アウトドア

【大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ】女性ウケも良いその人気の秘密(大子町)

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

 

アウトドア情報誌の人気キャンプ場ランキングで東日本1位常連の「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」を紹介します。

細部まで行き届いたサービスと充実した設備で、快適さと安定さが群を抜いていると評判のキャンプ場です。

キャンプへ行く場合、ロケーションも重要ですが、私はトイレや水回りの清潔感が1番気になってしまうタイプ。

 

水回りの評判がめちゃくちゃ高いので、この大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラを選んでキャンプに行ったことがあります。

評判通りというか予想以上の清潔感と施設の充実ぶりだったので、女性やキャンプ初心者の方におすすめです!

 

【大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ】女性ウケも良いその人気の秘密








↑ドローンで撮影した大子広域公園オートキャンプ場と公園内に何があるのかがよくわかる動画です。

緑いっぱいに囲まれた標高180mに位置する茨城県大子町の大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

このアウトドア情報誌「ガルヴィ」の人気キャンプ場ランキングで何度も東日本NO.1に輝いている人気スポットです。


大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは、過去12回のランキングの中で1位を6回獲得し、2位が5回、5位が1回と長年にわたり支持を得ています。

 

キャンプ上級者からも評判。

2006年には、日本オートキャンプ協会(JAC)が行う格付けで5つ星キャンプ場に認定されています。

関東のキャンプ場で5つ星なのはここだけ!(記事作成時)

「超高規格キャンプ」と呼ばれるオートリゾート苫小牧アルテンと同じ評価を得ているんですよ。

 

日本一のキャンプ場という呼び声も高く、年間約35,000人が訪れています。

キャンプ初心者・女性に超おすすめ!

キャンプ場選びでは、設備の充実はとても大事ですが、清掃や整備が行き届いていないと劣化したり、ふと目に入った細かいところにガッカリしてしまうことってありますよね。

「大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ」は、高規格な施設ということでも評価されていますが、質の高いホスピタリティも大きな魅力となっています。

 

清掃や芝刈りをするスタッフの方。何度もシンクのお掃除をしている姿を見かけます。

場内の見回り、夜間の警備などもしっかりされ、セキュリティでの不安も少ないです。家族でも安心して利用できるポイントになっています。

ロケーション重視の方には若干物足りないかもしれませんが、道具のレンタルや販売、温泉や綺麗な水回りなどの設備は、気に入る女性も多いと思います。

キャンプ初心者の方には断トツでおすすめ!

 

大子グリンビラの基本情報とアクセス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kimihide Ishiwata(@kimihideishiwata)がシェアした投稿

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ
住所 茨城県久慈郡大子町矢田15-1
電話 0295-79-0031
営業期間 通年
アクセス 常磐高速自動車道 那珂ICから国道118号で約1時間
ホームページ http://www.greenvila.jp/

地図

 

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの豊富なサイトはどこも快適!

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの場内には、豊富なキャンプサイトが用意されています。

 

サイトの種類
  • 個別サイト
  • フリーサイト
  • ファミリーキャビン
  • トラベルトレーラー
  • バーベキューサイト

それぞれの特徴などを紹介していきます。

個別サイト

 

この投稿をInstagramで見る

 

*(@pecostyle_otechi)がシェアした投稿

個別サイトの広さは10m×10mの電源付き。車をすぐ隣に停めることができるオートキャンプサイトです。

個別サイトはとにかく広々としていて自由に使えるのが魅力。

 

実際に滞在してみると、10m×10mよりも広く感じます。「12m×15mくらいありそう。」という声も。

1区画の面積に駐車スペースが含まれていないからなのかもしれませんが、狭いとは感じない空間です。

ドーム型テントと大型ヘキサタープを同時に設営できるスペースがあるキャンプ場はなかなか希少。(関東では)

 

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ 個別サイト出展:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

2家族などで個別サイトを2区画利用する場合だったら、テントとリビングにキッチンなど好きなように配置することもできます。

電源付きなので、寒い冬のシーズンでも電気カーペットなどを使用して快適にキャンプを楽しむことができます。

 

隣のサイトとも適度な距離感で木々などで区切られていないので開放感もあります。逆にプライベート感が無いと感じる方もいるかも。

フリーサイト

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ フリーサイト 全体の様子出展:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

区画の制限が無い「フリーサイト」は、キャンプ場入口のゲートを通り目の前に見える場所です。

平坦な一面芝生の広場です。

大規模なグループキャンプにも適しています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

YUKIHIRO(@5gp07)がシェアした投稿

空も広く眺められるので、解放感抜群ですし夜空も満喫できます。こんな綺麗な星空は感動しちゃいますね。

混雑時には8m×8mを目安に、他の方と協力してキャンプを楽しみましょう。

 

周囲に駐車場があり、チェックイン後に荷物を運んで設営します。(車の乗り入れは不可となっています。)

 

フリーサイトは個別サイトよりも予約が取りやすく、広々としていて自由なレイアウトで設営することができます。

設営場所は先着順です。

荷物の持ち運びを考えると、やっぱり駐車場から近いところから順番に埋まって行く傾向がありますね。

キャビン

「ファミリーキャビン」は、2階建てで木の温もりを感じることができる建物の宿泊施設です。

キッチン、ダイニング、洗面台、お風呂、調理器具や寝具が一通り備え付けられています。

冷暖房も完備されているので、自宅のように過ごすことができます。

 

バリアフリー設計なので車いすの方でも快適ですし、各キャビンの隣にテーブルと野外炉が設置されているので庭に出る感覚でバーベキューも楽しめます。

キャンプ用具などの準備も必要ないので、2家族とかでも気軽に宿泊とバーベキューを楽しんだりすることができます。

 

トラベルトレーラー

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ トラベルトレーラーサイト 看板出典:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

「トラベルトレーラー」サイトでは、アメリカントラベルトレーラー「エアストリーム」に宿泊することができます。

トレーラーでキャンプをして過ごすって憧れますよね!

室内にはキッチン、シンクなどが生活に必要なものが完備。

子どもを連れた家族4人とかでも、秘密基地ができたような気分になるので、子どもを絶対楽しませることができますよね。

屋外には屋根付きのバーベキュー炉も完備されています。

 

キャビンとトレーラーサイトは、キャンプ場の外周道路に沿って立ち並んでいます。

 

大子グリンヴィラの宿泊施設も快適です!とても綺麗に整っているので、特にキャビンは個別サイトと同じくらい人気が高いサイトです。

早期に週末の予約が埋まっていくので要チェックです!

 

全サイトAC電源付き

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは、全サイトAC電源付きです。

自宅で普段使用している電化製品を持ち込むこともできます。

調理や寒い時期にはセラミックヒーターや電気毛布などで温かく過ごすことも。

AC電源は20Aと十分な容量です。

 

豊富で魅力的なサイトが人気なだけでなく、施設や設備の充実ぶりが東日本NO.1の評価につながっています。

[スポンサーリンク]








充実した設備と施設内の清潔感が女性ウケ◎

 

この投稿をInstagramで見る

 

あーたん(@hakuhano)がシェアした投稿

自然の高台に平地を整備して作られたキャンプ場なので、平坦で傾斜が少なく水捌けも悪くありません。

芝生の広場は、いつ行ってもゴミが見当たらないくらいだし、お手入れが行き届いています。

家族5人で6,000円弱でキャンプが楽しめるってリーズナブルですよね!

 

安全!地面に凸凹がない!

 

この投稿をInstagramで見る

 

あっくん(@pakupakuakihiron)がシェアした投稿

場内の道路も平坦で舗装されています。地面に凹凸が少なく安全です。

子どもが自転車の練習やストライダーに乗ったりするのにもぴったりです。

自転車の練習をする親子もいるとか。

 

トイレ・炊事場・シャワーが綺麗!

アウトドア施設の水まわりって重要!

特に女性は清潔感を重視する方も多いのでは?私自身もロケーションとか気になるけど、清潔感が1番気になります。

 

大子グリンヴィラは清潔感に置いて心配無用です!

トイレや炊事場にシャワーの清潔感と施設の充実ぶりには大満足。

 

キャンプ場内にある3か所のサテライトハウスのテーブルやシンクは常に清潔です。しっかりと清掃されているのが分かります。

お湯が出る蛇口もあるので、寒い時期にはありがたいし、洗い物もしやすくて助かります。

 

大子グリンヴィラがオープンして10年以上経ちますが、水回りの快適さはさすがランキングで上位を維持しているだけある高規格なキャンプ場です。

2017年に大規模なリニューアルが行われ、すべてのトイレにウォシュレットも完備。

また利用者の口コミでも「清潔」という評価も目立っていました。

 

サービス満点

キャンプ初心者の場合、キャンプ道具を一から揃えるのも大変ですよね。

バーベキュー場では「手ぶらOK」なところも多いですが、キャンプでも手ぶらで行けちゃうんですよ!

 

グリンヴィラでは「手ぶらでキャンプセット」というプランが用意されています。

キャンプ道具一式セットでレンタルすることができるから、キャンプ初心者でも気軽に楽しめる!

 

場内はペットや花火は全面禁止。

焚き火台は鍋敷きみたいな板を敷いて芝生を保護します。キャンプ場の決まりです。

 

こうした充実した施設の設備から、スタッフの方が日頃から手入れをしてくれているのが分かる園内です。

対応も良く、笑顔が素敵。

豊富なイベントもキャンパーや子どもたちを喜ばせようという。

おもてなしのココロが施設にも表れていて、多くのキャンパーたちから高評価を得ているのでしょうね。

 

だから東日本NO.1と言われたり、リピーターが多い理由も納得です。ホスピタリティがあふれています。

キャンプ場の一番奥にあるシャワー棟も文句無し。大子グリンヴィラはシャワーも綺麗だ!

5分100円のコインシャワーは良心的な価格設定で、もちろん掃除も行き届いています。

脱衣スペースも申し分ない広さ。24時間いつでも利用可能です。

 

フリーサイトからは少し離れていますが、それもそこまで気になりません。

 

お風呂替わりに利用しても不満はないでしょう。(私は温泉派だったので利用しなかったんですが)

温泉はというと。

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの温泉「ふれあいの湯」

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ 温泉 ふれあいの湯 露天風呂

夏は汗を流したいし、寒い冬には体を温めたい。お風呂にも入ってサッパリしたい方も多いですよね。

充実した設備の中でうれしいのが温泉です!

グリンヴィラのセンターハウスには「ふれあいの湯」という温泉も併設されています。

 

営業時間 16時~21時
料金 大人500円 
子ども300円

 

四季折々の木々だけでなく、露天風呂で星空を眺めながらゆっくりできるなんて贅沢な時間ですね。

露天風呂は最大10名前後入れる大きさ。

ちょっと小さな日本庭園のような雰囲気のお風呂で素敵な場所です。

 

ボディソープ、シャンプー、ドライヤーなどは一通りそろっていて、洗濯機と乾燥機も設置されています。

大子広域公園のすぐ近くに「大子保養センター森林の温泉」もあり、温泉と森林浴を同時に楽しむことができます。

>>【袋田の滝】温泉もおすすめ!日帰りもOKな大子町の温泉施設とホテル・宿

袋田の滝の周辺の温泉はこちらで紹介しています。他のスポットもチェックしてみてください。

【スポンサーリンク】








フリーサイトの場所取りはどこがいい?子ども連れなら?

 

この投稿をInstagramで見る

 

zero21kei(@zero21kei)がシェアした投稿

場内には、キャンプ場入口の近くに「センターハウス」があります。

個別サイトの一番奥(シャワー棟の近く)に割り当てられると、センターハウスまで歩いて数分かかります。

大子グリンヴィラのアーリー・レイト料金

車や炊事棟に近い便利な場所を取りたい方も多いはず。そんな場合はアーリーチェックインがおすすめです。

大子グリンヴィラのチェックインは通常13時からですが、有料のアーリーチェックインを利用すると朝9時から入場が可能になります。

 

連休の中日や遅めのチェックインだと、便利な場所は埋まってしまうので、車から50mくらい離れてしまうことがあります。

フリーサイトは、センターハウスに近い側、サテライトハウスの炊事棟に近い側で環境が異なります。

 

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ テント 場所 おすすめ

小さいお子さまを連れていく場合は、サテライト側がおすすめです。(トラベルトレーラーの目の前とかがベスト)

センターハウスが21時に閉館するとトイレも使えなくなってしまうので、21時以降はサテライトハウスまで歩く必要があります。

暗い中でフリーサイト内を歩いていると、ロープやペグに足を引っかけやすいので危険なのでサテライト側に場所を取った方が夜間のトイレも安心です。

センターハウス近くはシャワー等と対角線にあります。シャワー、ランドリーを利用する場合は、サテライトハウス側が便利でしょう。

 

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラのイベント

 

この投稿をInstagramで見る

 

グリンヴィラ(@greenvila_official)がシェアした投稿

グリンヴィラでは、年間通してさまざまなイベントが開催されています。キャンプと一緒にイベントを楽しめるのも魅力です。

子どもたちが喜ぶイベントや体験プログラムなども多いので、ファミリーキャンプにもおすすめ!

春のキャンプ大会

通称「春キャン」は、アウトドアメーカーの展示や出店が行われます。他に親子で参加する競技種目などがあり、運動会みたいです。

夏季限定の屋外プール

夏季限定で屋外プールが開放されます。スライダー、波の出るプールなど夏を満喫することができますよ!

キャンプで汗をかいたら、温泉に入ってすっきりとさせて気持ちよく帰るのもおすすめです。

ハロウィンキャンプ

日本でも定番となりましたね!秋のハロウィンでもイベントが開催されます。

子どもが楽しめるクラフト作りやクイズラリーなどの体験をしたり、キャンプ場ならではの「テントサイトのレイアウトコンテスト」もなかなか面白い!

年越しキャンプ

グリンヴィラでは年越しキャンプをすることもできます。

  • 除夜の鐘つき
  • お餅つき
  • そば打ち

といった体験までできるので、年末年始をキャンプをして過ごすのも良いかもしれませんね。

 

天気が良いと、普段は見ることができない満点の星空が見えますよ!

天の川も見えるくらいです!

[スポンサーリンク]








大子広域公園「フォレスパ大子」温水プールに温泉も!

 

この投稿をInstagramで見る

 

グリンヴィラ(@greenvila_official)がシェアした投稿

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラに隣接しているのが「フォレスパ大子」です。

水辺のあるキャンプ場は普通に全国各地にありますが、大子グリンヴィラは山の中だけど温水プール、野外プール、温泉が楽しめる「フォレスパ大子」もこのキャンプ場の魅力になっていると思います。

このクオリティはなかなか無いかと。

 

グリンヴィラを使うならフォレスパ大子もぜひセットで!

大きなプールではありませんが、キャンプと合わせてフォレスパ大子で思い切り遊ぶこともできちゃいます。

多目的温水プールに日帰り温泉

 

この投稿をInstagramで見る

 

グリンヴィラ(@greenvila_official)がシェアした投稿

フォレスパ大子は日帰り温泉施設でもあり、屋内プールやウォータースライダー、波のプールなどアミューズメントプールでもあります。

雨など天候が悪くても、大人も子供も通年楽しめる多目的温水プールです。

 

大子グリンヴィラ宿泊者の特典で、フォレスパ大子の入場料が安くなる特別割引券をもらうことができます。

センターハウスから徒歩5分でアクセスできます。

 

屋内施設も充実していますが、7~8月のみ屋外施設も開設するので夏休みのキャンプにもぴったり!

通年楽しめる屋外施設は、円形のジャグジー(温水)があります。

大人も満足な施設のポイントは、水着で入れる温浴施設もあるというところ。

 

屋内の施設は大子温泉を引いていて、水着でのんびりと過ごすことができるので、スーパー銭湯のような感じで使えます。ハーブ湯や寝湯などもあり!

子どもたちと一緒に行っても、目の届くところに設備があるので安心です。

 

ということで、大子グリンヴィラへキャンプに行くなら水着も持って行くのがおすすめです。

水着が無くても入れるお風呂も併設されていますが、大きくもないですし、露天風呂もありません。

基本情報

フォレスパ大子
営業時間 午前10時~午後8時
夏期 午前9時~午後8時(7月1日~8月31日)
午前9時~午後5時(野外プール・要問合せ)
休館日 毎週水曜日(7月・8月は無休)
12月31日、1月1日
TEL 0295-72-6100

地図

 

大子広域公園キャンプ場グリンヴィラのアスレチック&滑り台

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toshiaki Oogane(@104_bow)がシェアした投稿

大子広域公園は大きな敷地内にオートキャンプ場、多目的温泉プール、公園、野球場やテニスコートなどが併設されています。

家族連れなら、大型遊具やアスレチック、滑り台があると子供たちを思い切り遊ばせることができますよね。

無料で遊べるアスレチック、大型遊具が点在しているのでおすすめです!

人気のローラー滑り台

急斜面を活かした長くて早いローラー滑り台は、ちょっとしたジェットコースター感覚で楽しめるでしょう。

一度滑るとまた上ってくるのが大変なんですけどね(笑)遊具の中でも目玉なので、一度は滑ってみるのも良いかも。

 

フォレスパ大子のすぐ隣に多目的広場があります。とても広いので、週末にはサッカー、野球などをする方で賑わっています。

他にもテニスコート、グランドゴルフ場、幼児用の小型遊具も。

小さい子どもから大人までアクティブに楽しめます。

[スポンサーリンク]








大子広域公園キャンプ場グリンヴィラは予約が取れない?コツはある?

大子広域公園キャンプ場グリンヴィラ 予約

口コミでも多い「予約の取りにくさ」は、大子グリンヴィラの数少ないデメリットと言えるかもしれません。

 

基本的に大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは、3ヶ月前の月初(1日)10時から電話予約が開始されます。

ネット予約よりも電話予約の開始日が先になります。(ネット予約は2ヵ月前から)

この月初めの電話受付が人気過ぎるキャンプ場なので、なかなか電話がつながりません。

 

回線が混雑するので、NTTの回線混雑のアナウンスが流れることも。

10時台につながればラッキーです!

大型連休の予約はかなり厳しいですし、みなさん何度も電話をかけてがんばっています!

 

どうしても行きたい日や日程が決まっている場合は、3ヶ月前の1日10時から根気強く電話をしましょう!(特に夏休みなどの繁忙期の予約は)

予約空き状況をチェックする!

割と予定が柔軟に変えられる場合であれば、予約空き状況をチェックして予約をするのもおすすめ!

 

ネットで予約状況を確認することができます。

キャビンやトレーラーサイトは1週間前、テントサイトは3日前からキャンセル料が発生します。

 

その直前のタイミングで、こまめにネットの予約情報を確認してみましょう。

 

 

意外と空き状況をチェックするキャンセル狙いの方が、行ける確率が高いと言う方もいらっしゃいます。

 

キャンセル狙いの方法なら、もしも予約が取れなかった時のことも考えてセカンドプランも考えておきましょう。

個別サイトの方がキャパが大きいので、先に個別サイトの方から予約が埋まっていくようです。

大子グリンヴィラはキャンプ初心者にも適した環境で、個別サイトが週末空いていたとしたら、先約をキャンセルしてでも行きたいくらいだという声も。

料金はチェックイン時に精算です。(現金のみ)

大子グリンヴィラの料金

テントサイト
個別サイト 6,700円(冬季:5,700円)
フリーサイト 4,200円(冬季:3,200円)
キャンピングカーサイト 7,700円(冬季:6,700円)
早期入場(9時~)
延長退場(~16時)
2,100円(冬季:1,600円)

※冬期とは12/1~3/31(12/29~1/3を除く)
※繁忙期などは早期入場・延長退場の利用不可

キャビンサイト
ファミリーキャビン 20,000円 標準 4名/最大5名
グループーキャビン 30,000円 標準 8名/最大12名
トラベルトレーラー 21,000円 定員4名
超過料金 2,500円/1名につき
早期入場(9時~)
延長退場(~16時)
1時間毎2,100円(冬季:1,600円)

※冬期とは12/1~3/31(12/29~1/3を除く)
※繁忙期などは早期入場・延長退場の利用不可

その他
バーベキューサイト 宿泊利用:2,500円 
日帰利用:3,500円
多目的ルーム 1,300円/時間 40名程度
ふれあいの湯  大人:500円
小人:300円
幼児:無料

 

キャンセル料金

テントサイト
3日前~前日 利用料金の50%
当日 利用料金の100%

 

キャビンサイト
7日前~前日 利用料金の50%
当日 利用料金の100%

 

大子町の気温・天気をチェック

予約して日程が決まったら、事前にグリンヴィラのある大子町の気温や天気をチェックして、キャンプやバーベキューの準備を万全に整えておきましょう。

 

大子町にはグリンヴィラ以外にも趣の違ったキャンプ場が!

「上小川キャンプ場」は、久慈川沿いで川遊びをしながらバーベキューやキャンプを楽しむことができます!けっこう穴場!

>>【上小川キャンプ場】混雑シーズンの超穴場スポット!大子町

 

大子グリンヴィラの周辺のスーパー・ホームセンター情報

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ 周辺 買い物

キャンプ場へ来る前に、大子町の「道の駅奥久慈だいご」で食材などを購入してくるのもおすすめです!日帰り温泉も併設された道の駅ですよ。

>>【大子町の道の駅奥久慈だいご】アップルパイと日帰り温泉で癒される旅を

カインズホーム大子店

カインズホーム大子店はホームセンターですね。炭、ランタン、細かいBBQ用品などを揃えることができます。

カインズホーム大子店
住所 茨城県久慈郡大子町池田字下小沢1233
電話番号 0295-72-3300
営業時間 9:00~19:00

 

エコス TAIRAYA大子店

エコスはスーパーマーケットです。

お肉、野菜などの生鮮食品はもちろん、飲み物や紙皿などのバーベキュー用品も購入することができます。

エコス TAIRAYA大子店
住所 茨城県久慈郡大子町大字池田1293-2
電話番号 0295-72-5333
営業時間 9:00~21:00

 

大子広域公園オートキャンプ場の周辺観光

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ 周辺 観光 袋田の滝 

キャンプと併せて、奥久慈大子町の魅力も存分に味わうこともできます。観光スポットにも注目してみてください。

全国にりんごの有名な産地がありますが、実は大子町もリンゴの産地なんです。

大子町で作られる「奥久慈りんご」は、樹上完熟されるので、なかなか市場に出回らないため広く知られていません。

 

りんご狩りもできる農園が大子町内にたくさんあるので、収穫体験をしてみるのもおすすめです。

>>【奥久慈りんご】大子町でりんご狩り!希少品種の「こうとく」が食べられる?

 

地元で採れたりんごを使ったアップルパイはお土産にも人気の名産品です。町内では10ヶ所以上のお店で手作りアップルパイが販売されています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mochi(@cooking_recipe_by_mochi)がシェアした投稿

特に有名なのは「豊年万作」のアップルパイです。(奥久慈りんごのアップルパイ発祥の地なんだとか)

 

個人的なおすすめは、ザクザクしたりんごとシナモンが利いている「こんにゃく関所」のアップルパイかな!

作られるお店によっても違いがあるので、食べ比べしてみても良いかも。

 

茨城県を代表する観光スポット「袋田の滝」の近くにあるので、観瀑と合わせてアップルパイも買いに行ってみてはいかがでしょうか。

大子町の観光スポットはこちらのページも参考にしてみてください。

まとめ

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラは、サイトや水回りの施設をはじめ、公園内の施設も充実しています。

初心者でも安心して利用できる高規格なキャンプ場として、高い評価と長年愛されている魅力がお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

関東屈指の大人気キャンプ場。

いつ行ってもキレイに清掃や整備がされていて、何か困ったときには相談に乗ってくれたりと、笑顔で新設に対応してくれるキャンプ場のスタッフさんたちがいることも人気の大きな理由となっています。

予約が取りにくいことや高速道路のICから遠いというちょっと欠点もあるけど、リピートしたくなるキャンプ場です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。