェ・お土産も併せてチェックしてみて下さい!...

 

袋田の滝の入場料・クーポンはある?

 

袋田の滝の観瀑施設は有料となっています。

袋田の滝の入場券

大人 300円
子ども 150円

 

袋田の滝トンネルの入り口で入場券を購入することができます。

茨城県民の日は無料

 

11月13日の「茨城県民の日」は、無料で入場することができます。

 

ただし!

紅葉時期とかぶるので混雑します!

JAF会員証を提示する

 

JAF会員の方に限りますが、チケット窓口にてJAF会員証を提示すると、会員を含む5人まで割引料金で利用することができます。

 

JAF会員の割引料金
大人 300円→250円
子ども 150円→100円

 

営業時間

5月~10月 8:00~18:00
11月~4月 9:00~17:00
定休日 年中無休

時期やイベントなどによっては時間が変更になることがあります。

袋田の滝へのアクセス

袋田の滝 アクセス 袋田駅

こちらがJR水郡線の「袋田駅」です!

ローカル列車がとまるログハウス調でかわいい駅。

 

JR東日本水戸支社は13日、茨城県大子町(だいごまち)から福島県浅川町にかけてのJR水郡線で、久慈川などに架かる三つの橋が流されたり、傾斜したりする被害が確認されたと発表した。復旧には大幅な期間を要する見込みで、運転再開のめどは立っていない。

同支社によると、大子町の袋田―常陸大子間の第6久慈川橋が流され、西金(さいがね)―上小川間の第2久慈川橋は傾いているという。また、浅川町の磐城浅川―里白石(さとしらいし)間の第2社川(やしろがわ)橋も流出した。
引用:朝日新聞デジタル

 

台風19号による被害により、袋田-常陸大子間の久慈川橋が流されてしまいました。

 

そのため、袋田の滝へのアクセスで、現在は水郡線を利用することができなくなっております。

 

自家用車、またはレンタカーなどでのアクセスをおすすめいたします。

電車・バス

JR水郡線袋田駅から茨城交通バス「滝本(袋田の滝)」行き乗車・終点下車で徒歩10分ほど。

電車で来られる場合は、水戸駅からJR水郡線(すいぐんせん)で袋田の滝まで約1時間10分です。

車でアクセス

常磐自動車道「那珂IC」から約50分

袋田駅から徒歩

 

袋田駅から徒歩で行かれる方もいらっしゃいます。

袋田の滝の入り口までは駅から約3kmで約40分くらいの道のり。

滝川に沿って進んでいきます。

 

ハイキングのように楽しんで、途中には大子町のお茶畑も見ることができます。

ゴールデンウィークも混雑しやすい時期になります。

 

混雑する日は第2展望台へのエレベーターに乗るのに1時間待ちなどの行列ができるほどになります。

紅葉の時期はもっとですね。

基本情報

袋田の滝観瀑施設
所在地 茨城県久慈郡大子町袋田3-19
問合せ 0295-72-0285(大子町観光協会)
ホームページ 茨城県北ジオパーク構想
大子町公式ホームページ








袋田の滝の駐車場

 

袋田の滝のトンネルには専用駐車場はありません。

 

近い場所は民間のお店が提供している駐車場になります。

あとは町営の無料駐車場もあります。

無料駐車場

袋田の滝第一駐車場 無料
50台
入り口まで1000m
徒歩13分
トイレ有
袋田の滝第二駐車場 無料
220台
入り口まで1500m
徒歩15分

 

有料の駐車場は、主にお土産物店が提供している駐車場になります。

 

お買い物をすると無料になるという情報もありますが、現在はほとんどが有料になります。

有料駐車場

滝の駐車場根本 40台
徒歩7分
新滝 25台
徒歩5分
滝本屋本店 徒歩5分

 

アクセス方法や駐車場の詳しい情報についてはこちらをご覧ください。

袋田の滝 駐車場 アクセス 万年豊作
【袋田の滝】駐車場の混雑を回避するには?アクセスは電車よりも高速バスが便利日本の滝百選にも選ばれる日本三大名瀑の1つ茨城県大子町の「袋田の滝」は、茨城県を代表する観光スポットです。人気スポットの悩みと言えば、駐車場や周辺道路などの混雑事情です。大自然の中にあるのでやはりアクセス方法によっては時間とお金もかかってしまいます。今回は袋田の滝へ来られる際に役立つ、駐車場&アクセス、混雑回避する方法などをご紹介していきますよ!...

普段は駐車場が満車で停められず何時間も待つようなことはありませんが、GW・お盆・紅葉・ライトアップ・冬季などのシーズンは空いている駐車場を見つけたら手前でも入ってしまった方が早かったりします。

 

有料駐車場まで行くと歩く距離も半分以下になるんですけどね。

袋田の滝は犬OK?

 

ワンちゃんを連れてお出かけされる方も多いですよね。

基本的にトンネル内、第1観瀑台へは犬を連れていくことができます。

 

しかし、その奥のエレベーター、第2観瀑台へ連れていくことはできません。

 

入場券を購入するときにも案内はあると思います。

袋田の滝の周辺観光スポット

奥久慈渓谷 袋田の滝

袋田の滝周辺、大子町には他にも観光スポットがあります。

  • 月待の滝(裏見の滝)
  • 道の駅 奥久慈だいご
  • 袋田温泉
  • 関所の湯
  • 永源寺
  • りんご狩り
  • 奥久慈温泉郷
  • 八溝山展望台
  • 日輪寺
  • 旧上岡小学校
  • 奥久慈渓谷
  • 奥久慈茶の里公園

袋田の滝に次いで人気が高いのが「月待の滝」です。

永源寺(もみじ寺)も紅葉が素晴らしい名所ですよ!

月待の滝(裏見の滝)

袋田の滝 周辺 月待の滝 裏見の滝

月待の滝は、ちょっと珍しいスポットで滝の裏側に回ることができることで有名です。

 

そのため、「裏見の滝」とも呼ばれています。

隣にある「もみじ苑」というお食事処もお蕎麦が美味しく、滝行ができる場所としても知られています。

月待の滝 もみじ苑
月待の滝「もみじ苑」のお蕎麦が絶品!パワースポットで楽しめる四季の景色袋田の滝で有名な大子町には「月待の滝」という裏側から見ることができる珍しい滝があります。その隣に立つもみじ苑も美味しい茨城のお蕎麦が食べられるとテレビでも注目され、大変人気のあるスポットです。新緑や紅葉など四季折々な景色を楽しみながら茨城の自然と食べ物で癒されてみませんか?...

永源寺(もみじ寺)

袋田の滝 周辺 観光 永源寺 もみじ寺

永源寺は「もみじ寺」と呼ばれており、その通称とおり京都の社寺を彷彿とさせる紅葉が美しい場所です。

 

秋には、袋田の滝の紅葉とセットで永源寺の紅葉を楽しまれる方が多いですよ!

永源寺 もみじ寺 紅葉
永源寺(もみじ寺)は茨城屈指の紅葉の名所!2019年の見頃や見所をまとめて紹介京都も好きな私は茨城県でまさか「京都みたい」と思う紅葉に出会えると思っていませんでした!大子町にある永源寺(通称もみじ寺)は、景色が素晴らしく茨城屈指の紅葉の名所です。2019年の見どころや見頃、駐車場情報など詳しく解説していきます!永源寺の紅葉はぜひ訪れていただきたい一押しな場所ですよ!...

袋田の滝に来たら温泉も楽しめる

 

大子町には袋田温泉、大子温泉、湯沢温泉などがあるため、入浴施設もたくさんあります。

 

日帰りで温泉を楽しむこともできますし、宿泊してのんびり温泉や旅館で過ごすのもおすすめです。

 

大子温泉は「美人の湯」と称され女性から支持されていますよ!

 

秋から冬にかけては「奥久慈名産のりんご」を温泉に入れちゃうりんご風呂は甘いりんごの香りが評判です。

袋田の滝 温泉 おすすめ 
【袋田の滝】温泉もおすすめ?!日帰りもOKな袋田温泉ベスト5日帰りでも宿泊でも、日本三名瀑の袋田の滝へ訪れたら「袋田温泉」で一息つくのもおすすめ!袋田温泉の湯は、茨城で1番人気がある温泉郷です。温泉郷の周辺はとっても静かで落ち着いた場所なので、たまにはゆっくりとくつろげる田舎で過ごしてみてはいかがでしょうか。今回は、袋田の滝からもアクセスしやすい、日帰りもOKな袋田温泉を茨城県民の私が勝手にベスト5を紹介します!ランチではおすすめのカフェもあるので一緒に紹介しますね!...

 

まとめ

 

茨城県を代表するスポット「袋田の滝」は、古くからその自然が織り成す景色が褒め称えられてきました。

 

その景色の素晴らしさ、ぜひ目で確かめてみてください。

 

また、風や空気、水の流れる音、美味しい食べ物と五感をフルに使って、日頃の疲れをリフレッシュさせてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県は海、山、川と自然が豊かで美味しい食べ物とか素敵な場所がある恵まれた土地。だけど魅力度最下位。当たり前のようにここで育ってきた私もイマイチ茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、改めて茨城県の色んな場所に出かけて魅力を発掘し情報を発信していこうとブログを立ち上げました! 問い合わせもいただくようになってきました。 InstagramなどSNSのDMでも受付してます♪