新型コロナウイルス感染拡大により、茨城県南西部の11市町(つくば市・つくばみらい市・土浦市・取手市・牛久市・阿見町・境町・かすみがうら市・古河市・鹿嶋市・坂東市)では、令和2年11月28日から12月13日まで(16日間)外出自粛要請が出ています。

各施設の休館、イベントの延期・中止などの対応が行われているため、最新情報については各施設・自治体のHPをご確認ください。

イベント

全国あんこうサミット2020!あんこう鍋・鮟鱇料理を食べつくし

全国あんこうサミット 北茨城 1月

 

北茨城市が本場の高級魚「あんこう」。

茨城県の最北端の町である北茨城市で「第6回全国あんこうサミット」が開催されます。

 

県内の食の祭典の中でも見逃せない冬グルメのイベントです!

茨城県であんこうが食べられる旬な時期は、11月~3月がシーズンですが、特に12月~2月が肝が大きくなり脂が乗っているから美味しい時期なんです。

その最盛期とも言われるシーズン真っ只中に、安くて美味しいあんこう料理をたくさん食べられるアンコウの祭典が!

 

全国各地のあんこう料理が食べられるイベントですが、今回は2020年の日程やイベントの楽しみ方のポイント・注意点、お店について紹介します。

 

全国あんこうサミット2020!あんこう鍋・鮟鱇料理を食べつくし








全国あんこうサミットは、冬の味覚である鮟鱇の美味しさを楽しむイベントです。

第6回全国あんこうサミット
開催 2020年1月26日(日)
時間 9:30~15:00
場所 北茨城市漁業歴史資料館よう・そろー敷地内

 

北茨城市の「大津港よう・そろー」というが漁業の物産館・資料館がある場所が会場となり、県内外のあんこう自慢のお店が集結します。

西のフグ、東のアンコウと並んで例えられる高級食材なので、なかなか食べる機会も少ないですが、イベントでは安く提供されているので思う存分楽しむことができますよ!

 

あんこう料理もさまざまですが、やはり定番なのは「あんこう鍋」ですね。

あんこう鍋(あんこうなべ)は、アンコウ目・アンコウ科に属する「キアンコウ(ホンアンコウ)」を主な具材とする鍋料理。一般的に「西のふぐ鍋、東のあんこう鍋」と言われ冬の代表的な鍋料理として東日本において広く食べられているが、特に茨城県および福島県いわき市の鍋料理として、多くの店で提供されている。引用:Wikipedia

 

寒い冬には嬉しい鍋です!

鮟鱇は、食材の美味しさだけでなく、栄養価にも優れているので健康や美容効果を期待する女性からも人気です。

 

見た目はちょっと・・・だけど凄い深海魚!

全国あんこうサミットでは、なかなかお目にかかれないアンコウの吊るし切りも披露されます。

あんこうサミットの特徴

  • 来場者数45,000人
  • 出店店舗数は24店舗
  • あんこう鍋はどの店舗も一杯300円!

 

第5回全国あんこうサミットでは、約45,000人の来場者があったそうです。かなり盛り上がっていますね。

いろんなお店であんこう鍋などの料理が販売されますが、なんとどのお店も鍋は1杯300円と一律です。

 

鍋料理なので混雑していても割りとすぐ買うことができます。

安くて美味しいお鍋が食べられるので、何人かで行けば色んな鍋を食べ比べできちゃいますね。

茨城県外からは、青森、山形、福島、石川、熊本、山口といった所から参加!

 

漁獲高日本一は山口県下関市とされているが、茨城県を境に「北のアンコウ」「南のアンコウ」と分けられ、北の海で獲れるアンコウの方が高値で取引されている。特に親潮と黒潮が交わる鹿島灘海域はプランクトンが豊富で質が良く、久慈漁港や日立漁港、平潟漁港で主に水揚げされている常磐物は築地市場で上物とされている。引用:wikipedia

山口県はフグのイメージがありましたが、アンコウの漁獲量も日本一なんですね。

まず、全国あんこうサミットを楽しむためのポイントを紹介します。

 

全国あんこうサミットを楽しむポイント

 

2020年の全国あんこうサミットに初めて来られる方は、参考にしてみてください。

  • 防寒対策はしっかりと!
  • 9時ごろまでに到着すると駐車場も近くに停められる!
  • 小銭や千円札を用意しておこう!
  • どぶ汁は午前中に売り切れる可能性大!
  • まるみつ旅館の売り切れも早い!
  • ティッシュ、ウェットティッシュがあると便利!

 

会場は寒いから防寒をしっかりと!

イベントが開催される場所は海のすぐそば!だからもの凄く寒いです!風も冷たい!

天気が良くても、温かい鍋を食べるとしても、開催時期は真冬なので防寒対策はしっかりとしておきましょう。

朝買ったペットボトル持っていましたけど、ぬるくなっていてカイロ代わりには出来ずでした・・・。特に女性は冷えるので万全にしておきましょう!

9時ごろ到着すると◎

4万人が来場するイベントなので、混雑してくる時間帯だと駐車場も遠くなってしまいます。

イベントの混雑を避ける方法と言えば、早めに到着するのがポイントですね。

割と近くに停められて便利です。

 

イベントは9時半からスタートなので、9時ごろには到着していると駐車場も割りと近くに停めることができます。

人気店・気になるお店は先に行く!

人気のお店は先に回っておくのがベスト。

「二ッ島観光ホテルのどぶ汁」、「まるみつ旅館の鍋」などは人気が高いので、列も並びますが午前中に売り切れたりする場合もあります。

 

なので、狙っているお店や気になる食べ物は、早めに回っておきましょう!

あと!お鍋の器に付いている鍋の汁、持ち歩っていてこぼしたり・・・など意外と手に鍋の汁がついたりします。

 

けっこうベタベタするので、ウェットティッシュを持っていると便利ですよ◎

私は持ってなかったんですが、一緒に行った友達はさすが女子!ウェットティッシュをサッとバックから出してきた^^

といった感じで、全国あんこうサミットを楽しんでいただけるかなと思います。

ここからは出店されているお店を一部ご紹介しますね。

まずは人気店から!








まるみつ旅館

全国あんこうサミット まるみつ旅館 あんこう鍋出典:楽天トラベル

まるみつ旅館さんは、北茨城であんこう鍋のお店と言えばココ!というくらい有名です。

京都で毎年開催される鍋-1グランプリで、2017年(あんこう鍋)・2018年(とらふぐ汁)と2年連続優勝という実績もあるお店です。

ということで、やはり行列ができています。

第9回 全国ご当地鍋フェスタ<鍋 -1グランプリ>

第8回 全国ご当地鍋フェスタ<鍋 -1グランプリ>

日本一に輝いた「とらふぐ汁」は、なんと“とらふぐ×アンコウ”というコラボ!

ダシ、あん肝のスープは意外とあっさりタイプ。だけど白子とあん肝が濃厚です。とらふぐの身も大きめな切り身で食感も楽しめます。

 

あんこうがシーズンオフになる夏場にとらふぐが提供されているんですよね。旅館の温泉を使って養殖されているというのも驚きです。

茨城まで来られないという方はネットでも購入できますよ!


旅館なので宿泊するのもおすすめです。プランや客室情報などは下記よりチェックもできますよ!

施設情報


平潟港温泉 あんこうの宿 まるみつ旅館
所在地 茨城県北茨城市平潟町235

 

二ッ島観光ホテルのどぶ汁

こちらの二ッ島観光ホテルの「どぶ汁」ですがすごい人気!

午前中に売り切れてしまうほどなので、もしどぶ汁は絶対食べたいという方は早めに食べておきましょう!

 

最後にとっておこうとすると売り切れちゃう可能性ありますからね。

食べていないので特徴だけお伝えしますが、コクのある特製味噌のスープに、大きめにカットされた大根、大きくてプルプルなあんこうの身。

おでんみたいとも言われるほど大きな具が印象的です。

 

二ッ島観光ホテルのあんこう鍋は公式ホームページからお取り寄せも可能です。

宿泊もおすすめしています。

朝食が茨城の旅館・ホテルの中でNO.1という楽天トラベルの「朝ごはんフェスティバル」で2年連続茨城代表になっています。

下記リンクで楽天トラベルの口コミなどもチェックできます。

施設情報


二ツ島観光ホテル
所在地 茨城県北茨城市磯原町磯原2553

 

五浦観光ホテルのあんこう鍋

北茨城市の中でも人気のホテル「五浦観光ホテル」

味噌ベースのスープに野菜もたっぷり入ったあんこう鍋。割としっかりとした味付け。

寒い中に熱々のスープが胃に浸みるのがたまりませんね。

 

五浦観光ホテルは、五浦海岸から100mのところにあるホテルです。

観光スポットにもなっている六角堂や美術館もあるので、イベントを楽しんだ後にはぶらり観光もおすすめです。

お食事もホテル館内も豪華、オーシャンビューなので、宿泊先としてもおすすめしています。

楽天トラベルからなら宿泊料がお得になる宿クーポンが配信されています!(下記よりチェック可能です。)

施設情報


五浦観光ホテル 別館大観荘
所在地 茨城県北茨城市大津町722

 

磯原シーサイドホテルはあん肝カレー

 

ホテルや旅館でも「あんこう鍋」は定番料理となっていますが、磯原シーサイドホテルでは「あん肝カレー」が食べられます。

カレーは、あんこうの唐揚げ、ブロッコリーが乗っていてお値段は500円です。

こういう時ってカレーの匂いがたまらなくそそられるんですよね。

 

もし、宿泊予約するなら公式が一番安いです。

https://www.isohara.co.jp/

記事作成時は、楽天トラベルで災害支援のクーポンも配信されていました!北関東の宿がちょっと安く宿泊可能なので下記からチェックしてみてください。

施設情報


磯原シーサイドホテル
所在地 茨城県北茨城市磯原町磯原2553

 

「あんこうチゲ鍋」や「あん肝のみそ漬け」も

 

会場は寒いので、辛いものもうれしい!チゲ鍋好きな私は絶対食べようと思った一杯です。

「よっこらしょっ」というお肉好きによる肉好きのための韓国料理店。

韓国風あんこうチゲ鍋も美味しいです!

 

野菜たっぷりで甘みも感じるチゲ鍋。けっこう辛さは控えめでした。

残ったスープにご飯を入れてもらっている方もいましたね!(絶対美味しいやつですよね!私めちゃくちゃ好き)

これサービス良すぎじゃないですか?

300円ですよ!

山口県下関は「あん肝のみそ漬け」

 

他には、山口県下関市からの出店で、「あん肝のみそ漬け」というものも!お酒好きにもたまらない一品ですよね。

山口県下関市って、あんこうの水揚げは全国でNO.1なんですって!

しかもこぶりの鮟鱇をまな板の上で調理をしています。

 

茨城県では吊るし切りが一般的ですから、地域によっても違いがあるんですね。

アンコウ覇権争い勃発 下関の攻勢に茨城が禁じ手「あん肝にフグ」|Withnews

 

茨城県のお店も、茨城県外のお店も最後にはほとんど売り切れてしまうくらいです。

もし、できるだけたくさん味わってみたい!という場合は、早めに来ることをおすすめしますよ!








まるみつ旅館 あんこう研究所

イベントのお店としても紹介したまるみつ旅館さんでは「あんこう研究所」という施設も運営されています。

 

旅館の向かい側に研究所の建物があり、1階はショップ。あんこうの加工品やあんこうグッズが並んでいるそうです。

気になったのは鮟鱇のコラーゲンを使ったアイテムです!美肌~!アンチエイジング~!

「コラーゲンの雫」というキャンディやコラーゲン風呂といったものがあるんだとか。お土産にもいいですね。

研究所の2階はレストラン。

 

私、知らなかったんですが、

  • あんこうメンチカツ
  • あんこうバーガー
  • あんこうラーメン

といったグルメもあるんですね!

「あんこうメンチカツ」を挟んだ「あんこうバーガー」も手軽に食べられそう!

北茨城のご当地バーガーになりそうですね!

どんどんこの研究所から新しいあんこうグルメが生まれそうな予感^^

あんこう吊るし切り道場

あんこうの吊るし切り。

実際に目の前で見たことがある方は分かるかと思いますが、手際よく解体している様子は真剣に見入ってしまうほどの手際。

あんこう研究所では、この吊るし切りを見学だけでなく吊るし切りの体験までできるプログラムが用意されています。

 

さすが!道場!

観光いばらきのあんこう特集ページでも詳しく紹介されています♪

 

まるみつ旅館 あんこう研究所
住所 北茨城市平潟町235
TEL 0293-46-0569
研究所 9:00〜17:00
吊るし切り道場 月1回開講
完全予約制
料金 吊るし切り見学コース 5,000円
吊るし切り体験コース(1〜5名) 30,000円
吊るし切り習得コース 250,000円(10日間の講習)

 

詳しい開講日、予約、内容などについては、まるみつ旅館へお問合せください。

基本情報・アクセス・駐車場

会場 よう・そろー敷地内
住所 茨城県北茨城市関南町仁井田789-2
時間  9:30~15:00
駐車場 周辺に無料駐車場が多数
アクセス 車:常磐自動車道 北茨城ICより15分
電車:JR常磐線「大津港駅」より車で5分

 

まとめ

全国あんこうサミットは毎年1月に開催される北茨城市の名物イベント。全国から出店者が集まり、あんこう鍋を中心に楽しめます。

おいしいあんこう料理と楽しんだら、ぜひ旅館やホテル、温泉めぐりにも足を運んでみてください。イベントよりさらに充実したサービスと料理が待っています!

【参考資料】

アンコウ覇権争い勃発 下関の攻勢に茨城が禁じ手「あん肝にフグ」|Withnews
https://withnews.jp/article/

あんこう|北茨城市観光協会
http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp/page/page000070.html

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
【茨城観光マイスター認定】県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。茨城の事を勉強しながら、少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報を提供していきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。