観光スポット

茨城の自慢!日本三名園の水戸『偕楽園』!梅だけじゃなく裏側もステキ

水戸 偕楽園 梅

 

茨城県水戸市と言えば、

古くから日本三名園として知られている

『偕楽園』は梅の名所で有名です。

 

私も梅の時期に何度か行ったことがありましたが、

 

確かに梅の見応えはあります!

 

でも偕楽園って日本三名園と言われるのに

大したことないなぁ~

と思っていたんですw

 

どのあたりが日本の三大名園なんだ??と。

 

その時は何も分かっていませんでした。

 

なぜかと言うと、

「偕楽園の歩き方」を知らなかったから!!

 

「梅まつり」には観光で多くの方が訪れますが、

せっかく偕楽園へ足を運ばれるなら、

 

偕楽園が日本三名園と呼ばれる

その魅力を存分に味わっていただきたい!

 

偕楽園の通な歩き方

歴史や美しい景色を見ることができました!!

 

大人の旅におすすめです!

日本三名園の水戸『偕楽園』!梅だけじゃない魅力

古くから日本三名園として知られる偕楽園。

1842年、常陸国水戸藩第九代藩主の徳川斉昭によって造園されました。

 

梅の名所であり、

およそ100品種3000本の梅が早春に花開きます。

梅を見るだけじゃない偕楽園の「陰と陽の世界」

 

偕楽園の表門から歩いていくと、

孟宗竹林、大杉森、クマザサが茂る

幽遠閑寂な「陰の世界」

が広がります。

 

陰の世界を抜けると、

好文亭が現れ、見晴らしが開かれ、

 

そこが「陽の世界」と呼ばれているのです。

 

偕楽園記には、この陰と陽について

斉昭公によって以下のように記されているんです。

 

「陰と陽の相反するものの調和によって、万物は健全育成するという原理に基づき、人間もまた屈伸して身体や心の調和を図り、修養につとめよ」

 

簡単に言うと、

陰と陽みたいに真逆なものでバランスを取って、

メリハリをつけよう!

 

という感じなのでしょうか。

物凄く砕いた言い方をしましたが・・・。

 

陰の世界から陽の世界へと歩くと、

偕楽園の本来の姿

を知ることができるのです。

 

それが偕楽園の歩き方。

 

ここから紹介する偕楽園の歩き方で、

今後行かれた際の参考にしてみてくださいね!

 

『偕楽園』はこうして歩く!ツウな歩き方!

水戸 偕楽園 梅

建てられた当初、

偕楽園は表門(正門)から入るのが一般的でしたが、

現在は東門からも入ることができます。

東門から入りたくなるけどちょっと待った!

水戸 偕楽園 梅

「偕楽園駅」は、

春の梅まつりの期間中のみ停車する臨時駅。

 

駅を降りれば目の前が偕楽園!

 

電車で来られる場合は、とてもラクチンです。

 

駅とは言ってもローカル線の秘境駅的な駅ですけどね(笑)

 

駅を降りてすぐに向かいの丘を登れば、

偕楽園の東門に到着します。

 

東門をくぐれば、

偕楽園の梅林が広がっています。

 

初めて訪れる方はもちろん、

本来の歩き方を知らないと

「わぁ~!梅だぁ~!」といって

この梅林に喰らいついてしまうんです。

 

見事なので!

 

しかし、ここの梅林に吸い寄せられては、

陰と陽の魅力を楽しむことができません!

 

着いてすぐ門をくぐって、

偕楽園らしい光景を目にすることができて、

めちゃくちゃ分かりやすいのですが、

 

ちょっと待った!!!

 

知らずに偕楽園に行くと、

東門から入ってすぐに梅を見て、

終わってしまう場合が多いのです。

 

この歩き方を知らない方も多いんですよ。

地元に住んでいるのに知らなかった私(笑)

偕楽園のツウな歩き方①入口「好文亭表門」から回る

水戸 偕楽園 梅好文亭表門

 

偕楽園の入口に当たる

好文亭表門(こうぶんていおもてもん)

 

趣のある偕楽園の表門です。

 

駅からすぐの門(東門)は、

実は偕楽園の裏門的場所。

 

偕楽園の本来の歩き方は、

ちゃんと入り口から入って、

道を辿りながら見所を順番に見て、

最後に梅を観ましょう!

というコースなんです。

 

ぶっちゃけめんどくさいなぁ~。

と思いました(笑)

 

しかし、

偕楽園の歩き方にこだわる理由がそこにあるので、

ぜひショートカットせずに回っていただきたい!

 

偕楽園のツウな歩き方②「一の木戸」の門をくぐり竹林を歩く

 

好文亭表門をくぐるとさらに門が現れ、

 

「一の木戸」いちのきどという二の門です。

 

水戸 偕楽園 歩き方

ここの雰囲気、

「表門」の割には奥が薄暗いんです。

 

鬱蒼とした林が広がる感じ。

 

暗い雰囲気がどうなの??

と思いますが、

こんな景色が広がります!

 

水戸 偕楽園 歩き方孟宗竹林

 

整った竹林は美しく、通路も広いので

むしろ開放感です!

 

京都好きなので、

美しい竹林は見たことがありますが、

偕楽園の孟宗竹林も綺麗ですよ!

 

偕楽園のツウな歩き方③大理石で作られた「吐玉泉」

 

杉林を進むと、

途中で道が分かれ下の方へ降りる道があります。

 

すると大理石を削って作られた泉が現れます。

 

水戸 偕楽園 梅吐玉泉

 

その泉は、

「吐玉泉(とぎょくせん)」と呼び、

1日におよそ100トンの水が湧く。

 

徳川斉昭が偕楽園の造園のときに、

付近の高低差を利用して湧き水を集め、

景観を配慮して大理石の白い井筒を据えたそうです。

 

この湧き水は、

眼病に効くとも言われているようです。

 

薄暗い中で、

大理石が映えるスポットです!

 

「陰の世界」は、日本庭園というより

自然の山の中を散歩している気分になります。

 

この景観は、

兼六園や後楽園にはないもので、

 

偕楽園ならでは!!

 

偕楽園のツウな歩き方③「好文亭中門」をくぐり「好文亭」へ

水戸 偕楽園 梅

しばらく歩いていると、

「好文亭中門」が現れます。

 

くぐると偕楽園の象徴でもある

「好文亭」があります。

 

偕楽園のツウな歩き方④「好文亭」

水戸 偕楽園 梅好文亭

 

好文亭は、徳川斉昭が詩歌や管弦楽器の催事を通し、

心身ともに癒されることを目的として造った建物。

 

ちょっとした豆知識。

「好文」は中国の故事に基づいたもので

「梅(好文木)」を意味しています。

 

偕楽園の見所「好文亭」

好文亭の拝観料は大人200円。

 

好文亭は入場料がかかりますが、

 

偕楽園は誰でも気軽に庭園を楽しめるように、

ずっと入園料はとっていないんです。

 

入園料がかからないのは、

日本三名園の中で偕楽園だけなんだそうです。

 

良心的だし好感が持てる~!

 

好文亭は偕楽園に来たら

ぜひ観ていただきたいスポットなので、

ぜひ中に入って楽しみましょう。

偕楽園のツウな歩き方⑤「好文亭」の中を楽しむ

 

この好文亭が

偕楽園の陰から陽の世界へと切り替える場所

とも言われています。

 

好文亭の中に入ることができますが、

梅まつりなどの期間中は大変混みます。

 

中の3階に登る階段も急で狭いので、

渋滞が起きてしまうんです・・・。

 

好文亭の中には、いろんな部屋があって、

それぞれにテーマがあるんです。

 

  • 桃の間
  • つつじの間
  • 竹の間
  • 紅葉の間
  • 梅の間

 

襖に描かれているは偕楽園のワンシーンなんでしょう。

 

美しいです。

偕楽園のツウな歩き方⑥「好文亭」3階から見える景色

水戸 偕楽園 梅

お庭が見えてくると

陽の世界へと入っていきます。

 

クライマックスの好文亭3階は、

一気に視界が開けてダイナミックに世界が変わります。

 

偕楽園はめちゃくちゃ広い場所で、

ここまで歩いてきたのが

偕楽園の「本園」

 

さらに線路を挟んだ本園の隣の

梅林、広大な広場、千波湖は

「偕楽園拡張部」となっています。

 

総合的に「偕楽園公園」と呼びますが、

その広さは300ヘクタール。

 

兼六園の約30倍。

ニューヨークのセントラルパークに次ぐ

世界第二位の規模!

 

この広い公園を見渡すことができるのは、

何とも心地よいものです。

偕楽園のツウな歩き方⑦「芝前門」

水戸 偕楽園 歩き方水戸 偕楽園 梅

好文亭から「芝前門」をくぐれば、

水戸偕楽園らしい梅の世界!

 

水戸 偕楽園 梅

好文亭を出て、見晴らし台でも梅を楽しむ。

という偕楽園の歩き方でした。

 

歩くのが面倒くさくない?

と思いますが、

 

この歩き方が、

ホンモノの偕楽園の良さを

味わうことができるルートです。

 

日本三大庭園の中でも、

こんな楽しみ方ができるのは偕楽園だけ。

 

ぜひ「陰と陽」の移り変わる世界観というのを

堪能してみてはいかがでしょうか。

 

なかなか面白いです!!!

 

偕楽園の年間イベント

 

偕楽園は『梅まつり』が有名ですが、

梅が咲く時期以外にも

素敵な花とともに景色を楽しむことができます。

 

水戸梅まつり

  • 開催時期:2月20日~3月31日頃
  • 場所:偕楽園・弘道館

春の先駆けのイベントとして、

期間中は全国から多くの方々が訪れます。

 

弘道館では、

偕楽園とは違った趣の中で静かに梅を鑑賞することができます。

 

3月上旬から中旬には、

偕楽園本園でライトアップ

もされているので夜もおすすめ!

>>『茨城で梅を観るなら?梅酒も楽しめる?おすすめ観梅スポット6選』

水戸の桜まつり

水戸 偕楽園 梅偕楽園 梅まつり

開催時期:4月1日~4月15日

 

4月になると

梅の花が少し残りながらも桜が咲き始める偕楽園。

 

見晴広場には桜が咲き、美しい景色を堪能できます。

>>『【茨城】春の水戸観光!「水戸の桜まつり」6ヶ所の名所を紹介』

水戸のつつじまつり

水戸 偕楽園 梅偕楽園 つつじ

開催時期:4月下旬~5月中旬

 

霧島つつじ、どうだんつつじなど

約380株が咲くつつじまつり。

 

市民観光ボランティアによる

観光案内や野点茶会など開催。

 

水戸黄門まつり

  • 開催時期:8月第1金曜日~日曜日
  • 開催場所:水戸市内

まつり期間中には、

偕楽園公園の千波湖で

約4,500発以上の花火が打ち上げられます。

 

その他市内で、

山車巡行 、神輿渡御 、

水戸黄門パレードなどのイベントが開催。

 

水戸の萩まつり

水戸 偕楽園 梅偕楽園 萩
  • 開催時期:9月1日~9月20日頃
  • 萩まつりライトアップ:9月初旬~中旬、中秋の名月

 

9月の中旬頃には、

偕楽園の見晴らし広場、好文亭下に

紅紫色や白色の萩の小さな花が一面に咲きます。

 

萩まつり期間中は俳句大会や野外琴の会などを開催。

中秋の名月には偕楽園が夜まで開放。

 

ライトアップされると

虫の音と共に本園見晴広場の

幻想的な萩群を楽しむことができます。

 

もみじ谷のライトアップ

水戸 偕楽園 梅もみじ谷
  • 開催時期:11月初旬
  • 場所:偕楽園拡張部・もみじ谷

真紅に燃える紅葉が

ライトアップされる景色も素敵です!

 

まとめ

 

日本三名園は、「雪月花」

で当てはめて言われることが多いそうで、

雪が兼六園

月が後楽園

花が偕楽園。

 

『花』がぴったりですよね!

 

偕楽園の陰と陽の世界と

1年中季節の花によって変わる景色、

 

ぜひみなさんも足を運んで堪能してみてください!

ABOUT ME
KYOKO
大人な年齢になって地元の良さに気付いたので、私自身も茨城観光をしながらその魅力をお伝えしていきます!コーヒー好きなのでおすすめのカフェもたくさん紹介していきたいと思います♪Instagramでも情報発信中です。Please follow me!May your everyday be a good-day!