観光スポット

袋田の滝のライトアップ2019~2020年の営業時間!秋・冬開催の「ダイゴライト」

袋田の滝 ライトアップ ダイゴライト

 

茨城県民の@KYOKOが今回紹介するのは、袋田の滝のライトアップについてです!

 

久慈郡大子町にある茨城県を代表する観光スポットの『袋田の滝』

 

秋・冬シーズンに行なわれている人気イベントが「大子来人-ダイゴライト-」というライトアップです。

 

特に秋には紅葉の名所、冬には滝が凍結して氷瀑が見られることでもたくさんの方が訪れますが、夜のライトアップを楽しみにされている方も多いんです!

 

  • 滝×紅葉×ライトアップ
  • 氷瀑×ライトアップ

このコラボもなかなかの絶景です!

 

滝へのアクセスに使われるトンネル内にも毎年ライトアップがされていて、SNSに載せたくなる素敵な装飾が見れるし、写真が撮れるんです!

 

ということで、袋田の滝のライトアップ「大子来人」の2019年~2020年にかけて行なわれる日程、営業時間や混雑時間帯などについてまとめて紹介します。

【袋田の滝のライトアップ】2019年の大子来人-ダイゴライト-の見どころ








茨城県の大子町にある袋田の滝。

 

新緑や紅葉の時期には観光客が殺到する茨城の観光スポットの1つで、

 

茨城県のどの辺りかというと、大子町は北部に位置します。

袋田の滝 ライトアップ 位置

 

「関東屈指の絶景スポット」でもある袋田の滝は、秋から冬にかけてが1年で最も美しく姿を変える時期です。

 

袋田の滝自体が、高さも幅もスケールが大きく迫力がありますが、その滝を囲む自然とのコラボも素晴らしい景色を作り出しています。

 

そして、冬に凍結した滝「氷瀑」を見ることができるのは、関東でもレアなスポットなんです。

 

ライトアップされた滝は、また昼間とはちがった姿を楽しむことができるので、ぜひ滝とライトアップのコラボも楽しんでみてください。

 

『大子来人~ダイゴライト~』の日程・時間

袋田の滝 ライトアップ 時間

秋・冬限定で楽しめる幻想的な世界。

 

割と長い期間に渡ってライトアップが開催されているので、県外の方でも秋・冬どちらも楽しみやすいと思います!

 

袋田の滝ライトアップ『大子来人 ~ダイゴライト~』

開催期間:2018年11月1日(木)〜2019年1月31日(木)

会場:袋田の滝周辺

時間:11月 日没から午後8時
12月〜1月 日没から午後7時

袋田の滝トンネル利用料:大人300円、子供150円

 

秋の紅葉×ライトアップ

袋田の滝 紅葉 第2観瀑台

大子来人のライトアップは、ちょうど紅葉が見頃を迎える11月からスタートします。

 

天候によって紅葉のシーズンは左右されますが、例年11月上旬~中旬です。

 

11月のライトアップの時間帯:日没から午後8時まで

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

雅琉さん(@ma3aru3)がシェアした投稿

滝のライトアップでは、滝を囲むモミジやカエデなど赤や黄色に色付いた木々と滝がライトに照らされ暗闇に浮かぶように見えます!

 

紅葉シーズンは午前中から混雑のピークが続くほど、人気スポットです。

 

なので混雑はしますが、目当てを「ライトアップ」に絞ってくるのもおすすめです!

 

昼と夜の景色は全くちがってこっちも素敵ですよね!

 

袋田の滝の紅葉は昼間の紅葉もおすすめなので、1泊して楽しむのもいいですよ!

 

おすすめプランを参考にしていただけたら光栄です!

>>【袋田の滝×紅葉】見頃はいつ?基本情報や見どころおすすめのプランも紹介

 

しかも、周辺に永源寺(もみじ寺)など紅葉が楽しめるスポットが他にもあるし、秋の味覚もたくさんあって楽しみ方が色々ありますよ!

 

冬の氷瀑×ライトアップ

 

View this post on Instagram

 

佐藤裕一さん(@y.satoh.ych)がシェアした投稿

紅葉が燃えるような景色を作っていましたが、冬の氷瀑は壮大でまたちがった美しい景色に!

 

雄大に落ちる滝が「荘厳な墨絵のように浮かびあがる光景が美しい」と人気です。

 


冬になるとクリスマスシーズンで町の華やかなイルミネーションも楽しいですが、滝のライトアップも一度見たら毎年見たくなる景色です。

 

自然と光が造るその風景はとても神秘的に感じませんか?

 

昼間しか見たことがない方も新たな魅力を感じることができると思います!

 

冬の袋田の滝へ行くときは服装に注意!

袋田の滝 ライトアップ 冬
冬の時期に袋田の滝へ足を運ぶ際には、注意をしておきたいことがあります。

 

普段街中を歩くような服装で訪れる方も多いですが、袋田の滝があるのはけっこう山の中です!

 

滝を見ることができる観瀑台は、第1観瀑台デッキから第3観瀑台デッキまであり、階段を使って行き来します。

 

トンネル入口付近も坂になっていたりするので、ヒールなどの靴では危ないです!

そして、関東だけど山の中で冷え込みます!

 

  • 歩きやすく疲れない靴で来る!
  • 防寒対策をしっかりしてくる!

ぜひ気をつけてくださいね!

トンネル内の「光のトンネルアート」

2018年の「大子来人」のトンネル内!

 

私の好みですが、こちらの動画も素敵ですよー!

 

ライトアップは紅葉や凍結した袋田の滝だけでなく、施設内のトンネルでも行われています。

 

大子来人のライトアップは、SNSを見てると滝よりもトンネルのライトアップを投稿している人が多いんじゃないかな?

 

 

View this post on Instagram

 

下野 大輔さん(@daisukeshimono)がシェアした投稿

滝のライトアップも評判でキレイなのはもちろんですが、トンネル内の投稿が多いのは、それだけ映えるライトアップってこと!

 

2018年のトンネル内のライトアップ、とても繊細なデザインで遠くからでも近くからでも楽しめるものでした。

 

袋田の滝 ライトアップ トンネル
色合いが変わっていって、キレイで可愛いかったです!

 

2017年にはミラーボールの光が広がるトンネルで、昼間の薄暗い感じのトンネルしか知らなかった私はあまりのキレイさに衝撃的でした!笑

「光のトンネルアート」すごくないですか?

 


トンネルの中もとても素敵な空間になっていて、見所満載なライトアップのイベントですよ!

 

秋から冬になるこの時期が、1年で最も美しく表情を変えるときです。

 

期間も長く行なわれているので、秋の紅葉とライトアップを楽しんで、年を越してから冬のライトアップを楽しみに来るというのもアリだと思います♪

 

袋田の滝が「四度の滝」とも呼ばれる由来は1つではありませんが、「四度(春夏秋冬)訪れる価値がある」という意味でもあります。

 

袋田の滝について少し詳しくご紹介します!








茨城県大子町の名瀑「袋田の滝」

 

袋田の滝は、久慈川という大きな川の、支流部分の滝川上流にあり、滝の長さは120m、幅は73mとかなり大きな滝です。

 

華厳滝、那智滝とともに「日本三大名瀑」の1つとしてあげられます。

 

平成2年に「日本の滝100選」で1位を獲得したこともあるんですよ!

 

日本の名勝にも指定され、茨城県北ジオパークのジオサイトの一つでもあります。

 

袋田の多岐 大子 ライトアップ大子・袋田の滝

迫力のある景色、絶景を季節問わず見ることができ、茨城県の中でも人気の高い観光スポットです。

 

自然の多いエリアなので、それぞれの季節で風景も変わり、いろんな景色を楽しむことができますよ。








通称「四度の滝」とも呼ばれる袋田の滝

袋田の多岐 大子 ライトアップ大子・袋田の滝

 

袋田の滝は『四度の滝』とも呼ばれます。

 

その由来には、

  • ”滝川が4段に分かれて岩肌に落ちる滝”であるため
  • その昔、大子の地を訪れた西行が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ、真の風趣は味わえない」と絶賛したことから、「四度の滝」と呼ばれるようになった

という2つの説があるそうです。

袋田の滝は、江戸時代、茨城の水戸藩の領地内でした。

時代劇でもお馴染みの“水戸黄門”で知られる水戸光圀(徳川光圀)が訪れたこともあると言われています。

 

春・夏には新緑と滝でマイナスイオンを感じ、秋には周囲の木々が紅く色付き、滝とのコントラストが美しく絶景が見られる定番の人気紅葉スポット。

 

地元観光客はもちろん、遠方からも多くの観光客が訪れます。

 

関東で凍結した滝が見られるのはレア!

 

冬の間、凍結をすると真っ白な滝に姿を変えます。

 

袋田の多岐 大子 ライトアップ大子・袋田の滝

 

完全凍結することも!!

 

完全凍結したときには、ピッケルを片手に氷壁を登るアイスクライマーの姿が見られたりするんです。

 

 

View this post on Instagram

 

タカさん(@yukitaka270)がシェアした投稿

2019年は、1月10日に袋田の滝の凍結のニュースがありましたので、その凍結具合にも注目したいところですね。

 

袋田の滝が見られる時間帯は、

AM8:00~PM6:00
(イベントや時期によって時間変更あり)

朝一で訪れても、

夕暮れの時間でも

夜に訪れても、

違った風情を楽しむことができます。

 

美しい滝の景色にココロ奪われてみてください!

 








袋田の滝の駐車場・アクセス方法は?

袋田の滝 アクセス 駐車場

電車・バスで:JR水郡線「袋田駅」よりバスで10分

車で:常磐自動車道「那珂IC」より約50分

  • 住所:〒319-3523 茨城県久慈郡大子町袋田3−19
  • TEL:0295-72-4036
  • 営業時間 8時00分~18時00分
  • 定休日:無休
  • 袋田の滝トンネル利用料:大人300円 子供150円

 

袋田の滝は、入口近くには専用駐車場がありません。

 

滝の入口の駐車場は、民間・周辺のお店が提供している有料駐車場です。(料金は1回300円~500円ほど。)

無料駐車場は約1km歩く

 

袋田の滝には、無料の駐車場があるんですが、滝までは1㎞と少し離れてしまいます。

 

袋田滝本町営第一無料駐車場はコチラ。

 

袋田滝本町営第一無料駐車場は、台数が50台と限られているので人気シーズンには満車になることも多いですよ!

町営袋田第二無料駐車場

 

町営袋田第二無料駐車場も、滝までは約1.5kmの距離にある無料でとめられる駐車場。

 

220台止められるスペースになっているのでが、比較的停めやすい駐車場です。

 

詳しいアクセス方法や駐車場情報はコチラ!

>>【袋田の滝】駐車場情報&アクセス方法!電車よりも高速バスが便利で安い?

 

大子の滝とライトアップの口コミ

袋田の滝 ライトアップ トンネル

「凍った滝は格別!凍った隙間から流れる滝との景色も最高なのでおすすめです!」

 

「展望台は1番良かったです。トンネルの光のオブジェも素敵でした。川の対岸から滝の上へ行けるハイキングルートは次回歩いてみたいなと思いました。冬は本当に寒いので防寒対策はしっかりしていくのがおすすめ。」

 

「エレベータで上った先には、ライトアップされた風景が広がり、紅葉の紅と真っ白な滝のコントラストには感動しました!!」

 

「施設内のトンネルを抜けて目の前には見える滝には圧巻。マイナスイオンが感じられる気持ちの良い空間です!入り口目の前のお土産屋さんも良かったですよ。お料理も美味しいので休憩にもピッタリ。恋人達の聖地というのもいいですね♪」

 

1月末までライトアップイベントが行われています。

 

今年は凍結した袋田の滝と光の演出も同時に楽しむことができそうですね!

 








袋田の滝の周辺の宿「温泉」もおすすめ!

 

名瀑である袋田の滝があるエリアには、茨城県の奥久慈温泉峡の1つ「袋田温泉」もあります。

 

袋田温泉は宿泊でも日帰りでも存分に満喫できるので、滝を見て冷えた身体を温めに行ってはいかがでしょうか。

 

日頃忙しくしているアナタのココロも身体も癒してくれますよ~!

 

日帰りでも宿泊でもおすすめな温泉宿を紹介します。

 

思い出浪漫館(茨城県久慈郡)

袋田の滝 ライトアップ おすすめ 宿

出典:楽天トラベル

宿の自慢は、四季の彩を感じる源泉かけ流し渓流露天風呂

 

袋田の滝からは車で5分のところにあって場所も◎

 

 

View this post on Instagram

 

袋田温泉 思い出浪漫館さん(@omoideromankan)がシェアした投稿

個人で行くならお昼を楽しめるプランもあるので、週末日帰り女子旅にもおすすめです!

 

美人の湯で、温泉と景色、グルメも満喫できますよ!

 

楽天トラベルからならお得になる「宿クーポン」が配信されています!

コチラからチェックしてみてください。


袋田温泉 思い出浪漫館

  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田978
  • 受付時間:9:00~21:00
  • お問い合わせ:0120-02-3662

豊年万作(茨城県久慈郡)

袋田の滝 ライトアップ おすすめ 宿
出典:楽天トラベル

奥久慈の大自然の中で温泉をゆったりと満喫

 

袋田の滝のすぐそばにある宿で、温泉が自慢です!

 

日帰りでも利用可能で料金も大人1,000円!

リーズナブルなところも魅力的。

 

袋田の滝 ライトアップ おすすめ 宿

出典:楽天トラベル

アルカリ単純泉に浸かって疲労回復しちゃいましょう!

 

宿泊プランや空部屋状況などもチェックしてみてください。


袋田温泉 滝味の宿 豊年万作 

  • 茨城県久慈郡大子町袋田169-3
  • 日帰り入浴時間:10:00~16:00
  • 料金:大人1000円/小学生~700円/2歳~幼稚園 500円

袋田温泉 関所の湯(茨城県久慈郡)

 

View this post on Instagram

 

DENKO.さん(@denko1103)がシェアした投稿

袋田温泉、日帰り入浴専門の温泉施設。

 

利用料金がリーズナブルで、館内に、レストランやくつろぎスペースが充実しています。

 

観光を楽しみながら温泉でゆっくり過ごすのもおすすめです。

 

袋田温泉 関所の湯

  • 茨城県久慈郡大子町大字袋田字滝ノ上2642-7
  • 営業:9時30分~20時(土日祝・7月20日~8月~21時)
  • 平日:大人700円、子供350円
  • 土日祝日:大人1000円、子供500円

月居温泉滝見の湯(茨城県久慈郡)

 

こちらも立ち寄り温泉施設なんですが、さらにリーズナブルな料金で利用することができます。

 

なんと大人350円。

 

なぜこの価格かというと、袋田温泉で管理、運営を町民が行っているから。

 

露天風呂と内風呂があり、

休憩所では地元の美味しい蕎麦を食べることもできます!

 

口コミでも人気な施設です。日帰り旅で立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

月居温泉滝見の湯

  • 茨城県久慈郡大子町小生瀬2878
  • 02957-6-0373
  • 営業時間8時~19時
  • 休館日 無休
  • 料金 350円/1000円(1日)

秋・冬の景色とライトアップを楽しめる大子町

 

茨城の大子町にある「袋田の滝」は、茨城を代表する観光スポットの1つです。

 

年間通して、季節のさまざまな風景を楽しむことができますが、その中でも秋と冬の時期しか見られないライトアップのコラボはとってもキレイです!

 

紅葉や凍結した滝を楽しんで、温泉に入ったり、グルメを楽しんだり、周辺のスポットへも足を運んでいろいろ楽しむことができます!

 

ぜひ、茨城県ですてきな休日をお過ごしください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
KYOKO
茨城県には美味しい食べ物とか素敵な場所があるけれど、イマイチ私も茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、茨城県の情報を発信して魅力を発掘していきます! 問い合わせは、InstagramなどSNSのDMでも受付してます。