観光スポット

笠間観光のおすすめスポット16選!陶芸アートや地元グルメで大人旅

笠間観光 スポット 周遊バス

 

茨城県笠間市は伝統工芸の笠間焼があり「陶芸の町」として知られていますが、日本三大稲荷の「笠間稲荷神社」や超人気の陶器市などイベントを観光でも楽しめるエリアです。

 

もちろん笠間ならではのグルメもあり、実は県外の方からも笠間観光は人気です。

 

テーマパークのような場所はありませんが、おしゃれなアートやグルメ、自然に触れ合うことができる大人旅にぴったりな所ではないでしょうか。

 

素敵な笠間焼の陶器やガラス作品などに出会える確率も高いので、お土産の予算はちょっと多めでも良いかも!

 

私も好きなおすすめの笠間観光スポットをご紹介していきます!

 

笠間観光のおすすめスポット16選!陶芸アートや地元グルメで大人旅








茨城県笠間市は、伝統工芸「笠間焼」、日本三大稲荷「笠間稲荷神社」が有名ですが、自然に囲まれた静かな場所はそれだけではない魅力も詰まっています。

 

陶芸やガラス工芸、美術などアートや文化に触れられることはもちろん、笠間市ならではのグルメも楽しめるので大人の旅にぴったりな場所です。

(子供が楽しめるスポットもありますよ!)

 

まず、笠間市の場所はこちらです。

茨城県の中央部に位置し、水戸市の隣町になります。(水戸からなら車で30分くらいです。)

 

笠間市は、観光スポットに行くまでの道のりも非常に風情のある景色を楽しめますよ!

いろんな場所を巡りながら笠間観光を満喫してくださいね。

 

では、笠間市でおすすめしたい観光スポットをご紹介していきます!

1.笠間稲荷神社

笠間観光 笠間稲荷神社

笠間市にある日本三大稲荷の1つ「笠間稲荷神社」を目当てに、笠間観光に訪れる人もいるくらいに人気のスポットです。

 

パワースポットとして非常に有名で、街を見守ってくれる堂々とした光景は圧巻だといえます。

笠間稲荷神社 東門 重要文化財

神社仏閣などはご利益などによく注目してしまいますが、笠間稲荷神社の魅力は、歴史的な文化財である建物がたくさん残されていることにもあります。

 

御本殿は江戸時代末期に作られたもので国の文化財に指定されています。

 

歴史ある建造物を見る、というだけでもパワーをもらえそうな気がしてきますが、手作業の美しい細工を見るのも1つの楽しみ方です。

キツネや藤の花、菊祭りと見所も豊富!

笠間観光 笠間稲荷神社 藤 春

春のGW時期には、境内の立派な藤の木が見事に咲き誇ります。甘い香りと景色が素晴らしいので春もおすすめの参拝時期になります。

 

笠間稲荷神社の場合、キツネは神使として神社や街を守ってくれているため、いたるところにキツネがいるんです!

 

一体キツネは何匹いるのでしょうか?

そんな気持ちで広い境内を散策してみても新しい発見があるかもしれません。

 

笠間市全体でキツネに親しんでいるため、2018年から「笠間きつねの祭典」が11月に開催されるようになりました。

 

ライトアップもあるので、笠間稲荷神社を訪れる際は祭典の時期に合わせてみてもよさそうです。

必見のお祭りとしては、毎年行われる「菊まつり」は100年以上続いている祭典です。

これも必見!

笠間稲荷神社についてはこちらで紹介しています。

>>【笠間稲荷神社】御朱印は2種類ある?境内の建物・狐や藤棚を現地レポート

>>笠間稲荷神社のご利益は仕事運や金運も!日本三大稲荷の開運パワースポット

施設情報

笠間稲荷神社
住所 茨城県笠間市笠間1番地
TEL 0296-73-0003
アクセス JR水戸線「笠間駅」から徒歩で20分
ホームページ http://www.kasama.or.jp/index.html








2.笠間工芸の丘

 

「笠間工芸の丘」は、陶芸の町で有名な笠間市ならではの観光スポットです!

 

見るだけではなくて、自分でも体験したいという人におすすめで、陶芸品の展示の他にも自分で笠間焼を作ることもできちゃいます。

体験教室なので、みんなが初心者で楽しみながら制作可能です。

 

雨の日でも楽しめて、お子さん連れやカップルの良い思い出作りになりますよ!

笠間工芸の丘で体験できること

笠間工芸の丘で体験できる教室は、以下です。

  • ロクロ体験
  • 手ひねり体験
  • 絵付け体験
  • 陶芸教室

 

絵付け体験と陶芸教室以外は土日祝日のみ開催していて、陶芸教室は水曜~金曜のどれか曜日を決めて全12回開催されます!

 

また、陶芸以外にフュージング体験をすることも可能です。

有名なベネチアンガラスやミルフィリオなど自分の好きな素材を使用して、ペンダントやブローチを制作できちゃいます。

  • 開催日:毎日受付
  • 時間:10:30~11:30、13:00~14:00、14:30~15:30
  • 料金:2,000円(1回につき2作品まで制作可能)

 

陶芸もフュージングも実際自分で作ってみて始めて、作る大変さや思いを感じることができるので良い経験ができる観光スポットとしておすすめです。

 

笠間芸術の森公園内に建っているため、カフェラウンジではテラス席からキレイな景色を見ながら一息つくこともできます。

 

軽食やドリンクを提供してくれていて、食器は笠間焼を使用しているので、実際に笠間焼に触れ合いながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。

 

カフェで食べられるケーキは、笠間駅前にあり大人気洋菓子店「グリュイエール」から仕入れています。

 

とっても美味しいケーキとコーヒーを頂きながら、笠間工芸の丘でしか体験できない時間が過ごせます!

施設情報

笠間工芸の丘・クラフトヒルズ
住所 茨城県笠間市笠間2388-1
TEL 0296-70-1313
営業時間 10:00~17:00
休館日 月曜
アクセス JR水戸線「笠間駅」から周遊バスで約10分
ホームページ http://www.kasama-crafthills.co.jp/

 

3.笠間日動美術館

 

「笠間日動美術館」は1972年に開館された美術館です。

日本国内にある洋画商として最も歴史のある日動画廊を創立した、長谷川夫妻が開館しました。

この美術館は、企画展示館・フランス館・パレット館の3つ施設と野外彫刻庭園で構成されています。

 

3つの館同士を移動する際には見事な竹林を歩くのですが、この趣は笠間日動美術館ならではの雰囲気ではないでしょうか。

 

企画展示館では、年間を通して多彩な企画展が開催されていて、非常に飽きのこない展示会を見ることができます。

それぞれに違う展示品

フランス館は、企画展示ではなくて常時名品を展示。

歴史ある名品を鑑賞することができるので、せっかくであれば芸術の空気に触れてみたい、感性を磨きたいという人にとってもおすすめです。

 

パレット館では、日動画廊から譲り受けたコレクションを約350点収蔵していて、そのうちの約220点が常時展示されています。

 

なかなか東京の銀座まで足を運ぶことができなかったり、東京の観光は疲れてしまうから笠間市に来たという人でも満足のいく芸術鑑賞が楽しめるんです。

 

観光というのはどこかに遊びに行ったり、イベントに参加することだけが魅力ではありません。

 

たまには静かな館内をじっくりと巡り、歴史的な名品や芸術を目にしてもいいのではないでしょうか!

 

野外彫刻庭園には、国内の作家達が作り上げた作品が佇んでいるので、まるで映画の世界に迷いこんだような気分にさせてくれます。

 

笠間稲荷神社からも近いので、参拝と合わせて美術館を楽しんでみてください。

施設情報

笠間日動美術館
住所 茨城県笠間市笠間978-4
TEL 0296-72-2160
営業時間 9:30〜17:00
休館日 月曜、12月下旬〜元旦
アクセス JR常盤線「友部駅」からバスで15分
ホームページ http://www.nichido-museum.or.jp/

 

4.笠間つつじ公園

笠間観光 笠間つつじまつり つつじ公園 5月

笠間観光で自然にも癒されたいという方におすすめなのは「笠間つつじ公園」です。

 

標高143m、約7haという敷地には様々なつつじの品種が植えられています。

その数は約8,500株!

見頃の時期を迎えると、山一面が真っ赤に染まる光景は圧巻です。

 

園内のどこに行っても、全てにおいてつつじを鑑賞することができるので、ゴールデンウィークのお出かけスポットとしてもかなり人気です。

 

特に晴れた日や夕暮れ時の景色は、SNS映えバッチリな写真が撮れちゃいますよ♪

笠間つつじまつり

笠間つつじまつり 園内の様子

「笠間つつじまつり」が毎年4月中旬から5月上旬に開催されるので、この時期に合わせて訪れるのもいいかもしれません!

 

後ほど紹介しますが、この時期には笠間の一大イベント陶器市「陶炎祭(ひまつり)」も開催されるので、観光客でかなりにぎわいます。

ぜひどちらの会場も楽しんでみてください。

 

また、山頂の展望台にはテラス席があり、 暖かい日にはゆっくりと景色を眺めることが可能です。

 

笠間つつじ公園・つつじ祭りについてはこちら!

>>笠間つつじ公園の「つつじまつり」駐車場や開花状況!園内の様子を現地レポート

施設情報

笠間つつじ公園
住所 茨城県笠間市笠間616-7
TEL 0296-77-1101
時間 8:00〜18:00
料金 笠間つつじまつりが期間中は有料
大人500円
中学生以下は無料
アクセス JR水戸線「笠間駅」からバスで5分
駐車場 無料駐車場有(約320台収容可) 








5.佐白山観世音寺(正福寺)

笠間観光 正福寺 しゃくなげ

佐白山観世音寺(正福寺)は、1,300年以上前から町を見守る寺として地元民から愛されてきた寺院です。

 

笠間市は神社や寺が非常に多く、それぞれご利益も違うのでパワースポットとしての魅力も違います。

 

佐白山観世音寺の場合は、御朱印が非常に人気が高いんです。

最近では御朱印集めを趣味としている方も多く、御朱印の美しさに魅了される方が増えてきています。

限定・月替り御朱印が人気

そんな御朱印を集めている人に人気の寺で、佐白山観世音寺の場合は金の御朱印、銀の御朱印と分かれていて、それぞれ月ごとにデザインが違います。

 

公式ホームページで購入することもできますが、せっかくであれば自分の目で見て選びたいものですよね!

 

また、本尊である十一面観世音菩薩は茨城県の指定文化財となっています。

古寺として非常に有名な場所なので観光スポットとしても人気です。

 

笠間つつじ公園や笠間日動美術館からも近いので、観光にも適していますよ!

施設情報

佐白山観世音寺(正福寺)
住所 茨城県笠間市笠間1056-1
TEL 0296-72-1332
アクセス 9:00〜16:00
ホームページ JR常盤線「友部駅」からバスで15分

 

6.笠間城址(佐白山)

笠間観光 笠間城 城跡

「笠間城跡」は、笠間市の佐白山頂にあります。

鎌倉時代に笠間時朝が築いてから約750年間、歴代の笠間領主の居城となっていました。

 

現在、笠間城跡には堀の跡や石垣が残されています。

山頂の天守曲輪には佐志能神社(さしのうじんじゃ)が鎮座しています。

 

現存する石垣は、東日本大震災で一部崩落してしまいました。

関東地方では本格的な石垣は珍しいので、笠間城跡に残る石垣はとても貴重なものなのです。

 

お城巡りが好きな方、佐白山にハイキングをする方も笠間城跡を散策してみてはいかがでしょうか。

続日本100名城のスタンプもありますよ!

詳しくはこちらで!

>>【茨城の城めぐり】笠間城は石垣が残る続日本100名城

施設情報

笠間城跡
住所 茨城県笠間市笠間1056-1
TEL 0296-72-1332
受付時間 9:00〜16:00
ホームページ 笠間市公式ホームページ

 

7.笠間芸術の森公園

笠間観光 笠間芸術の森公園

「笠間芸術の森公園」は、楽しむ陶芸がコンセプト。

陶芸体験や笠間焼で料理などが楽しめるカフェ、子供が思い切り遊べる大型アスレチックやふわふわドームがある「あそびの杜」、イベント広場、野外コンサート広場などがある公園です。

 

イベント広場では、さまざまな催しが開かれています。

ゴールデンウィークには「笠間の陶炎祭(ひまつり)」、秋には「新栗まつり」などイベントではかなりの人が集まっています。

 

イベントに合わせて来るもよし、子供と一緒に公園で思い切り遊ぶのもおすすめです。

>>笠間芸術の森公園はイベントも盛りだくさん!ファミリーやデートにもおすすめ

施設情報

笠間芸術の森公園
住所 茨城県笠間市笠間2345
TEL 0296-72-1990
受付時間 8:30〜17:00
ホームページ http://www.kasama-crafthills.co.jp/mori/








8.陶炎祭(ひまつり)

笠間観光 イベント 陶炎祭 ひまつり

「笠間芸術の森公園」を先ほど紹介しましたが、こちらでゴールデンウィークに開催されるのが陶器市「陶炎祭(ひまつり)」です。

超人気イベントで期間中には50万人以上もの来場者があります!

 

このイベントは幅広い世代で笠間焼、グルメが楽しめるのでかなりおすすめです!

 

イベント会場には200軒以上の陶芸家、窯元、地元販売店が集結。

広大なイベント広場には、ずらーっとテントが並びかなりの数の陶器が並んで見ごたえがあります!(陶器に興味がなくても見ていると欲しくなりますよ!)

 

笠間焼は自由度が高く、デザインも幅広く個性豊かなので、陶器に詳しくなくても見やすく、親しみやすさがあります。

グルメもかなりの充実ぶり

陶器もすごい数のテントが並びますが、フードエリアもかなりの充実しています。

 

地元人気店も出店していたり、笠間名物グルメも楽しめます。

フードエリアもおすすめ!

 

実際にひまつりに行ったときの会場の様子やイベントを楽しむポイントなどをこちらで紹介しています。

>>笠間の陶炎祭(ひまつり)2020年の日程と駐車場・イベントを楽しむポイント

施設情報

陶炎祭(ひまつり)
会場 笠間芸術の森公園イベント広場
開催期間 ゴールデンウィーク
ホームページ 笠間陶炎祭

 

9.ギャラリーロード

笠間市で陶芸をメインに観光したい!という人におすすめなのが「ギャラリーロード」です。

全長約2kmもある通りには陶器やガラス作品のギャラリー、飲食店が25店舗連なっている商店街のようなところです。

 

ここは女性におすすめのスポットですね!

全ての店舗を回るのは大変なので、ホームページに掲載されている店舗一覧が掲載で事前に見に行きたいお店をピックアップしておくと良いでしょう。

笠間焼をお土産にするのもGOOD!

笠間観光 ギャラリーロード 笠間焼

美しくおしゃれな陶器を目にすると、ついつい足が止まってしまってかなりの時間が経っていた!という人もたくさんいるくらい魅力的な場所です。

 

たくさんの陶器を見ることができるので、笠間市の文化に触れることができます。

 

ギャラリーロード付近には多数のセレクトショップやカフェなどが立ち並んでいるので、散歩で疲れた足を癒してください。

 

歩行者専用の通りではないので、車で行って何軒かお店を回ることもできますよ。

 

笠間観光で笠間焼の陶芸体験をするのもおすすめプランの1つです!自分だけの思い出の品ができますよ。

>>笠間焼の陶芸体験は当日に予約なしでもできる?おすすめ工房6選

施設情報

ギャラリーロード
住所 茨城県笠間市笠間
TEL 0296-72-9222 
ホームページ http://www.galleryroad.jp/

 

10.Glass Gallery SUMITO

先ほど紹介した笠間のギャラリーロードの中の1つ「Glass Gallery SUMITO」はガラス製品のセレクトショップです。

 

笠間焼が有名ですが、ガラス工房もけっこうあるんですよ!

Glass Gallery SUMITOでは、ここでしか手に入らないような商品を多数取り扱っています。

 

グラスやお皿だけではなく、風鈴や季節のオブジェなど訪れた時期によって様々な商品を見ることができますよ。

店内も白を基調としていて、非常にスタイリッシュです。

素敵なガラス作品に出会えます

作品は販売もしているので、魅力的な作品に出会えるチャンスです!

ピアスやネックレスなど、ガラスが持つ透明感を生かしたアクセサリーが販売されている他、香水瓶も販売しているので自分だけの香りを持ち歩くことができます。

 

繊細なガラス製品は、作品に見とれてしまいますよね。

店内に温かい日差しが差し込むとガラスの色や雰囲気が変化したりして、すごく素敵でした。

 

笠間のギャラリーロードは心をつかまれる物にも出会う確率大なので、ちょっとお土産の予算は多めが良いかもしれませんね!

施設情報

Glass Gallery SUMITO
住所 茨城県笠間市笠間2192-35
TEL 0296-72-2104
営業時間 10:00〜17:30
定休日 金曜
アクセス JR常盤線「友部駅」からバスで10分
駐車場 無料・6台
ホームページ http://www.glass-gallery.jp/








11.笠間の家

有名建築家である伊東豊雄さんが設計した「笠間の家」は、陶芸家として知られている里中英人さんのアトリエ兼住居として建築されました。

その後、現在ではギャラリーとして利用されています。

 

作品の展示を見学するだけでなく、笠間焼を購入したり、カフェスペースで一息つくこともできます。

 

白と黒で構成されているため、住居として利用されていたとは思えないくらいに非日常的な雰囲気はとても洗練されています。

定期イベント・カフェスペース

 

定期的にイベントが開催されていて、教室や講座などから陶器や建築のこと以外にも学ぶことができるのも魅力的な場所です。

 

笠間市の作家達が制作したここだけの作品を購入することも可能です。 

食器だけではなく木で作られたまな板やスプーンなど、温もりを感じられる作品が多数あります。

 

2階のカフェスペースではオリジナルブレンドコーヒーや茨城県産のさしま紅茶を楽しめます。

ケーキセットも用意されているので、おしゃれな空間で優雅な午後のひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

施設情報

笠間の家
住所 茨城県笠間市下市毛79-9
TEL 0296-73-5521
時間 9:30〜17:00
定休日 月曜、年末年始
アクセス JR水戸線「笠間駅」からバスで10分
駐車場 あり・無料(10台収容可能) 
ホームページ https://www.facebook.com/kasamanoie

 

12.北山公園

 

茨城県笠間市の「北山公園」は、自然の中を散策できる癒しの空間です。

360度パノラマの展望台、休憩施設、キャンプ場、ローラー滑り台などが完備されています。

 

自然が豊かな場所なので「ホタルの観測会」も行われています。

ホタルも見られる公園なので、自然の豊かさ、空気の綺麗さを分かっていただけそうですね。

 

季節によっていろいろな植物を観察することができ、園内では年間を通して27種類の花を見ることができます。

秋には笠間市の紅葉スポットにもなっています。

施設情報

北山公園
住所 茨城県笠間市平町1416−1
TEL 0296-78-3911
営業時間 9:00〜18:00(10月~3月は16時まで)
駐車場 無料
ホームページ 北山公園

 

13.森の石窯パン屋さん

https://www.instagram.com/p/B6wkyGyHYPw/?utm_source=ig_web_copy_link

笠間市の人気パン屋「森の石窯パン屋さん」は、お店の横の大きな石窯が特徴的な外観をしています。

 

笠間市内で行われるイベントのグルメ屋台にも出店されるほど人気で、よく紹介されているお店なので観光客の方も多く来られています。

 

「茨城県の食材を生かしたパン作り」がコンセプトになっていて、笠間市周辺農家と連携して、その時期にしか食べられない旬の食材を生かしたオリジナルパンが食べられます。

 

「いつ行っても同じパンしか売っていない」という一般的なパン屋さんとは違い、探究心の高いパン作りが訪れる人の心をくすぐります。

パンを買って公園で食べるのもおすすめ!

週末は地元の人、観光客でかなり混み合っています!

混雑するけど、美味しいのでパン好きな方におすすめです。

 

2階のカフェスペースでもパンがいただけるのですが、カフェは平日のみになります。

 

混雑している場合、お天気にもよりますが、晴れていたら笠間つつじ公園や笠間芸術の森公園の芝生の上で自然を見ながら食べるのもいいですね!

>>笠間ランチするならココで決まり!お洒落&おすすめカフェ・レストラン14選

施設情報

森の石窯パン屋さん
住所 茨城県笠間市笠間2286-1
TEL 0296-74-0888
営業時間 10:00〜18:00
カフェは平日のみ11:00〜16:00
定休日 水曜
アクセス JR水戸線「笠間駅」からバスで5分
駐車場 無料駐車場有(約80台収容可能) 








14.常陸国出雲大社

笠間観光 常陸国出雲大社 参拝

笠間市の「常陸国出雲大社」は、拝殿の巨大な注連縄と総檜造りの本殿が非常に見応えがあり、訪れた人を圧倒する空気感があります。

 

ひときわ目を引く注連縄は、日本最大級と言われていて存在感がすごいです。

 

島根県出雲大社より1992年に御分霊を御鎮座されました。主祭神は大国主大神で、一般的には「大黒様」として知られています。

縁結びのご利益で女性人気高い!

笠間観光 常陸国出雲大社 縁結び お守り▲この可愛らしい縁結びのお守りも人気!

「縁結び」のご利益があることで有名な常陸国出雲大社は、参拝者の7割が20代の女性です。

縁結びのお守りかわいいですよね!

アクセサリーが入っていそうなパッケージもおしゃれで乙女心くすぐられます。

 

縁結びや厄除などが期待でき、特に縁結びのご利益は地元でも定評がある神社です。

 

全国に縁結びのスポットはたくさんありますが、特に常陸国出雲大社は人気があり、毎年多くの人が訪れています。

 

敷地内には、お食事処やガラス工房があるので参拝の後に訪れてみてください。

なぜ?と思うかもしれませんが、神様への捧げ物として古来からガラスは神聖なものとして知られてきたからです。

 

吹きガラス体験も可能なので、いろんな楽しみ方があって魅力的なので女子旅にもおすすめです。

常陸国出雲大社についてはこちらで紹介しています。

>>常陸国出雲大社の御朱印と御朱印帳!参拝してきた現地レポート

施設情報

常陸国出雲大社
住所 茨城県笠間市福原2006
TEL 0296-74-3000
社務所受付 8:00〜17:00
アクセス JR水戸線「福原駅」から徒歩7分 
ホームページ https://izumotaisha.or.jp/

 

15.いちご園でイチゴ狩り!

 

笠間市では2月上旬から5月にかけて「笠間観光いちご組合」「南指原観光いちご園問合せ先」というところでイチゴ狩りをすることができます。

 

この時期に笠間観光に来られるなら、いちご狩りをするのもおすすめですよ!

茨城県のイチゴもとっても美味しいですからね。

>>茨城県でいちご狩り!予約なしOK&おすすめのいちご農園8選

施設情報

問い合わせ
笠間観光いちご園 笠間みんげい
電話番号:0296-72-9280
南指原観光いちご園 笠間クラインガルテン農産物直売所
月曜日定休
電話番号:0296-70-3133

 

16.笠間の栗

笠間観光 笠間の栗 スイーツ 料理 グルメ 秋

茨城県笠間市は、全国でも有数の栗の産地というのはご存じでしょうか?

名産地ならではの栗を使ったお菓子や料理が食べられるのも笠間市の魅力の一つです。

 

秋の笠間観光に来るなら「笠間の栗」をぜひ味わってみてください。

「笠間てくてく栗図鑑」というものが発行されているので、栗の食べ歩きや観光スポットを巡るのに便利ですよ!

イバトリでも笠間の栗の美味しいスイーツのお店やおすすめのお土産などを紹介しています。

焼き栗もとっても美味しいです!

>>「笠間の栗」は茨城の秋の味覚!焼き栗や栗料理にスイーツの美味しいお店とお土産

笠間観光周遊バス

笠間観光 かさま観光周遊バス

笠間観光をするなら1番便利でスムーズに移動ができるのが車ですが、電車やバスなどでも景色を楽しみながらのんびりと笠間市を楽しむのもおすすめです。

 

この周遊バスは、友部駅着特急(下り)のダイヤに合わせ友部駅を出発し、笠間工芸の丘、茨城県陶芸美術館、笠間日動美術館、笠間稲荷神社、春風萬里荘など笠間の主要観光施設を巡り、友部駅へ戻る周遊バスです。なお、午前3便および午後2便は笠間友部間を往復しますが、日中の3便は笠間市内を周遊します。引用:笠間観光協会

 

1時間~30分に1本運行しているので、事前に時刻やバス停をチェックして笠間観光のプランを立てておくと良いでしょう。

料金が安くてお得な特典付き!

「かさま観光周遊バス」の料金は1回100円1日自由乗車券は300円ととてもリーズナブルに周遊バスを利用することができます。

 

1日フリー券は安い上に、美術館など5施設の入場料割引特典なども付いています!

バスで移動するなら使わなきゃ損ですね。

 

笠間観光周遊バスの他、レンタサイクルも活用できるのでプランに合わせて活用してみましょう。レンタサイクル(1日300円。電動自転車500円)

 

バスの運行時刻や停留所などについてはこちらの笠間市のホームページでご確認ください。

かさま観光周遊バス|笠間観光協会

 

笠間観光でランチやカフェタイムをしたり、ほかの地域の観光スポットならこちらの記事なども参考にしてみてください。

まとめ

笠間市でおすすめしたい観光スポットをご紹介しました!

笠間市は茨城県の中でも非常に魅力的なスポットの多い地域なので、大人旅でも家族での観光でも楽しめる場所になっています。

 

笠間焼などアートだけではなく、グルメや神社仏閣などいろんな要素がある笠間市をぜひ堪能してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で