イベント

【水戸黄門まつり】花火大会やお祭りの2019年の日程や場所は?

2019年 黄門まつり 水戸 日程

 

毎年8月初旬に3日間に渡って

開催されてきた「水戸黄門まつり」

 

2019年はこれまでと違ったお祭りになりそうです!

 

花火大会や本祭りの日程は大きく変更されたり、内容もリニューアルするんだとか。

 

今年の生まれ変わる水戸黄門まつりは期待大!

 

ということで、

2019年の水戸黄門祭りの内容、日程や場所などをご紹介したいと思います。

 

2019年「水戸黄門まつり」はリニューアル!花火大会やお祭りの日程や場所は?








 

水戸黄門まつりの始まり

 

水戸黄門まつりの始まりは、1961年に「水戸黄門」の映画のロケが水戸市で行なわれたとき、出演俳優が黄門様の衣装で水戸市役所を訪れたのがきっかけなんだそうです。

 

それが黄門祭りのきっかけ、アイデアが生まれたようです。

 

その年、1961年(昭和36年)の8月に「第1回水戸の七夕黄門」が行なわれたという。

 

水戸黄門まつりは、水戸市の中心市街地をステージに、8月の第一金・土・日の3日間に渡って毎年開催されて、

  • 金曜日:花火大会
  • 土・日曜日:本祭り

という日程、千波湖、上区・下区などいくつかの会場で行われてきました。

 

観客数は毎年95万人前後の方が訪れ、2019年で56回目を迎えます。

 

2019年 黄門まつりの日程

 

2019年の水戸黄門まつりは、

 

花火大会と本祭が全くの別日程で実施され、

分かれていた会場も集約されることになったそうです。

 

花火大会は7月に開催!スケールアップします

 

View this post on Instagram

 

Mitsuhiro Tamuraさん(@m.tamx2)がシェアした投稿

毎年8月の第一金曜日に行われていた花火大会は、

 

日程が7月中の週末になったので

遠方からでも来やすいようになるということ!

 

開催は、

2019年7月20日(土)

19:30~21:00(予定)

※荒天時は8月24日(土)に延期

 

しかも、約5000発だった花火も

リニューアルで内容もスケールアップ!!

 

7000発に!←2000発も増えたよ!!w

 

お祭りの目玉「黄門パレード」が廃止!

 

さらに黄門パレードという

お祭りの目玉となっていたパレードが廃止されるとか!

 

2018年は茨城県鉾田市出身の

お笑い芸人「カミナリ」がゲストで登場していました。

 

 

View this post on Instagram

 

@zaki.uzuraがシェアした投稿


パレードが廃止されて新たに行われるのは、

  • 魅せる
  • 体験

をテーマにしているということで、

お祭りに来られた方たちが楽しめる

参加型になるのではないでしょうか?

 

いくつかの会場に分かれていましたが、

会場を集約して、伝統工芸品の「提灯行列」や

高さ約4メートルを誇る国内最大級の「ふるさと神輿渡御」など、

観客が参加できるイベントが開催されるそうです。

 

水戸黄門まつり・花火大会の席やチケット情報は?

 

View this post on Instagram

 

ayaka kondoさん(@ayk.k)がシェアした投稿

毎年行われていた花火大会では、

有料席やチケットなどはございませんでした。

 

2019年は内容も日程も大きく変更されるので、

まだ詳しい情報は分かりませんが、

 

会場は例年とおり、

千波湖で行われることは変わりないだろうと思います。

 

なので!

水戸の花火大会の穴場スポットをご紹介します。








花火大会の穴場スポットは?

 

View this post on Instagram

 

ゆうくんさん(@yukun_jump)がシェアした投稿

花火大会はぜったいゆっくり観たいですよね。

 

毎年35万人は訪れる花火大会なので、

今年はさらに増える予感!

 

当ブログをご覧の方へ向けて、穴場スポットをご紹介します。

 

千波湖の北側

 

千波湖で開催されますが、

会場の北側は比較的空いていておすすめの場所。

 

とは言え、

会場なので始まる前に場所取りは必須です!

 

水戸サウスタワー

 

水戸駅から徒歩2分でいける

水戸サウスタワーというビルがあります。

 

こちらは10階・11階の飲食店で花火を観覧することもできます。

 

ただ、どの飲食店の席からでも

見られるわけではないので、予約は必須ですよ!

 

逆川緑地

 

会場から少し離れた逆川緑地。

 

夏は子どもが水遊びできる公園でもあり、

良い場所が確保できると打ち上げ花火も綺麗に見ることができます。

 

千波公園西の谷

 

会場のすぐ隣の千波公園の中にある西の谷エリア

 

ここも人気のスポットなので早めの場所取りは必須です。

 

茨城県庁展望階

 

千波湖の会場からは離れていますが、

茨城県庁の展望フロアからも

千波湖の花火は綺麗に見ることができます。

 

高いところから見られれるので、

また違った美しさを楽しむことができるのではないでしょうか。

 

周辺に美味しい飲食店も多いので、

花火後に食事を楽しむこともできますよ!

 

水戸黄門まつりのアクセス方法

黄門祭りの会場については後日分かり次第記載いたします。

 

花火大会会場・千波湖

  • 徒歩:水戸駅南口から徒歩約15分
  • バス:水戸駅南口から「文化センター入口」下車(170円)
  • 車:常磐自動車道水戸ICから20分

 

水戸駅周辺・千波湖周辺の駐車場

 

 

黄門まつりは水戸グルメ屋台もおすすめ!

 

View this post on Instagram

 

Masami Suzukiさん(@masami.keyma)がシェアした投稿

毎年、黄門まつりでは屋台もたくさん出店しています。

 

「泉町屋台村」があり、グルメ屋台が出ているので

水戸グルメも食べ歩きしてみてください!

 

水戸納豆ケバブなどのご当地メニュー楽しめますよ!

グルメ目当てでお祭りに来られる方も多くなっています。

 

今年は屋台村も楽しみになりそうですね。

 

毎年行われているお祭りなので、

正直最近は黄門まつりに足を運ぶ

ということはしていませんでしたが、

 

今年は花火大会も黄門まつりも期待が高まっております♪

 

詳しい情報は分かり次第、更新していきますよ!

 

ABOUT ME
KYOKO
大人な年齢になって地元の良さに気付いたので、私自身も茨城観光をしながらその魅力をお伝えしていきます!コーヒー好きなのでおすすめのカフェもたくさん紹介していきたいと思います♪Instagramでも情報発信中です。Please follow me!May your everyday be a good-day!