観光スポット

北茨城市の観光は穴場エリア!大人旅に最適なおすすめスポット13選

北茨城 観光

 

茨城県の最北端には「北茨城市」というところがあります。福島県に隣接する街です!

 

北茨城と聞いても何があるかわからない方は「何も無さそう」と思っている方も多いはずです!

 

しかし、実は茨城県の中でも穴場の観光スポット!

紅葉の名所、漁港、映画のロケ地にもなった場所、茨城県内の他の海岸とは違った荘厳な風景とか新鮮な海の幸、冬なら「高級魚あんこう」は北茨城市が本場!

 

観光スポットを巡って、景色を楽しみながら温泉に入ったり、のんびりと北茨城観光をしてリフレッシュしてみませんか?

 

今回は、大人の旅、観光にぴったりな北茨城市のおすすめ観光スポットを紹介します。

北茨城市の観光は穴場エリア!大人旅に最適なおすすめスポット13選

茨城県北茨城市はマップの赤い線で囲まれているエリア。茨城県の最北端の街です。

都心からなら車で2時間強でアクセスすることができます。

 

海が見える宿とかに週末1泊するのもいいですね~!

 

北茨城市は海も山もある場所で、幅広いスポットがあるので大人の旅にも子どもと一緒のお出かけでも楽しめるのが北茨城の魅力の1つです。

 

ネモフィラの丘とか、日本一の〇〇とか、テーマパークがあるような華やかな場所ではありません。(失礼か?笑)

 

茨城県民の私も北茨城市はあまり縁が無く、若いころは「何も無さそうでつまらない」と思っていました。

 

しかし、北茨城市でゆったり落ち着いた時間を過ごすのが良いなぁ~と思うのも大人になったからでしょうか。

 

私は大人旅をするなら北茨城市もおすすめしたいですね!

とっても落ち着ける観光地なので。

この落ち着きがたまらなく癒されそうな予感。

 

穴場スポットである北茨城市の観光地、観光施設をチェックしていきましょう。

北茨城市の観光スポット【五浦海岸】

北茨城 観光 穴場 五浦海岸

五浦海岸(いづら)は、

  • 日本の渚100選
  • 日本の音風景100選
  • 茨城100景
  • 日本の白砂青松100選

に名を連ねる海岸なんです!

「関東の松島」なんて呼ばれるほど茨城県の人気穴場観光スポットなんですよ!

 

太平洋の荒波に侵食されできた大小5つの入江が連なり、高さ50mの断崖絶壁が続く。岡倉天心が愛した地として知られ「日本の渚百選」にも選ばれている。2014年3月には「岡倉天心旧宅・庭園および大五浦・小五浦」が国の登録記念物(名勝地・遺跡関係)に選定された。
引用:北茨城市観光協会

 

岸壁に打ち付ける太平洋の白波。その様子が茨城県内の他の海岸とは違った雰囲気を醸し出していて美しいんです。

 

海岸に佇む「六角堂」も海岸の風景をより一層美しくしているので、景色を楽しんでいただきたいスポットです。

基本情報

五浦海岸
住所 茨城県北茨城市大津町五浦
アクセス JR常磐線大津港駅よりタクシー約5分・バス約15分

 

北茨城市の観光スポット【六角堂】

北茨城 観光 六角堂

北茨城を代表する観光スポット「六角堂」は、日本画の聖地と呼ばれています。

岡倉天心の設計で建てられたものです。

 

六角堂はとても小さい六角形の建物です。

造形の美しさがあり、岡倉天心が六角堂を造る際に3つの要素を取り入れたといわれています。

 

  • 杜甫の草堂である六角亭子の造り
  • 仏堂の構成要素である朱塗りの外壁と屋根の宝珠
  • 炉と床の間を設けた茶室

 

つまり六角堂には、中国、インド、日本といったアジアの伝統思想が、ひとつの建物全体で表現されているのです。東日本大震災の津波により流失、国の復旧予算に加え、多くの方々の寄付金によって、一年後の平成二十四年に創建当初の姿で再建されました。
引用:茨城大学五浦美術文化研究所

この要素で多様な文化をここから発信していたんですね。

ぜひこだわりの詰まった建物を見てみてください。

 

五浦海岸に突き出した岩の上から見える景色が絶景です。

打ち寄せる波にも圧倒されますよ。

日本画のような荘厳な雰囲気に包まれた景色です。

 

日没から21時まで六角堂のライトアップもされています。

基本情報

六角堂
住所 茨城県北茨城市大津町五浦727−2

 

北茨城市の観光スポット【茨城大学五浦美術文化研究所】

北茨城 観光 穴場 茨城大学五浦美術文化研究所▲五浦岬公園から見た六角堂と天心邸

岡本天心が近代日本美術の本拠地を移した土地に、現在は「茨城大学五浦美術文化研究所」があります。

昭和30年に茨城大学の研究所となったそうです。

 

敷地内には旧天心邸、記念館、記念碑など岡倉天心ゆかりのある歴史的建造物が多く残されています。

六角堂・天心邸・長屋門は、「国土の歴史的景観に寄与する」登録文化財として認定されていましたが、2011(平成23)年3月11日の東日本大震災がもたらした大津波により、六角堂は基部以外すべて流出してしまいました。天心邸も床下まで浸水し、少なからぬ損傷を被りました。 入り口の長屋門は管理室・受付として機能していて、使いながら保存する登録文化財の趣旨に合致するものです。急速に観光地化が進むなかで、百年前の在りし日の五浦をしのぶ貴重なたたずまいを見せています。引用:茨城大学五浦美術文化研究所

 

日本の近代美術や文化、歴史の研究を行なっています。

基本情報

茨城大学五浦美術文化研究所
営業時間 4月~9月:8時30分~17時30分
10月・2月・3月:8時30分~17時00分
11月~1月:8時30分~16時30分まで
定休日 毎週月曜日
12月29日~1月3日
入館料 400円
中学生以下無料
住所 茨城県北茨城市大津町五浦727-2
TEL 029-228-8781
アクセス JR大津港駅より車で10分

 

北茨城市の観光スポット【五浦岬公園】

北茨城 観光 穴場 五浦岬公園▲五浦岬公園の展望台と慰霊碑

五浦岬公園は、太平洋に面している公園です。

茨城の景勝地である五浦海岸を望むには絶好のビュースポットです。

 

公園内には散策路が整備されています。

春のゴールデンウィークとか最高に気持ちが良いですよ!

北茨城 観光 穴場 五浦岬公園▲公園内にある映画「天心」ロケセット

岡倉天心生誕150周年記念で作られた映画「天心」のロケセットは五浦岬公園の中に建てられました。現在は一般公開されているので見学することができます。

 

セットの中に入ることはできませんが、当時の生活の様子を忠実に再現されているので、この地で暮らしていた岡倉天心に思いを馳せながら景色も楽しんでみてください。

基本情報

五浦岬公園
営業時間 自由
定休日 無し
入館料 無料
住所 北茨城市大津町五浦
アクセス 常磐自動車道北茨城ICより15分
JR常磐線「大津港駅」よりタクシーで約5分

 

北茨城市の観光スポット【五浦観光ホテル】

北茨城 観光 穴場 五浦観光ホテル別館 大観荘
出典:楽天トラベル

五浦観光ホテルは本館と別館がある北茨城市で人気のホテルです。

本館は和風の旅館で、別館の大観荘は岸壁の上に建つホテルなので五浦海岸、六角堂が一望できます。

 

北茨城 観光 穴場 五浦海岸大観荘
出典:楽天トラベル

温泉からの景色も最高!

絶景を眺めながら温泉に入ったり、新鮮な海鮮、茨城県産の食材を使ったお料理を楽しんで過ごすことができる癒しのスポットとなっています。

 

日頃の疲れ、ストレスから開放されるのにはもってこいの場所ではないでしょうか。

 

ちなみに楽天トラベルから予約をする場合、お得に宿泊できる宿クーポンも配信されていましたよ!(2019年12月現在)

下記リンクよりプランなどチェックすることも可能です。

基本情報


五浦観光ホテル 別館大観荘
住所 茨城県北茨城市大津町722
TEL 0293-46-1111
アクセス 車/北茨城ICより県道69号経由国道6号線から約15分
いわき勿来ICより国道289号経由国道6号から約15分
電車/JR大津港駅下車、駅から車で約5分

 

北茨城市の観光スポット【茨城県天心記念五浦美術館】

北茨城五浦(いづら)海岸は、近代日本画の巨匠である岡倉天心ゆかりの地。

館内には岡倉天心の美術界での業績を語る作品が展示されています。

 

岡倉天心は、急激な西洋化が押し寄せた明治時代に、日本の伝統美術の優れた価値を見出し、近代日本美術の発展に大きな功績を残した人物です。

 

日本の美術や文化を積極的に世界に発信して、国際的な視野で活動してきた方なんです。

詳しくはこちらで紹介しています。

 

観光にもおすすめなのは入場料が安いことにもあります。

大きくて綺麗な美術館なんですけど、所蔵品の見学でしたら大人でも190円で入ることができます。

(企画展はまた別料金です。)

 

ちなみに公式ホームページでは入館料割引券があるので、プリントして持って行くとちょっとお得に入ることができますよ!

→茨城県天心記念五浦美術館・入館割引券

 

敷地内からは太平洋を見渡すことができるのですが、これがまた絶景です。

大人旅にぴったりの穴場観光スポットですね。友達同士でも親と来るのも間違いない!

 

美術館内には「カフェテリア カメリア」も併設されています。

コーヒーからグラスワイン、パスタ、カレー、軽食やスイーツまで用意されているので、美術館を見終えた後に余韻に浸りながら優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

お店のおすすめは「ローストビーフのクロワッサンサンド」ですよ♪

基本情報

茨城県天心記念五浦美術館
営業時間 4/1~9/30まで:午前9時~午後5時
10/1~3/31まで:午前9時30分~午後5時
定休日 月曜日・12/29~1/1
入館料 所蔵品展:一般190円/高大生110円/小中生80円
企画展は企画ごとに設定
住所 茨城県北茨城市大津町椿2083
TEL 0293-46-5311
アクセス 北茨城I.Cより車で約15分、JR大津港駅よりタクシーで約5分または市巡回バス大津港線「五浦美術館前」にて下車で約6分

五浦海岸・岡倉天心ゆかりの地については、こちらでも紹介しています。

>>五浦海岸の観光は岡倉天心ゆかりの六角堂・絶景の老舗ホテル

北茨城市歴史民俗資料館 野口雨情記念館

 

「野口雨情記念館」は北茨城市の磯原で生まれ育った野口雨情の記念館です。

 

誰もが子どものころに歌ったことがある童謡「シャボン玉」などを作ったのが野口雨情さん。

童謡界三大詩人のひとりです!

 

北茨城の記念館の前には野口雨情の像があり、近づくと代表曲である「シャボン玉」のメロディが流れますよ!

さらにはシャボン玉が吹き出てくるという遊び心のある演出も。

 

館内の1階には野口雨情さんの直筆色紙、遺品などの貴重な展示物が見られます。

2階では北茨城市の基幹産業であった炭鉱関係の展示物や農林漁業関係資料を見ることができます。

 

1階のミニショップでは童謡のCD、赤い靴をモチーフにしたグッズが販売されています。

北茨城の観光記念にいかがでしょうか。

基本情報

北茨城市歴史民俗資料館 野口雨情記念館
営業時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
定休日 月曜日(祝日の場合はその翌日)、年末年始(12/29~1/1)
入館料 大人320円(250円)
学生100円(80円)
小中学生無料

※( )内は団体料金
住所 北茨城市磯原町磯原130-1
TEL 0293-43-4160
アクセス JR常磐線磯原駅より徒歩25分

 

大津港と漁業歴史資料館よう・そろー

北茨城 観光 穴場 大津漁港 漁業歴史資料館よう・そろー▲漁業歴史資料館よう・そろー/観光いばらきフォトライブラリーより

北茨城市の大津漁港は歴史の深い港です。

幕末に異国からこの大津漁港に何隻もの船が訪れていたそうです。

 

この大津漁港には地元食材を使ったお食事処や「北茨城市漁業歴史資料館よう・そろー」も併設されています。

大津漁港直送の新鮮な魚や加工品が販売されていますよ!

 

他にもお店が軒を連ね、近海魚、しらすなど地元の解散部鵜、特産品、地元農家さんが毎朝届ける農産物が販売されているので観光のお土産にもおすすめ!

 

大津漁港直営市場食堂では、市場には出回らないような希少な生シラス、その日に仕入れた食材で決まるお刺身が提供されています。

 

現在も船の出入りは多く、大きな漁港。

北茨城 観光 穴場 大津漁港

朝日、夕日の景色に出入りする船が美しい港なので、カメラ好きな方のSNSなどで素敵な写真をよく見かけています。

 

茨城県内随一の施網漁港として年間数万トンの漁獲量がある港です。

 

秋から春にかけては茨城県の特産品、特に北茨城市が本場のアンコウもおすすめです!

ぜひ、本場のあんこう鍋・どぶ汁・あんこう料理などを味わってみてください。

 

毎年「全国あんこうサミット」も開催されていますよ!

>>全国あんこうサミット!あんこう鍋・鮟鱇料理を食べつくし

基本情報

大津港・漁業歴史資料館よう・そろー
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜日
住所 北茨城市大津町
ホームページ http://www.yo-soro.org/
アクセス 常磐自動車道 北茨城ICより15分
JR常磐線「大津港駅」よりバスで5分

 

北茨城市の観光スポット【花園渓谷】

花園渓谷という場所をご存知ですか?

この花園渓谷は1年を通して四季折々の景色を楽しむことができるスポットです。

 

紅葉の名所として茨城百景にも認定されています。

例年紅葉の見頃は11月上旬~下旬になっており、紅葉まつりも開催されるので秋もおすすめの時期です!

 

渓谷美と紅葉が一体となった美しい景色を堪能しに観光客の方でもにぎわいますが、夏の緑の時期もとっても美しいんです!

 

見どころは「七ッ滝」という高さ60mの落差で一ノ滝から七ノ滝まで七段になっている滝です。

見応えのある景色ですよ!

 

他にも花園渓谷一体に与四郎の滝、落雲の滝、箱滝といった色んな滝を見ることができます。

 

自然のダイナミックさとかマイナスイオンに癒されたり、超リフレッシュできるスポットです。

花園神社

北茨城 観光 穴場 花園渓谷 花園神社▲花園神社のシャクナゲ/観光いばらきフォトライブラリーより

麓には「花園神社」があり、樹齢600年の杉の古木があって荘厳な雰囲気。

石楠花(しゃくなげ)が境内にたくさん咲くので春に行くのもおすすめです。

 

大自然の中に朱色の仁王門、拝殿、本殿が見えてくるととても神秘的な雰囲気でもありました。

神秘的ってこんな感じなんだろうなって思うはず。

基本情報

花園渓谷
入場料 無料
住所 北茨城市華川町花園
アクセス 常磐自動車道 北茨城ICより車で約30分
JR常磐線「磯原駅」よりタクシー約35分

 

北茨石の観光スポット【水沼ダム】

北茨城 観光 穴場 水沼ダム▲ダムに映る紅葉!観光いばらきフォトライブラリーより

水沼ダムは昭和41年に多目的ダムとして茨城県内で一番最初に完成したダム。

花貫・花園県立自然公園内にあります。

特に春の新緑、秋の紅葉時期に訪れるのがおすすめ!

基本情報

水沼ダム
住所 茨城県北茨城市華川町小豆畑
アクセス 磯原駅から車で20分

 

北茨城市の観光スポット【北茨城 あじさいの森】

 

北茨城市にはあじさいの名所として知られる「北茨城 あじさいの森」があります。

広大な敷地には1200種28,000株という日本最大級規模であじさいが栽培されています。

 

茨城県内でももちろんトップの品種と数です。

見頃を迎える6月中旬~7月中旬にはあじさい祭りが開催されます。

 

品種の数もものすごいので、日本固有のあじさいから外国の珍しい品種まで楽しむことができます。

梅雨時期の茨城県観光なら「あじさいの森」へ訪れていただきたいですね!

 

5分咲くらいになるとあじさいの森園内は有料になります。

基本情報

北茨城 あじさいの森
住所 茨城県北茨城市華川町小豆畑1138 そば道場(飲食店)地内
入館料 大人 400円
小人 200円(中学生以下)
TEL 0293-42-3306
ホームページ www.ajisainomori.com
アクセス 常磐自動車道・北茨城ICより5km(10分)
JR常磐線・磯原駅よりタクシーで10分

 

北茨城市の観光スポット「磯原二ッ島海水浴場」

北茨城 観光 穴場 二ッ島海水浴場▲ゾウみたいに見える二ッ島

北茨城市の磯原海岸は「二ッ島」がシンボル!

磯原二ッ島海水浴場では、この海のシンボルと白い砂浜、青い海のコントラスト、景色が抜群な海水浴ができますよ!

 

駐車場は無料ですし、簡易シャワーや個室シャワーもあるので家族連れでも安心して遊ぶことができます。

 

北茨城ICから車で約10分なので、観光にも訪れやすい場所です。

 

夏の海水浴シーズンでなくても、日の出時間、夕暮れには美しい景色も見られるのでカメラを片手に景色を楽しんでみてください。

 

その後は北茨城の温泉と美味しい海鮮料理を堪能したら、心も身体もお腹もかなり満たされますよ!

時間を忘れて心ゆくまで・・・。

北茨城 観光 穴場 二ツ島観光ホテル
出典:楽天トラベル

この海岸、波打ち際まで100mのところにある「二ツ島観光ホテル」もおすすめ!

基本情報

磯原二ッ島海水浴場
住所 茨城県北茨城市磯原町磯原

 

北茨城市の観光スポット「ガラス工房シリカ」

 

北茨城観光でガラス作り体験をして思い出の一つを作ってみませんか?

「ガラス工房シリカ」では、ガラス体験を楽しむことができるので観光で訪れる方も多いスポットです。

 

コップや一輪挿しなどが作れる「吹きガラス体験」とか一度はやってみたくありませんか?

他にも

  • サンドブラスト体験
  • とんぼ玉編込み体験
  • ジェルキャンドル体験

といったコースがあります。

体験には事前予約が必要なので、観光の前に申し込んでおきましょう!

 

館内の展示室では現代ガラス作家さんたちが手がけた作品も展示されています。

見学は無料なのでガラス体験をしなくても気軽に入館できますよ。

 

ラウンジでは北茨城市の景色が一望できますし、休憩にはソフトクリームとか食べて一息ついてみるのもおすすめ!

ソフトクリームがけっこう好評らしい!

基本情報

ガラス工房シリカ
営業時間 9:00~16:30
住所 茨城県北茨城市華川町小豆畑2747
TEL 0293-42-3550
ホームページ http://www.studiosilica.com/

 

まとめ

 

いかがでしたか?

茨城県北茨城市って何もなさそうですけど、実は人気の穴場観光スポットがたくさんあるんです。

 

大人の旅にぴったりじゃないですか?

絶対にのんびりと穏やかな時間が過ごせるから、気持ちもリフレッシュされるはずです。

 

週末、連休の予定は北茨城市にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県は海、山、川と自然が豊かで美味しい食べ物とか素敵な場所がある恵まれた土地。だけど魅力度最下位。当たり前のようにここで育ってきた私もイマイチ茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、改めて茨城県の色んな場所に出かけて魅力を発掘し情報を発信していこうとブログを立ち上げました! 問い合わせもいただくようになってきました。 InstagramなどSNSのDMでも受付してます♪