観光スポット

【土浦市】レトロな日帰り観光コース!ランチにグルメスポットも紹介

土浦 観光 日帰り

 

茨城県南部にある土浦市。

江戸時代、土浦城下一番の繁華街としての面影が残る風情ある地域です。

 

中城通りにある、旧商家の蔵を改装してつくられた「土浦まちかど蔵」では、明治時代から受け継がれている雛人形などが飾られています。

 

「土浦の雛(ひな)まつり」が開催されるなど土浦の観光スポットになっています。

 

今回は古き城下町の面影を残し、レトロな雰囲気の中で過ごせる土浦観光のおすすめ日帰りコース。

 

実際に歩いてきたときの風景や施設の写真とともにご紹介したいと思います!

 

土浦観光のおすすめ日帰りコース!ランチのグルメスポットも紹介








茨城県の土浦市で、江戸情緒が息づくまちで日帰りのぶらり旅してみませんか?

 

土浦 観光 中条通り▲中条通り

歩いているだけでも風情を感じる中条通りです。

 

今日、ご紹介する日帰りで散策できるコースはこちら!

 

  1. 土浦まちかど蔵(土浦雛祭り)
  2. 矢口家住宅(矢口酒店)
  3. 喫茶 蔵
  4. 老舗蕎麦店「吾妻庵」
  5. 茨城県立土浦第一高校内の旧校舎
  6. 亀城公園
  7. 土浦市立博物館

今回はこんなコースでご紹介していきます!

「土浦まちかど蔵」

土浦 観光 日帰りコース 土浦まちかど蔵野村▲土浦まちかど蔵野村

「土浦まちかど蔵」には、

  • 土浦まちかど蔵 野村
  • 土浦まちかど蔵 大徳

があります。

 

道路を挟んだところにそれぞれがあります。

なのでどちらも合わせて見学してみてください。

 

土浦 観光 日帰りコース まちかど蔵 大徳▲まちかど蔵大徳

江戸時代から続いた商家「野村」と江戸時代末期からの商家・呉服商の「大徳」の藏を改装してつくられた建物。

 

こちらでは、土浦の商家に明治時代から伝わる雛人形などが展示されるほか、手作りつるし雛やちりめん細工の作品展など見ることができます。

 

土浦 観光 日帰りコース 土浦まちかど蔵 小野小町の人形

また、蓮の花托(かたく)を使った「霞蓮(かれん)雛人形」や、霞ヶ浦のタニシで作られた「かすみ人形」などの面白い雛人形も沢山見ることができるんです!

 

大徳には観光案内所の他に地元のお土産品なども置いてありますよ!

まちかど大蔵・土蔵の中

土浦 観光 大蔵 土蔵の中

昔の土浦のまち並を描いた絵も飾ってあって、当時の様子をうかがうことができます。

 

花火大会の写真なども展示されています。

 

土浦 観光 大蔵 花火の尺玉

土蔵(どぞう)内では、明治時代のお雛様や土浦の花火大会で使われる花火の尺玉なども見られます。

 

土蔵というのは、日本の伝統的な建築様式の1つで、木骨、外壁を土壁として漆喰(しっくい)などで仕上げられるもの。

一般的には単に蔵(くら)と呼ばれることが多いようです。

 

江戸時代なんて聞くとどんな建物なんだろうと、ドキドキしていましたが木の温もりを感じる、落ち着ける空間でしたよ!

 

当時の世界に、タイムスリップしたような気持ちになりました。

 

のんびりまちかど蔵を見る間に、ちょっとブレイクタイムにはこのスイーツがおすすめ!

アイスどら焼き

土浦 観光 まちかど蔵 アイスどらやき

おすすめの「アイスどら焼き」を初めて食べてみました!

個人的にはバナナ味がお気に入りです!

 

散策の途中でこういったアイスとかちょっと食べられるのもいいですよね。

 

他にも美味しいスイーツなどあったら教えていただけるとうれしいです!

基本情報

住所 〒300-0043
茨城県土浦市中央1丁目12
駐車場 あり
アクセス 車:常磐自動車道「桜土浦IC」or「土浦北IC」から約15分
電車:JR常磐線土浦駅西口から徒歩約10分
問い合わせ (一社)土浦市観光協会
TEL:029-824-2810
WEBサイト http://www.tsuchiura-kankou.jp/machikado_kura/
地図








矢口家住宅(矢口酒店)

土浦 観光 日帰りコース 矢口酒店▲矢口家住宅

「まちかど大徳」の隣には、茨城県指定文化財「矢口家住宅(矢口酒店)」があり、江戸時代末期に建てられた見世蔵造りの建物も見ることができます。

 

土浦 観光 日帰りコース 矢口酒店

見世蔵(店蔵)とは、土蔵(どぞう)に店舗・住居を兼ねるもの。

 

土浦 観光 日帰りコース 矢口酒店 錦絵

こちらでも雛祭り期間中は、超レアな博物館級の掛け軸や貴重な錦絵を見ることができます!

 

その他にも周辺商店街のあちこちで雛人形が飾られています。

街を散策しながら、珍しい雛人形なども見れて楽しめますよ!

 

土日などは、打掛を羽織って写真撮影をしたり、おしるこやすいとんの無料配布などのイベントも行なわれています!

 

ひな祭りの3日には、土浦市大和町の市民ギャラリーで、女性の十二単(ひとえ)、男性の束帯(そくたい)が披露されるイベントも行われました!

 

着付けの様子を見ることができます。

かなり重そうです…。

土浦の雛(ひな)まつり

これは春限定ですが土浦市で開催される「土浦の雛(ひな)まつり」もおすすめです!

 

土浦の雛祭り

2019年は2月4日(月)〜3月3日(日)

 

土浦の雛祭りは、国の登録有形文化財である「土浦まちかど蔵」をメイン会場にし、

 

周辺商店街でも様々な雛人形・雛飾りが展示され、街を散歩しながら楽しめる雛祭りです!

 

JR土浦駅からメイン会場までは駅前通りを徒歩で10分ほど。

 

期間中の土日には関連イベントも開催され雛祭りムードで街は賑わいます。

 

雛祭りが終わっても

土浦まちかど蔵の中は無料で見学できるので、ぜひ一度行ってみてください!

基本情報

矢口家住宅(矢口酒店)
住宅 〒300-0043  茨城県土浦市中央1-6-13
アクセス 土浦駅から徒歩で10分
WEBサイト http://www.city.tsuchiura.lg.jp
地図

 

老舗蕎麦店「吾妻庵総本店」

土浦 観光 日帰りコース 吾妻庵総本店▲吾妻庵総本店
こちらも同じ通りにある風情ある老舗お蕎麦屋さんです!

 

創業140年の老舗蕎麦店「吾妻庵総本店」や明治の面影が残る食堂「ほたて」も風情があり、とっても素敵!

 

土浦 観光 吾妻庵総本店

袴姿の女性が歩いている景色が浮かぶようです。

店舗情報

住所 〒300-0043
茨城県土浦市中央1丁目6−11
TEL 029-821-0161
営業時間 日曜日 11時00分~15時00分 17時00分~19時30分
定休日 水曜日
地図








茨城県立土浦第一高校内の旧校舎

 

View this post on Instagram

 

りんごママさん(@appleiko)がシェアした投稿

ちなみに、ここから少し離れた場所になりますが、現在の茨城県立土浦第一高校内にある明治37年に建設された洋風建築物の旧校舎もなかなかおしゃれです!

 

国の重要文化財で、ドラマや映画の撮影にもよく使われているそうです。

 

土浦市桜祭りなどの特別な期間には特別公開も!

ぜひ一度、訪れてみてください!

基本情報

茨城県立土浦第一高等学校
所在地 土浦市真鍋四丁目4-2
TEL 029-822-0137
WEBサイト 土浦第一高等学校
地図

 

土浦観光のグルメ&ランチには『喫茶 蔵』

土浦 観光 日帰りコース ランチ 喫茶蔵

再び「土浦まちかど蔵 野村」に戻りますが、元々野村は砂糖問屋でした。

 

こちらの1階は休憩所とはた織りや草木染めなどが体験できるスペースがあり、2階には資料館があります。

 

その先に進むとレンガ蔵があり「喫茶 蔵」として活用されています。

 

土浦 観光 日帰りコース 喫茶蔵▲レンガ造りの建物

明治25年にレンガで造られた蔵で、レトロな雰囲気が漂う素敵な喫茶店です!

 

土浦 観光 日帰りコース 喫茶蔵
こちらでお茶やランチしてみてはいかがでしょうか?

 

中はひんやりと薄暗く、静かな音楽が流れていて落ち着いて過ごすことができます。

 

土浦 観光 日帰りコース 喫茶蔵

天井がとても高くて、上の方には素敵なステンドグラスがあります。

 

柔らかくて飲みやすい味の氷温熟成珈琲や、シフォンケーキもおすすめです。

 

土浦 観光 喫茶蔵 ツェッペリンカレー▲土浦のご当地カレー

それからカレーの街でもある土浦のご当地カレー「ツェッペリンカレー」もおすすめです!

 

トロトロに煮込まれた柔らかいお肉や、土浦の名産品のレンコンが入っていますよ!

 

ツェッペリンカレーは、その昔、ドイツの大型飛行船が由来しており、ツェッペリン伯号が世界一周の途中、土浦に飛来したことがあったそうです。

 

その時、飛行船の乗組員に土浦ならではの食材を使ったカレーを振る舞ったという味をヒントにアレンジしたものです。

 

ぜひ食べてみてください!

店舗情報

喫茶 蔵
住所 〒300-0043 茨城県土浦市中央1丁目12−5
営業時間 10:00~18:00
休館日 12月29日~1月3日
地図








土浦のランチには本格インド料理店のカレーがおすすめ

 

ランチは別なお店へ行くなら・・・土浦はカレーの街なのでカレー屋さんはどうでしょうか?

本場インド料理バイキング「スパイシータンドール土浦店」

 

View this post on Instagram

 

🐻Rie🍎さん(@riemekko)がシェアした投稿

本場インド料理バイキング食堂「スパイシータンドール土浦店」は、本場インド人シェフによるインド料理がお腹いっぱい食べられるお店です!

 

本場仕込みのインドカレーは、バリエーションが豊富!

セットメニューがあり、基本セットでもカレー7種類にナン・フライドチキン・サラダ他が食べ放題!

 

なのに値段はリーズナブルなんです!

 

基本セット+オールフリーセットを頼むと、アルコール以外店内全品食べ放題というから驚き!

 

お腹パンパンになるほど食べられます。

 

カレー料理だけでなく、ナンにあんこを挟んで焼き上げたあんこクルチャや裏名物の絶品唐揚げも大人気!

 

お店も広くて開放感があります。

ぜひ、行ってみてください!

店舗情報

スパイシータンドール土浦店
住宅 茨城県土浦市都和4-4233-2
TEL 0298-35-3841
営業時間 ランチ11:00~15:00 (LO 14:30)
ディナー17:00~22:00 (LO 21:00)
土日祝 11:00~22:00 (LO 21:00)
定休日 月曜
地図

 

ナンが評判「ガンディ」

 

View this post on Instagram

 

@tamacha105がシェアした投稿

ナンが美味しいと評判の「ガンディ」もおすすめ!

 

アツアツの大きなナンは少し甘めでフワフワ!

こげのある部分はパリパリでナンだけでもイケますよ!

 

シェフ自慢のタンドール釜と炭火で焼き上げたナンやチキン、こだわりのインドカレーが食べられる人気のお店です。

 

お子様メニューもあり、テイクアウトもできます。

店舗情報

ガンディ
住宅 茨城県土浦市東真鍋町9-5
TEL 029-827-0108
営業時間 11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日 第3月曜日
(祝日の場合は営業)
地図








亀城公園

 

View this post on Instagram

 

_dragon26さん(@_dragon26)がシェアした投稿

「亀城公園」は、

室町時代後期に築かれたとされる「土浦城」の城の中核となる建物「本丸」と城壁の「二の丸」の一部を整備した公園。

 

櫓門(やぐらもん)は当時のままで、本丸にある櫓門としては関東で唯一のものです!

 

堀に囲まれた城の姿が、水に浮かぶ亀に見えたことから土浦城は別名「亀城」とも言われていました。

 

それが名前の由来のようです。

園内には芝生広場やブランコ等の遊具もあります。

亀城公園は桜の名所

 

View this post on Instagram

 

k_maeさん(@k_mae.photo)がシェアした投稿

桜の名所としても知られています。

 

園内には約70本のソメイヨシノがあり、土浦桜まつりの会場にもなる人気の花見スポットです。

 

桜と櫓や堀とのコラボが素敵なので、春は桜をぜひ見に行ってみてくださいね!

 

施設情報

亀城公園
住宅 茨城県土浦市中央1-13
TEL 029-824-2810
アクセス 電車・バス:JR常磐線「土浦駅」から徒歩10分ほど
車:常磐自動車道桜・土浦ICから約15分
駐車場 無し
地図

 

土浦市立博物館

 

View this post on Instagram

 

Masataka.Nさん(@ni4_1607)がシェアした投稿

亀城公園に隣接する立派な建物の博物館です。

こちらの入場券で亀城公園内にある東櫓も見学できます。

 

東櫓は、お城や土浦藩の歴史がわかる資料館。

1階には土浦藩の大名だった土屋家の刀剣・茶道具などが鑑賞できる展示室

2階には土浦の歴史と文化を知ることができる展示室

 

展示品は季節ごとに変更され、特別展などの展覧会も開催されています。

 

土浦市立博物館では、国宝1、重要文化財4、重要美術品6口(ふり)を含む、土浦藩土屋家の刀剣なんと83口を所蔵しているんです!

 

秋になると国宝の1つの土屋家の刀剣などが展示されます。

“国宝”と聞いただけで、なんだかドキドキしますよね!

 

夏休みの時期には、こちらにある「はたおり機」を使って、親子ではたおりが体験できるイベントなどもありましたよ!

施設情報

土浦市立博物館
住宅 茨城県土浦市中央一丁目15-18
TEL 029-824-2928
アクセス JR土浦駅西口から徒歩15分
JR土浦駅西口バス停(4)(5)番から「亀城公園前」下車徒歩1分
車:常磐自動車道土浦北IC(水戸ICから35分)から10分
時間 午前9時~午後4時30分
定休日 毎週月曜日・祝日の翌日
料金 一般105円
小中高校生50円

地図








アウトドア派にピッタリな土浦の遊べる周辺スポット!

 

もし、土浦周辺に1泊などされる場合は、アクティブに遊べるスポットもおすすめです!

 

家族で楽しめるスポットもたくさんあるので周辺スポットも紹介します。

>>【つくば・土浦周辺】おすすめ観光スポット!筑波山の自然から科学まで学べる21選

霞ヶ浦総合公園

 

View this post on Instagram

 

Masataka.Nさん(@ni4_1607)がシェアした投稿

霞ヶ浦総合公園は、霞ヶ浦の湖岸沿いにある46ヘクタールの広大な敷地の自然豊かな公園です。

 

シンボルのオランダ風車展望台からは霞ヶ浦が一望でき、春になると約30,000本ものチューリップを楽しむことができます。

 

初夏から夏にかけては200品種以上の蓮の花も鑑賞できます。

 

スポーツ施設や日帰り入浴施設、レストハウスなどもあり、家族連れで楽しめるスポットです!

 

冬の時期のイルミネーションもとっても素敵ですよ!

>>「オランダ風車がシンボル土浦の霞ヶ浦総合公園!子ども連れに超おすすめ」

>>「霞ヶ浦ふれあいランドはイベントがおすすめ!道の駅は車中泊スポットにも◎」

施設情報

霞ヶ浦総合公園
住宅 茨城県土浦市大岩田1051
TEL 029-823-4811
アクセス バス:土浦駅西口1番線より(関東鉄道・JR)乗車、大岩田二区下車
タクシー:JR常磐線「土浦駅」東口より約10分
駐車場 100台(無料)

 

ラクスマリーナ

 

View this post on Instagram

 

kazunari kurosawaさん(@qloqlo225)がシェアした投稿

遊覧船「ホワイトアイリス号」で、国内湖面積第2位の霞ヶ浦クルージングを満喫できます!

 

寒い時期でも安心!

なぜなら11月から3月は、冬季仕様のこたつクルーズが楽しめるんです!!

 

霞ヶ浦総合公園のきらめくイルミネーションを眺められるナイトクルーズや、お花見船に乗って、土浦市内を流れる桜川の水面から土浦名物500本もの桜を見上げてのお花見もおすすめ!

 

こちらの施設では、足湯やバーベキューも楽しめますよ!

施設情報

ラクスマリーナ
住宅 茨城県土浦市川口2-13-6
TEL 029-822-2437
アクセス 電車・バスで:JR常磐線「土浦駅」東口下車、徒歩10分
車:常磐自動車道桜土浦ICから国道354線経由で約15分
料金 大人1,540円
小学生770円

 

プレアウトレ土浦

 

今回ご紹介したコースは、サイクリングでも回ることができます!

 

興味のある方は「プレイアトレ土浦」にもぜひ立ち寄ってみてください!

 

JR土浦駅ビルがリニューアルし誕生した「プレイアトレ土浦」は、日本最大級の体験型サイクリングリゾートです。

 

電動アシスト付き自転車や、ロードバイク、クロスバイクなど豊富な車種がレンタルできるのも魅力!

 

それから、ヘルメットやグローブもレンタル可能でサイクリングコンシェルジュが常駐しているので初心者でも安心です。

 

サイクルカフェやロッカールーム、更衣室やシャワールームまであり本当に便利!

手ぶらで気軽にサイクリングを楽しむことができますよ!

施設情報

プレアウトレ土浦
住宅 土浦市有明町1-30
TEL 029-835-3000
アクセス 車:常磐道「桜土浦IC」より車で約15分
電車:JR常磐線「土浦駅」より直結








まとめ

 

いかがでしたか?

土浦というと花火が有名ですが、他にもいろんな魅力がある素敵な街なんです!

土浦花火大会 穴場スポット おすすめ
土浦花火大会の穴場&駐車場情報2019!私がおすすめする観覧場所も紹介10月に開催される土浦市の花火大会「土浦全国花火競技大会」。日本三大花火大会の1つで毎年70万人という人出!当然会場周辺は大混雑です!ゆっくりと人ごみを避けて花火が見たい!という方へ向けて、実際に見に行ったときの場所も含め、花火大会の穴場スポットを紹介します。混雑する時間帯などもチェックしておきましょう。...
プレアウトレ土浦にもまたさらに新しい施設ができる予定があるようですし、ぜひ遊びに行ってみてください!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県は海、山、川と自然が豊かで美味しい食べ物とか素敵な場所がある恵まれた土地。だけど魅力度最下位。当たり前のようにここで育ってきた私もイマイチ茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、改めて茨城県の色んな場所に出かけて魅力を発掘し情報を発信していこうとブログを立ち上げました! 問い合わせもいただくようになってきました。 InstagramなどSNSのDMでも受付してます♪