神社仏閣

花園神社(北茨城市)は深い歴史と景色に一見の価値あるパワースポット

花園神社 北茨城市 山王大権現 パワースポット

 

春は新緑、秋は紅葉が素晴らしい渓谷にある北茨城市の神社を紹介します。

花園渓谷、山の中にある「花園神社」です。茨城の北部に来るならおすすめの場所ですよ!

 

神社は広大な自然に囲まれていることもあり、荘厳な雰囲気が漂う境内。

その空気感は北茨城市の歴史を物語っていて、この土地の神様の存在を感じることができそうな場所です。

また、紅葉や新緑を見に行かれたり、神社へ参拝に行かれる前に、この神社にお祀りしている山王大権現についての不思議な伝説も知っておくとより参拝を楽しむことができますよ。

 

今回はそんな花園神社の歴史やポイントについてまとめて紹介します。

 

花園神社(北茨城市)は深い歴史と景色に一見の価値あるパワースポット








花園神社があるのは北茨城市の花園渓谷。

神社に続く道路はけっこう細くて急なカーブも続いているので、気を付けてくださいね。

 

北茨城市は県の最北なので、縦長の茨城県だから遠そうですよね。

実際、都内から1時間で来られる場所ではないので距離はありますが、町の中心には高速道路のICもあり、国道6号も通っていますのでアクセスも悪くありません

人里離れた場所なので、北茨城ICからは車で約25分ほどかかります。

花園神社の創建・由緒

花園神社 パワースポット 創建 由緒

神社の始まりは795年(延暦14年)。

坂上田村麻呂が奥州へ向かう途中に不思議な夢を見たということで創建したと伝えられています。

坂上田村麻呂は初代征夷大将軍。

忠臣として名高く、桓武天皇の軍事と造作を支えた一人であり、二度にわたり征夷大将軍を勤めて蝦夷征討に功績を残した。引用:wikipedia

 

当初は神仏習合の霊場でしたが、明治元年の維新政府の宗教政策「神仏分離」によって神社となりました。

花園神社のご祭神

  • 大山咋大神(おおやまくい・山王大権現)
  • 大山祇大神(おおやまづみ)
  • 大物主大神(おおものぬし)

主な御利益には、開運招福、厄除け、疫病除け、試験合格、リフレッシュ、心身壮健、健康長寿などがあります。

花園神社の鳥居

花園神社の手前には花園川があります。神社からさらに登ったとことには清流の水源があるようです。

水の音が聞こえて心地よい気分で橋を渡りながら境内へと進んでいきましょう。

荘厳な境内は、巨大な木々に囲まれています。

ちょっと暗くて、緑色の苔がびっしりとあるので雰囲気がありますね。

花園神社の楼門

花園神社の最初の見どころですね!

楼門は1792年(寛政4年)に建て替えられたもの。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

natsumi(@natsumiming)がシェアした投稿

勅額には山王大権現と掲げられています。(山王大権現は大山咋大神の別名。)

 

ここには802年(延暦21年)から明治初期まで平城天皇の勅額がかかげられていました。(1000年以上ってすごいくない?見られるものなら見てみたかった!)

 

楼門と大きいけど可愛らしい顔つきが印象的な仁王像。

山王大権現は、日吉神社や日枝神社のご祭神として知られています。

 

山王さまのお使いは猿。

一般的に神社というと狛犬が置かれているのをよく目にしますが、日枝神社の境内には狛犬ではなく「猿」が置かれています。

その理由は日枝神社に掲載されていたので引用します。

猿は、もともと神様と人間のあいだをとりもつ存在として、昔から敬われる存在でした。大山咋神が山の神ということもあり、同じく山の守り神とも呼ばれる猿が使いとして重宝されていたようです。「さる」という音から勝る(まさる)」「魔が去る(まがさる)」とも考えられ、勝運の神や魔除けの神として置かれています。音読みの「えん」という音から、猿が「縁(えん)」を運んできてくれると考え、商売繁盛や縁結びの祈願を受けに来る方も多くいます。引用:日枝神社

 

山と猿は深い関係があったということですね。そんな関係は花園神社の拝殿でも見ることができます。








花園神社の拝殿・本殿

花園神社 社殿 拝殿 シャクナゲ▲茨城フォトライブラリーより

楼門をくぐって階段をのぼっていくと拝殿が現れます。

1851年(嘉永4年)に再建されています。神楽殿と並んで赤い社が印象的です。

 

社殿の屋根には、金色のサルの面があります。

正面と左右にもあります。

 

この猿は「魔が去る」という魔除けの意味があるようです。拝殿の裏手に回ると本殿があります。

ご祭神を祀る本殿です。

天保3年(1832年)に再建されました。

こちらの本殿の屋根にも正面に猿の面。しかし左右には猿ではなく鬼の面がありました。

 

さらに注目ポイントは屋根の下にある彫刻です。

見ざる、言わざる、聞かざるの三猿。

日光東照宮にあるものと同じかな?

 

徳川家康を御祭神とする日光東照宮。花園神社と何か関係があるのか?と思ったところつながりがありました。

慶長7年(1602年)、徳川家康が社頭領五十石の朱印を寄進したほか、歴代将軍が同御朱印章書が寄せられた。

徳川幕府とはこのような関係があったのですね。

 

花園神社は全国東照宮連合会にも加盟しています。(水戸市の水戸東照宮も)

 

このような歴史があるとは驚きです。

戦勝祈願で坂上田村麻呂や源頼義、義家(八幡太郎)も足を運んでいます。

 

勝負事の前に戦勝祈願をしに来るのも良いですね!

御神木の天狗槙(高野槙)

花園神社には神聖なパワーを授かれるという御神木、古木があります。

御神木の高野槙

拝殿脇にある御神木「高野槙(こうやまき)」

花園神社の中でも特にパワーを強く放っているスポットだそうですよ!

  • 樹齢600年以上
  • 幹囲4.5m
  • 高さは30m

こちらの巨木、別名「天狗槙(てんぐまき)」と呼ばれ親しまれています。

銘木「三本杉」

脇道にご神木ではありませんが「三本杉」があります。

  • 高さは48m
  • 太さ8.5m
  • 樹齢700年

県指定文化財の銘木。

 

地上10メートルのところで三本にわかれているのも特徴です。

三本杉の真ん中は、お母さんのお腹に赤ちゃんがいるように見えると言われ、子宝や安産のご利益があると言われています。

(夫婦円満のご利益もあるとか。)

 

昔は根元に熊野神社が祀られていたために「熊野杉」とも呼ばれています。

 

三本杉は大きさにも驚きますが、三本に分かれている所が高いのもすごいです。

三本杉というと日立市の「御岩神社」も有名ですが、また違う印象ですね。

 

花園神社の境内には200本もの巨杉があり、樹齢500年を超える古木が立ち並びます。

いずれも県の天然記念物に指定されています。

長い時を人々を見守り続けてきている古木に尊厳を感じます。

 

日頃から溜まっている疲れ、邪気を払いたい方は、ここで思い切り深呼吸をしてご神木から神聖なパワーを授かってみましょう。

神社の境内や周辺に樹叢(じゅそう)って自生した樹木たちだからどこか神秘的な感じがあって、自然に癒されますよね。

こういった周りに古木とかがたくさんある神社も好きです。

 

茨城県内だと御岩神社、酒列磯前神社、大甕神社とかですかね。

花園神社の御朱印とお守り情報

花園神社の御朱印。

初穂料 300円

参拝がライトアップ期間中でしたので、右端にもみじが。。とっても可愛らしい♪同じ時期に限定お守りもありますよ〜!

お守り・神玉

花園神社では「神玉(かみだま)」というものが領布されています。

茨城県北地域の8つの神社で行われている企画で、8つの神玉を集めると願いが叶うと言われている「神玉巡拝」です。神玉を紐でつなげると「大願成就」のお守りに。

8つの神社の中で花園神社は1番北に位置する神社なので、神玉巡拝をスタートされてみたはいかがでしょうか。

>>茨城県日立市の神社でドラゴンボール(神玉)集め!大願成就の神玉巡拝の頒布地と初穂料

こちらで神玉巡拝の領布地や期間、料金などについて紹介しています。








花園神社のシャクナゲ

花園神社 石楠花 花園山シャクナゲ群落

5月のゴールデンウィークあたりになると、花園神社に石楠花(しゃくなげ)が薄紅色の花を咲かせます。

 

  • シャクナゲはツツジ科の常緑灌木
  • 見頃時期は4月下旬~5月上旬

かつては花園山一帯に自生し群落を作っていましたが、現在は弁天様の社がある池、七ツ滝の周辺などごく一部に見られます。

花園山シャクナゲ群落|茨城県教育委員会

 

花園神社を参拝したあとには、花園渓谷へ向かってみましょう。

 

新緑や紅葉の時期に限らず、カメラやスマホを持った方が写真を撮影しているくらい景色も良く、空気も良くてリフレッシュできる場所です。

 

紅葉の時期も本当に素敵な景色が見られます。

茨城県の紅葉スポットとしても人気な場所なので、秋の茨城観光ならこちらもおすすめですね!

花園渓谷の紅葉まつりについてはこちらでまとめています。

>>【花園渓谷】紅葉・新緑の人気スポット!見頃や駐車場情報やおすすめ宿まで丸ごと紹介

「石尊の滝」の湧き水

石尊(せきそん)の滝でお水取りをしてみます?

花園神社周辺の参道は花園山の麓で湧き水がたくさんあります。

 

境内には採水場はありませんが、駐車場を出てすぐ花園川に架かる神橋の近くに岩間から湧き水がでていて、ペットボトルに入れて行かれる方も見かけました。

涼やかなパワーを感じるスポットと言われていますよ!

 

北茨城市の花園神社:アクセスと駐車場

花園神社
住所  茨城県北茨城市華川町花園567
駐車場 無料駐車場・60台あり
アクセス 車:常磐自動車道 北茨城ICより車で約25分電
車:JR常磐線「磯原駅」よりタクシー約30分
電話番号 0293-43-9212(北茨城市観光協会)

 

駐車場

神社の最寄り駐車場は、市営駐車場の先にあります。看板の先を直進すると右側に神社が見えます。

さらに先へ進むと右側に駐車場が見えてきます。

(ライトアップを見に行く場合はこちらがおすすめ)

 

11月の紅葉まつり時期に開催される神社のライトアップイベントでは、市内の最寄り駅磯原駅から無料バスの運行があります。

参拝後には花園渓谷の滝めぐり

さきほど花園神社の参道にある「石尊の滝」を紹介しましたが、花園渓谷には他にも滝がいくつかあります。

花園渓谷は花園花貫県立自然公園に指定され、県の指定文化財に指定されるスポットも点在します。

七ツ滝

神社の奥へと進んでいくと「七ツ滝」を目指すことができます。

道路は狭いですが車で途中まで行くことができます。(少し広くなったところがあるのでそこに駐車)

 

橋を渡りしばらく進むと鳥居、「七ツ滝・奥の院 入口」とあります。

 

花園山付近の花園川の浸食によって作られた高さ60mある滝です。

七滝龍神の碑が建立されていますが、たしかに滝が龍のようにも見える場所です。

 

次に七ツ滝からは車で20分かかりますが、「千猿の滝」へも足を運んでみてはいかがでしょうか。

千猿の滝

「千猿の滝」は花園渓谷の上流部にある猿ヶ城渓谷の滝。

この他に与四郎の滝、落雲の滝、箱滝があり、趣の異なった滝巡りができますよ!

亀谷地湿原

花園渓谷 亀谷湿地帯 ミズバショウ群生地

亀谷地湿原では、新緑の時期にミズバショウを見ることができます。

テラスで可憐で美しい花を見るのもおすすめです。

 

花園渓谷
住所 北茨城市華川町花園
駐車場 60台(花園市営駐車場)
入場料 無料
アクセス 車:常磐自動車道 北茨城ICより車で約30分
電車:JR常磐線「磯原駅」よりタクシー約35分

 

まとめ

北茨城市の花園神社は山王大権現をお祀りする神社です。

由緒や伝説を知ると、山奥に佇む神社には深い歴史があることが分かりました。

 

また四季折々の景色も素晴らしい場所なので、神社のパワーと自然のパワーで心身ともに涼やかなエネルギーをチャージできそうですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。