アウトドア

【竜神大吊橋のバンジー】料金やクーポン割引は?記念に日本一高いバンジーをチャレンジ

竜神大吊橋 バンジー 

 

地上100mの高さからのバンジージャンプってどんな気分なんでしょうか?

茨城県常陸太田市の竜神大吊橋はバンジージャンプスポットとしても有名で、毎年1万人以上の人がバンジーにチャレンジしています!

 

意外と女性も多いんですって!

竜神大吊橋でバンジージャンプをしているのを見て、「あっ飛びたい!」とその場でチャレンジしたくなっちゃう方もいるかもしれませんよね。

今回は、意外とチャレンジャーの多い竜神大吊橋のバンジージャンプについて紹介します。

 

この記事で分かること
  • 竜神大吊橋のバンジーとは?
  • バンジージャンプの料金や参加条件は?
  • お得になるクーポンや割引はある?
  • バンジージャンプは予約方法や当日参加はできる?
  • 実際にトライした人たちの動画や口コミを紹介
  • 周辺おすすめの温泉スポット

 

【竜神大吊橋のバンジー】料金やクーポン割引は?記念に日本一高いバンジーをチャレンジ








高さ日本一100メートルの竜神大吊橋からバンジージャンプ!

「失神」というインパクト大な動画を見て、チャレンジしたくなるか、それともちょっと無理かもと思うのか。どちらでしょうか?

(私には怖くて無理だー)

 

そんな日本最大級のバンジーが体験できるのが、茨城県常陸太田市にある「竜神大吊橋」です。

360度自然に囲まれ、景色が良いので普段から観光客の方の多い常陸太田市の観光スポット。

竜神大吊橋のある竜神峡では、景色や紅葉を楽める場所なので、観光客はどちらかというと年齢層高めだった印象があります。

しかし、このCMのおかげもあって若い世代でも少し有名になりました。

 

短いCMの最後の方に「竜神大吊橋」でのバンジージャンプのシーンが出てきますが、一瞬でも高いのが分かる・・・!

竜神大吊橋からのバンジーは日本一の高さを誇ります!

 

その高さは100m。

(ビルで言うと33階ぐらいの高さらしいですよ。)

 

あまり階数で言ってもあまりイメージできないですが、「ヤバイでしょ?!」って高さです。(気になって調べましたが、これまで事故は起きていません!ホッ)

竜神峡・竜神大吊橋とは

竜神大吊橋 竜神バンジー バンジージャンプ

竜神峡は、1500万年前の海底で形成された男体山火山岩類を竜神川が長い年月をかけて南北十数kmにわたって原生林に刻んだ、V字谷をなすとても深い渓谷です。流れの途中にはところどころに淵や瀬があり、幻想的な美しい景色を作り出しています。竜神大吊橋からは男体山火山岩類がつくる険しい山地地形も一望することができます。
引用:茨城県北ジオパーク構想

 

竜神峡、竜神湖の上に架かり、歩行者専用の橋としては全長375mは日本最大級の長さ

高さが100mという橋は日本全国にあるので珍しくありませんが、最も高いのは200mなんだそうです!(岐阜県の「新旅足橋」というところ。)

 

竜神大吊橋は、歩行者専用の橋としてはめちゃくちゃ存在感のある景観を作り出しています。

橋の上から「竜神ダム」や「竜神湖」の素敵な眺めを見ることができ、橋のガラスフロアから下の水面を覗くだけでもスリル満点です!

ではまず、竜神大吊橋のバンジーの料金からチェックしていきましょう。

<竜神バンジーの料金>クーポンや割引はある?

竜神大吊橋 竜神バンジー 料金 割引 クーポン情報
住所 茨城県常陸太田市天下野町2133-6
場所 竜神大吊橋
開催期間 通年
開催時間 9:00~15:30(夏季は16:30)
上記の時間内で30分おきで催行
集合時間 開始時間の15分前集合
予約締切 前日 16:59まで
WEBサイト https://www.bungyjapan.com/

 

料金

料金 1回目:17,000円
(同日2回目8,000円)
2回目以降:11,000円
(要認定書&身分証明書)
チャレンジ割引 1,000円割引
(要認定書&身分証明書)
見学 1グループにつき1名別途料金で見学可能
キャンセル料 前日キャンセル50%
当日キャンセル100%

 

料金は初めての方で17,000円です。(増税でちょっと値段も上がりましたね。)

予約の前日・当日のキャンセルの場合は、キャンセル料が発生します。

バンジージャンプのクーポン・割引はある?

竜神大吊橋のバンジージャンプでは割引料金もあります。

チャレンジ割引 1,000円割引

 

チャレンジ割引は、竜神大吊橋以外のバンジーサイトでジャンプ経験がある方に適用される割引です。

竜神バンジーをやらない方でも、1グループにつき1名様のみ付き添いが可能です。ジャンプ台の下に行って見学できます。

 

その他のクーポン・割引は、「竜神大吊橋」の渡橋料の金額が安くなるクーポンがありました!

 

竜神大吊橋のクーポン

竜神大吊橋は渡橋料がかかります。

大人が310円、小中学生の子どもが210円です。

家族で行かれる場合などにもクーポンを利用してみてはいかがでしょうか。

>>『デイリーPlus』の割引は使うほどお得!茨城観光や日頃のお出かけにも超便利!

 

デイリープラスは月額料金がかかりますが、月額払っても簡単に元が取れる超使えるクーポンサイトですよ!

お出かけ以外に日常生活でも幅広く使えるので、無料期間のお試しだけでも使ってみる価値ありなのでおすすめしています。








竜神バンジーの予約方法!予約なしの当日参加について

出典:Bungy Japan-竜神バンジー-

バンジーの申込方法
  • 基本的に予約制
  • 公式HPから予約可能(前日の16:59まで)

 

竜神バンジーは基本的に事前予約が必要になります。

予約なしでも当日参加が可能になっていますが、予約優先になるので確実にできるわけではありません。

予約だけでも定員数に達してしまうこともあるそうですよ!

 

「絶対にこの日に飛ぶ」と決めている方は、予約をしていくのがおすすめです。

予約フォームから希望日や人数を入力し、空き状況など確認して予約をすることができます!

竜神バンジーの予約はコチラ

ちょっとくらいの雨なら雨天決行!

バンジーは通常の雨ぐらいなら通常通りにジャンプできるそうです。

 

ただし、大雨や嵐などの場合は中止になる場合もあります。天候や災害などによる中止の場合は、電話連絡があるようです。(この場合のキャンセル料は発生しません)

竜神バンジーの体重制限など参加条件は?

竜神バンジーの体重制限などの参加条件について紹介します。

バンジーの参加条件

・年齢制限:15歳以上
・体重制限:40~105kg

※20歳未満の場合は、両親など法定代理人の方が同伴、または確認書に署名して持参する必要あり。

<健康状態>
・健康な方
・妊娠していない
・飲酒をしていない

※当日、少量でも飲酒をしている場合は保険適用外になり、参加不可になります。

 

バンジージャンプはアドレナリン、血圧、心拍数が上がるので、安全に楽しむために健康状態、体調などはしっかりチェックしておく必要があります。

持病などをお持ちの方、不安な症状がある方は専門医に相談の上、必ずバンジースタッフへ申し出をしましょう。

 

下記の項目に当てはまる方は専門医に要相談ということが公式ページに記載されていました。

心臓病
てんかん
高血圧
糖尿病
精神障害
義足等
角膜等の目の手術をされた方
骨粗しょう症
脱きゅう
喘息
手術経験をされた方
視覚、聴覚障害
※最終的にはジャンプマスターの判断によりご参加できない場合もありますのでご了承ください。

*会場にはファーストエイド(応急処置)のトレーニングを受けたスタッフがいます。
引用:Bungy Japan








日本最大級のバンジージャンプ!当日の流れ

竜神大吊橋 バンジージャンプ 

こちらは竜神大吊橋を下からアップで橋が撮影されています。

世界でも数少ない100メートルのブリッジバンジージャンプ!

竜神バンジーは、毎年なんと1万人以上のジャンパーがいるんですよ!

 

竜神湖面に向かってジャンプをするわけですが、バンジーを何十回も経験しているバンジーファンもバンジースタッフですら想像以上のスリルを感じるそうです!

 

下から見上げるとこんな感じで、あの上から飛び降りるわけです。

 

View this post on Instagram

 

やまいち こみこうさん(@yamaichikomikou)がシェアした投稿


ぷらーんてミノムシみたいになってるw

誰がこんな高いところに、こんな超長い橋をどうやって作ったのかも気になりますけど。

 

しかし、女性のチャレンジャーも多いんですって!けっこう驚きじゃないですか!?

当日はどのような流れで行なわれるのでしょうか。

竜神バンジーの流れ

 

View this post on Instagram

 

@ni_glanceがシェアした投稿

  1. チェックイン!
    (受付で同意書の記入・体重チェックでジャンプチケット発行)
  2. 安全装置を装着!
    (スタッフがハーネスを装着)
  3. ジャンプ説明
    (スタッフからジャンプの前後の説明とアドバイス)
  4. ジャンプ!!
  5. 認定証授与
    (バンジーを飛んだ証が貰える)
  6. 終了!

 

所要時間の目安としては、受付から終了まで

  • 1~6名様までのグループ:約90分
  • 7~12名様のグループ:約120分

となっています。

当日の状況、ジャンプにかかる時間によっても多少前後することはあるでしょう。

竜神大吊橋へのアクセス方法

アクセス

  • 車:常磐自動車道・那珂ICから国道349号を経由・里美大橋を左折→県道36号を直進
  • 電車:JR水郡線・常陸太田駅下車→茨城交通バス「竜神大吊橋行き」または「下高倉・馬次入口行」に乗車→竜神大吊橋で下車

ちょっと気になったので、バンジーがどこで始まったのか調べてみました!

竜神大吊橋のバンジーは成人式や結婚式でも!?

 

View this post on Instagram

 

wgoさん(@wgo)がシェアした投稿

バンジージャンプは、バヌアツのペントコスト島で行われていた「ナゴール」という儀式が起源。

(バヌアツの場所は、南太平洋、オーストラリアの西側でニューカレドニアの近く。リゾート地としても知られています。)

 

その儀式は、日本で言うと成人式にあたるものなんだそうです。

 

毎年、竜神大吊橋のある常陸太田市でも、成人式の記念のバンジージャンプが話題になっています。

新聞やテレビのニュースでも取り上げられています。

んー、何かの記念だとしても、大人の階段昇るためだとしても私には勇気がないな。

 

結婚式で使用するためにバンジージャンプの撮影をしたりする方も多いとか。

カメラの撮影も申請したりすれば可能です。詳細については次項の服装や持ち物で紹介します。

バンジーするときの服装や持ち物は?カメラで撮影OK?

バンジー 服装 持ち物

バンジージャンプでの服装は特に決まりはありませんが、間違いなく動きやすい服装がいいですよね!

服装と靴

まぁ、スカートで飛んだらどうなるかは想像がつくので、履いてはいかないと思うんですけど、公式ページには「スカートはお避けください」と記載がありました。

竜神峡は山の中なので、春先、秋口は時間帯によって寒く感じることがあります。念のために1枚羽織るものを持っていると良いでしょう。

 

靴はローカットの紐靴がベストだそうです!

 

空中で脱げてしまう恐れもあるそうです。

現地でバンジー専用のサンダルを履くこともできます。(ただ、自分の靴の方がかっこいい!とのこと。)

カメラ撮影&ドローン撮影はできる?

カメラの撮影も可能です!

(自身のものを使用する場合は同意書に署名)

 

ジャンプ中に落ちないようにガムテープなどでしっかり固定をしてくれます。

 

  • 落ちる可能性の高いもの
  • 落ちると下にいる人に危険があるもの

こいったものは持ち込みNGになります。

 

竜神峡でドローンを使用したい場合は、2日前までに常陸太田市へ問い合わせが必要です。

問合せ先 常陸太田市水府支所
平日8:30~17:15
TEL:0294-85-1116








<竜神大吊橋のバンジー>Youtube動画と口コミ

有名Youtuberの竜神バンジー動画がありました!

見てる分には普通に面白い。

 

竜神バンジーには毎年1万人以上の人がチャレンジしていますが、さらにYoutube動画も投稿する機会が増えたので、さらにトライする方も増えたのではないでしょうか。

ここから、その勇気ある方たちのバンジーの感想もご紹介します!

口コミと感想

めちゃくちゃたのしい!紅葉見ながらダイブできる!終わっても周囲にギャラリーが多くて、ヒーローになった気分です。10代・女性

紅葉を見られる余裕があるなんて凄い!

 

最高の達成感が味わえます!またやりたいかどうかというと・・・・笑

ガイドさんがみんなイケメンでしたよ!たのしかったです。40代・男性

最高の達成感が味わえても、2回目をやるかというと・・・wやはりそれだけスリリングなんでしょうね。

 

念願のバンジージャンプはとても良い景色でした!

結婚式前だったので周囲に心配されたけど、無事に生還しましたwスタッフの方がしっかり安全のための装備をつけてくれるし、説明もあるので安心です。

飛ぶ瞬間はあくまでも自分のタイミングみたいで、けっこう皆さんポンポン飛んでいたと思います。写真もちょっと高いけどプロが撮影してくれて、飛んだ後思わず買っていました!

あっという間のバンジーだったけど、やってよかったです!30代・女性

転向は曇り時々雨、順番待ちしている間に雨がやんでくれました。

そして連続2回飛びました!アクションカメラをセットして、飛び出し、晴れてたらよかったなぁ~と思いつつ引き上げられて2回目。2回目はバックで飛びました!

カメラにもしっかり残せて大満足です!40代・男性

連続2回やりたくなるくらいの爽快感が感じられる人はめっちゃ楽しいんでしょうね!

本当に景観が最高でした!!日本一という名に相応しいと実感!

春で温かく気持ちよい天気でしたが、次は秋の紅葉の時期にもチャレンジしてみたい。50代・男性

けっこうみなさん景色を楽しむ余裕まであるんですね。

大学生の最後の思い出作りと、彼女にひどいことして振られた、どうしようもない自分を変えるため!日本で一番高さのある竜神大吊橋のバンジーをしようと決意。

現地スタッフさんの励ましの言葉で、驚くほどすんなり跳べちゃいました!ほんの一瞬だけど、めちゃくちゃ思い出になりました。オプションの写真も綺麗なのでおすすめ!20代・男性

とても楽しかったです!初バンジーのために竜神大吊橋まで足を運んで良かったです。インストラクターさんありがとうございました!とてもノリが良くて面白かったです!また体験しに行こうかなw20代・女性

最高のバンジーでしたよ!テレビで見ていたのとは大違い、予想を遥かに超えた高さとスリルでした。仲間同士で楽しく飛べて一生の思い出です(*‘ω‘ *)20代・女性

日本一高い竜神大吊橋でのバンジージャンプは本当によかった!

あの大自然の中でやるバンジーはすごくよかったです!

スリルはもちろん、スタッフの方も面白く、親切で盛り上げてくれるので最初から最後までたのしかったです!また行く機会があれば、訪れたい場所になりました!20代・女性

 

竜神大吊橋からのバンジージャンプ。秋には紅葉を楽しみながら飛べるかも?!

若い女性も多いですね!その勇気と行動力、尊敬します!

私はまずVRとかで体験できたらしてみたいですねwバンジーのvrが体験できるところってあるのかな?

 

また高いところは苦手な人でも、女子旅にもおすすめの水上アクティビティ、GWの「竜神峡・鯉のぼりまつり」といった竜神大吊橋のイベントなどは下記ページも参考にしてみてください。

また詳しいアクセス方法もこちらで紹介しています。

竜神大吊橋以外の関東三大バンジースポット

 

View this post on Instagram

 

Kotomi Kanekoさん(@kochan.doll)がシェアした投稿

竜神大吊橋以外にも、群馬県で2箇所バンジーを体験することができるようです!

諏訪峡大橋「みなかみバンジー」

諏訪峡大橋「みなかみバンジー」は高低差42m

大人気のブリッジバンジーサイト。

現在までに40,000人以上が体験され、テレビなどでもよく放映されているところ。

基本情報

<水上バンジー>
開催期間 通年(冬期営業あり)
集合時間 9:00~15:30
開始時間の15分前集合
予約締切 前日 16:59まで
住所 群馬県利根郡みなかみ町小日向143
アクセス 車:練馬IC→水上IC(約90分)→水上IC→諏訪峡大橋(約2分)
電車:上越線高崎駅→水上駅→バス(5分)→みなかみバンジー受付

 

猿ヶ京水管橋『猿ヶ京バンジー』

猿ヶ京バンジーは高さ62m

 

猿ヶ京水管橋で開設しているブリッジバンジー!

みなかみバンジーから車で30分の場所で閑静な猿ヶ京温泉エリアに位置します。

 

こちらでも大自然への融合を体感することができますよ!

基本情報

猿ヶ京バンジー
開催期間 通年(冬期営業あり)
集合時間 9:00~15:30
開始時間の15分前集合
予約締切 前日 16:59まで
住所 群馬県利根郡みなかみ町相俣1731
アクセス 車:練馬I.C→水上I.C→猿ヶ京バンジー
電車:東京駅→上毛高原駅・バス(猿ヶ京行)→「学校入口」下車徒歩10分

 

関東の中で高さを比較すると、竜神大吊橋がめちゃくちゃ高いのが分かると思いますw

「体を動かしてアクティブに休日を楽しみたい!」

という方は、茨城県の筑波山にも面白いスポットがありますよ。大人が真剣になっちゃうアスレチックもおすすめ!

>>フォレストアドベンチャーつくばの割引・料金情報!スリル満点な大人のアスレチックがおすすめ

記事内で動画も紹介しているんですが、見るだけでちょっと挑戦したい!と思ってしまいます。

ぜひチェックしてみて下さい。








まとめ

言わなくても分かりますが、勇気と行動力がある人だけができるバンジージャンプ。

口コミを見てみると、

  • 景観を楽しむ
  • 充実感
  • 達成感

などが伝わり、

みなさん一生の思い出になっているようです!

竜神大吊橋から見える自然は、本当に美しい大自然が広がっています。

美しく広大な自然の中で、日本一高いところからバンジーできたら、何か目の前には新しい世界が広がるのかもしれませんね。

いつかチャレンジできたらレポートします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県は海、山、川と自然が豊かで美味しい食べ物とか素敵な場所がある恵まれた土地。だけど魅力度最下位。当たり前のようにここで育ってきた私もイマイチ茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、改めて茨城県の色んな場所に出かけて魅力を発掘し情報を発信していこうとブログを立ち上げました! 問い合わせもいただくようになってきました。 InstagramなどSNSのDMでも受付してます♪