観光スポット

【偕楽園の駐車場ガイド】梅まつり時期におすすめの駐車場は?

偕楽園 駐車場 ガイド

 

駐車場の場所は目的地にできるだけ近い方がいいに決まっていますよね。

 

偕楽園の敷地は広く、公園の広さは東京ドーム64個分なので、知らずに「ここでいいか!」と停めてしまうと目的の場所まで歩くだけでも疲れてしまうことになります!

 

しかも、普段は満車になることなんて滅多にない偕楽園でも、梅まつりや黄門祭りなどのイベントのときには混雑や満車になってしまいます。

 

梅まつり時期などの混雑時を想定して、水戸市民の私が駐車場の場所や混雑情報などをお伝えします。

 

「混雑を避けられて、スムーズに偕楽園に行きたい!」という方の参考になればうれしいです。

 

【偕楽園の駐車場ガイド】梅まつり時期におすすめの駐車場は?








この動画は偕楽園公園の上空からの映像になるので、見ていただけるとその広さが分かると思います。

 

「偕楽園」と言っても道路と線路を挟んで広がり、その広さは東京ドーム64個分、ニューヨークのセントラルパークに次いで世界で2番目の面積を誇る公園です。

茨城県の観光名所「偕楽園」

偕楽園 梅 梅林

梅の名所でもあるので、

毎年2月の中旬~3月末には「水戸の梅まつり」が開催されます。

 

広い園内、例年50万人以上の方が訪れるので、駐車場もけっこう用意されているんですが、早い時間に満車になってしまいます。

 

電車やバスなどの場合は車を停める場所は心配要らないけれど、車の場合は駐車場も事前にチェックしておきたいポイントです。

 

周辺には全部で1000台の駐車場が用意されています。

 

しかし、梅まつり期間中の週末や黄門祭りの花火大会の日などは、混雑するので満車になるのも早いんです。

 

何箇所にも駐車場が分かれているので、初めて来る場合は実際どこに停めていいのか、どこが1番良い場所なのか分かりませんよね。

 

うっかり停めると「めっちゃ遠いじゃん!」とかなることも。

 

偕楽園は高台にあります。

駐車場によっても異なりますが、ゆるやかな坂を上る感じで行くのが基本です。

 

赤ちゃん連れの方、車椅子や歩くのが困難な場合は、できるだけ平坦な道を進むだけがいいですよね。

 

駐車料金もかかるので、事前に調べてから偕楽園に行きましょう!

 

それでは、駐車場のおすすめの場所、実際に私が梅の時期にやっている混雑を避ける方法をお伝えしていきます。








赤ちゃん連れや高齢者の方がいる場合「常盤神社の有料駐車場」

偕楽園 駐車場 東門に近い常盤神社駐車場

この画像は偕楽園の東門です。

東門は偕楽園本園の梅林、好文亭に最も近く多くの方が利用する門になります。

 

東門に1番近いおすすめの場所は「常盤神社の駐車場」です。

 

近いので赤ちゃん連れ、小さいお子さん、高齢の方をお連れの場合におすすめの場所になります。

(神社の駐車場なので、常盤神社を参拝していきましょうね。)

 

園内も広いのでけっこう歩くことになりますから、できるだけ歩かずに楽に辿りつけるようにしたいですよね。

 

砂利道が多少ありますが、赤ちゃんを抱っこしていても苦にならない道だと思います。

 

常盤神社の駐車場は、住宅街の中を通っていくことになるのでちょっと分かりづらいところがあるかもしれません。

 

道路標識、ナビを頼りに走ってくるとちゃんとたどり着くので安心してください!

基本情報

常盤神社・有料駐車場
営業時間 8:00~16:30(2月~10月)
8:00~16:00(11月~1月)
料金 普通車1日500円
収容台数 100台
偕楽園東門までの距離 徒歩で約3分ほど
所在地 水戸市常磐町1-3-1
設備 トイレあり
車いすの貸し出しあり

交通規制が行われるときは利用できません。

※梅まつり期間中の日曜日と交通規制時は利用不可。

 

便利な分、他と比較すると料金は高く感じるかも。

こんな方におすすめ

園内をしっかり歩いても2~3時間くらいあれば十分に観光できます。

トータル的な駐車料金で考えると1,000円くらいですね。

水戸のクセに高いとか思わないでね(笑)

 

ちなみに梅まつりの時期は、普段無料の近隣駐車場も有料になります。

 

この駐車場がおすすめなのは

  • 小さいお子さんを連れている場合
  • 高齢の方
  • 歩くのが困難な方

 

偕楽園の近さを考えると、1時間300円払っても常盤神社の駐車場が1番近くて楽ですね。

 

収容台数が100台と大きめな駐車場なんですが、混雑する時期はあっという間に埋まってしまいます。

 

混雑を回避する方法ってけっこうありきたりですが、私が混雑を避けて楽しんだときの方法は駐車場情報の後にで紹介しますね。








偕楽園の駐車場

偕楽園の駐車場 千波湖方面
出典:Youtube

こちらの画像は、偕楽園公園で千波湖の西側にある駐車場です。

 

この辺りの駐車場は、偕楽園本園まで歩いて5分程度の距離で、川と道路、線路をまたいである歩道橋を歩いていきますよ!

 

それでは東門に近い駐車場から紹介します。

偕楽園下駐車場

 

名前の通り偕楽園下にある駐車場です。

偕楽園駅からもすぐ近く!

 

偕楽園下駐車場
営業時間 8:00~17:00
料金 普通車1日500円
偕楽園東門までの距離 徒歩で約4分ほど
所在地 水戸市常磐町1-6093-1
設備 トイレあり
車いすの貸し出しあり

※車いすを利用される方はこちらの駐車場がおすすめ。

千波湖西駐車場

千波湖西駐車場は、偕楽園と偕楽園公園拡張部、千波湖の散策するのに便利な駐車場です。

 

ハイシーズンはこちらも満車になることが多いです。

 

偕楽園へは、千波湖の畔にある貸しボートのお店を通り過ぎると、川と道路を渡る歩道橋が見えてきます。

 

偕楽園へ向かう坂につながります。(ベビーカーは押せるくらいの坂道です)

 

千波湖西駐車場
営業時間 8:00~17:00
料金 普通車1日500円
収容台数 普通車:159台
偕楽園東門までの距離 徒歩で約8分ほど
所在地 水戸市千波町2765
設備 トイレあり
車いすの貸し出しあり








偕楽園の正式な入口から入るなら「茨城県歴史館の駐車場」

偕楽園 駐車場 表門の近く偕楽園・表門

先ほどは東門に近い駐車場でしたが、偕楽園の表門から入って散策するなら、「茨城県歴史館の駐車場」がおすすめです。

 

多くの方が偕楽園の近く、千波湖の駐車場に車を停めて、東門から入ることが多いんですが、実は偕楽園の表門が本来の入口になります。

 

ただ、表門近くには駐車場がないので、少し歩きますが「茨城県歴史館」の駐車場を利用すると良いでしょう!

 

駐車料金は無料ですし、けっこう穴場ですよ!

基本情報

茨城県立歴史館
駐車場台数 124台
駐車場 無料
入場料
(特別展開催期間の料金)
大人150円(600円)
大学生80円(310円)
高校生まで無料
開館時間 9:30~17:00
(入館は16:30まで)

偕楽園の周辺駐車場

偕楽園の周辺駐車場
出典:Youtube

この画像は右側に桜山駐車場(第一~第三)があります。

駐車場から道路と線路を越えていくと、偕楽園につながります。

 

偕楽園【桜山第一駐車場】

通常は無料の駐車場です。

距離も200mと近いので、普段遊びにいくならこちらもおすすめです。

桜山第一駐車場
料金 無料
梅まつり期間中:1日500円
収容台数 普通車:272台
偕楽園内までの距離 約220m・徒歩5分
所在地 水戸市見川1丁目

偕楽園【桜山第二駐車場】

この駐車場からは、偕楽園の庭園を楽しみながら、吐玉泉(とぎょくせん)や竹林などを歩いて梅林などの方へ向かうことができます。

 

桜山第二駐車場
料金 無料
梅まつり期間中:1日500円
収容台数 普通車:153台
偕楽園内までの距離 約220m・徒歩5分
所在地 水戸市見川1丁目








偕楽園【桜山第三駐車場】

第二駐車所と道路を挟んだところにある駐車場です。

台数は少なめですし園内に近いので、すぐに満車になってしまいます。

 

桜山第三駐車場
料金 無料
梅まつり期間中:1日500円
収容台数 普通車:70台
偕楽園内までの距離 約160m・徒歩3分
所在地 水戸市常磐町
設備 トイレあり

千波公園【西の谷駐車場】

通常は24時間無料で停められる場所ですが、梅まつり期間中などは有料になります。

 

場所は常盤神社よりも水戸駅側になり、ちょっと距離は離れますが、徒歩6分程度なので遠い場所ではありません。

 

千波公園【西の谷駐車場】
料金 無料
梅まつり期間中:1日500円
収容台数 普通車:150台
偕楽園内までの距離 約450m・徒歩6分
所在地 水戸市天王町

千波湖中央北駐車場

千波湖の北側中央に位置する駐車場で、前項の西の谷駐車場が道路と線路を挟んだところにあります。

 

駐車場にはトイレが完備されていて、定期的に清掃されているので割りとキレイですよ!

【千波湖中央北駐車場】
料金 無料
梅まつり期間中:1日500円
収容台数 普通車:100台
偕楽園内までの距離 約550m・徒歩7分
所在地 水戸市千波町
設備 トイレあり

千波湖 D51駐車場

偕楽園の周辺駐車場 千波湖 D51

D51駐車場は、この鉄道が目印です!

 

この駐車場は千波湖の西側にあり、散歩コースに最適な場所になります。

拡張され収容台数も多く、整備され直したので私も普段からよく利用しています。

 

トイレもキレイなところですよ!

 

【千波湖D51駐車場】
料金 無料
梅まつり期間中:1日500円
収容台数 普通車:400台
偕楽園内までの距離 約500m・徒歩7分
所在地 〒310-0851
茨城県水戸市千波町3080
設備 トイレあり

桜川駐車場

偕楽園の駐車場 偕楽園公園 四季の原

これは偕楽園本園から見た「四季の原」です。(桜川駐車場は写ってないけど、この写真で言うと奥の方にあります。)

 

紹介する中では1番遠い駐車場ですが、「偕楽園公園・四季の原」という広い園内を歩いて本園へと向かうようになります。

 

「桜川駐車場」は、千波湖の西側から1kmくらい離れたところにあるので、駐車場から千波湖の西側をゆっくり歩いてくると約20分くらいかかるかもしれません。

 

梅の時期なんかは四季の原の梅林を歩きながら、行くことができますよ!

 

桜川駐車場
料金 無料
梅まつり期間中:1日500円
収容台数 普通車:350台
偕楽園内までの距離 約1600m・徒歩20分
所在地 〒310-0851
水戸市千波町2596−6 
設備 トイレあり

駐車場の場所、周辺スポットの位置など現地で迷ったら「MachiTag」というロケーションサービスでもコラボさせていただいているので、ご活用ください!

「MachiTag×イバトリ」

偕楽園の駐車場で混雑をさけて車を停めるには

偕楽園の駐車場 混雑を避けるには

いろんな場所に駐車場が用意されているので、けっこう場所は悩むかもしれません。

 

とにかく「水戸の梅まつり」の時期は絶対混雑を避けたい!という方は「早朝」が狙い目です!

 

屋台やお店などの営業時間帯とはズレてしまいますが、早朝に行くとゆっくりと偕楽園内を楽しむことができます。

 

偕楽園公園、千波湖は基本的に24時間出入り自由で、偕楽園本園も時間が決まっていますが割りと早い時間に開園しています。

 

庭園の開園時間

・2月20日~9月30日/6:00~19:00

・10月1日~2月19日/7:00~18:00

 

だいたい梅まつり期間は朝6時から開園しており、早朝に偕楽園を散歩されている方も多いので、寂しく見るということもありません。

 

朝早い時間に園内を散歩できるのもけっこう気持ちが良いです。

 

私は偕楽園公園まで車で10分程度のところに住んでいるので、早朝ウォーキングみたいな感じで朝7時くらいに千波湖のD51駐車場に停めて、偕楽園に向かいました。

早朝は道路も駐車場も全然混んでません(笑)

 

地元の人も歩いているし、混雑を避けるため?観光される方たちもいました。

 

ただ、

  • 「好文亭」の中も見学したい!
  • お土産を買いたい!
  • お茶したい!

という方は、早朝だとお店なども開いていません。

 

早すぎるので、午前中9時までには駐車場に入れているように動いておくと良いかもしれません。

 

混雑していない時間こど、本来の偕楽園の入口である表門から隅々までしっかり歩いてみるのもいいですね。

 

偕楽園の歩き方はこちらからチェックしてみて下さい!

偕楽園 見どころ 正式ルート
偕楽園の魅力が分かる歩き方!水戸市民が表門から道順をガイドするよ!茨城県水戸市の日本三名園として知られている『偕楽園』は梅の名所で有名です。観光でも多くの方が訪れますが、せっかく偕楽園へ足を運ばれるなら、正式な歩き方で偕楽園の本当の魅力を存分に味わっていただきたい!通な歩き方で歴史や美しい景色を見ることができます!水戸生まれ水戸育ちの私が偕楽園内の歩き方をガイドしていきます。大人の旅におすすめですよ!...

偕楽園公園・千波湖へのアクセス

 

千波湖周辺には駐車場がいくつかありましたので、千波湖へのアクセス方法もご紹介しておきます。

 

常磐自動車道水戸インターから
国道50号バイパスを経由し、サントル千波交差点を左折し千波湖・水戸駅方面へ。
【所要時間:約30分】

 

北関東自動車道水戸南インター方面から
国道6号、国道50号バイパスを経由し、サントル千波交差点を千波湖・水戸駅方面に向かいます。
【所要時間:約20分】

 

駐車場情報の他にも、偕楽園のアクセス方法や梅まつり情報、さらに水戸のグルメ情報なども参考にしてみてください。

 

まとめ

 

偕楽園の駐車場は、

  • 赤ちゃん連れや高齢者の方が一緒の場合は「常盤神社駐車場」
  • 東門に近い駐車場は常盤神社か偕楽園下、千波湖の西側
  • 偕楽園表門から入るなら「茨城県立歴史館」の駐車場も穴場!
  • 収容台数が多いのは「千波湖D51駐車場」

といった感じになります。

 

また、混雑する梅まつりの時期に渋滞を避けてゆっくりと観梅するなら、早朝に来るのがおすすめです。

 

朝早く梅を観て、偕楽園を散策してリフレッシュしたら、その他のスポットにもたくさんいけますからね!

 

駐車場情報がお役に立てたらシェアしていただけると嬉しいです!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
KYOKO
茨城県には美味しい食べ物とか素敵な場所があるけれど、イマイチ私も茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、茨城県の情報を発信して魅力を発掘していきます! 問い合わせは、InstagramなどSNSのDMでも受付してます。