アウトドア

日川浜オートキャンプ場で海キャンプ!電源付きサイトが安くておすすめ!

日川浜オートキャンプ場 神栖市

 

は茨城県神栖市にある市営のキャンプ場「日川浜オートキャンプ場」を紹介します。

オートキャンプサイトが格安で、初心者から上級者・ソロキャンパーまでおすすめのスポット。

 

鹿島灘ではマリンレジャーの拠点としても人気であり、さらに市営なのでリーズナブルに年間通して利用することができます。

都心からもアクセスしやすい場所なので、海キャンプしたい方におすすめの場所です。

 

海水浴シーズンも人気のキャンプ場「日川浜オートキャンプ場」を施設や料金・割引情報までまとめてみました。

 

日川浜オートキャンプ場で海キャンプ!電源付きサイトが安くておすすめ!








(↑途中からドローンで撮影しているので、場内の雰囲気が分かりやすい動画です。)

普段は山の方でキャンプをするけど、たまには海キャンプも良いなと思いませんか?都心だとなかなか海キャンプを楽しめるスポットも少ないですよね。

 

そんなときにおすすめなのが、今回紹介する茨城県神栖市の「日川浜オートキャンプ場」です。

神栖市は、東関東自動車道の潮来ICから約30分でアクセスすることができます。(東関東道は渋滞も少ないのがうれしい!)

都心からもアクセスが良好です。

 

電源付きのオートキャンプサイトが一泊3,600円なんですよ!首都圏内のキャンプ場と比較するとけっこう安くないですか?

市営のキャンプ場なので施設の利用料金の安さも魅力となっています。

 

緑もいっぱいで開放感あふれるキャンプ場は、日本オートキャンプ協会の評価で「3つ星」に認定されています。

夏の海水浴シーズンは特に人気のスポットです!

まずは基本情報から。

基本情報

神栖市営日川浜オートキャンプ場
住所 茨城県神栖市日川2036-124
TEL 0299-97-0567
営業期間 通年(定休/火曜、7/1~9/31は無休)
チェックイン
チェックアウト
14:00
10:00
ホームページ 神栖市営 日川浜オートキャンプ場

 

近くに「神栖オートキャンプ場」があるので、間違えないようにしましょう。

>>神栖オートキャンプ場は海が近い!コテージやバンガローの口コミまとめ

 

神栖市営日川浜オートキャンプ場

 

この投稿をInstagramで見る

 

日川浜オートキャンプ場(@nikkawahama)がシェアした投稿

「神栖市営日川浜オートキャンプ場」は日川浜海水浴場に隣接していて、場内はこのように縦長になっています。

日川浜オートキャンプ場 園内 説明出典:日川浜オートキャンプ場

入口にはまず右手に駐車場とゴミ捨て場、左側にシャワー室と管理棟、さらに奥に炊事場があります。

(駐車場は各サイトの横にあるので全部で3ヶ所)

管理棟には受付の他に必要最低限のキャンプ用品の販売とレンタルも行われています。薪も買えます。(利用当時は杉の薪が400円でした)ランタンやバーナーはレンタル品。

 

キャンプのゴミは、神栖市指定のゴミ袋(可燃・不燃それぞれ1枚50円)を購入すれば捨てることができます。

場内のサイト

場内の各サイトと数はこのようになっています。

場内のサイト
  • オートキャンプサイト(全46サイト)
  • フルフックアップサイト(全4サイト)
  • テントサイト(全11サイト)
  • グランピングサイト(全4サイト)
  • キャビン(2棟)
  • バーベキュー広場(3ユニット)

キャンプ場中央には、水洗洋式トイレ(バリアフリー)、シャワー室、水場があります。シャワーはコイン式(3分100円)です。

 

炊事場はお湯が出ません。

ただ、電気ポットが置いてあって自由にお湯を使うことができます。冬はお湯があると特にありがたいですよね。

 

キャンプ場の奥のキャビンとフリーテントサイトのところにもトイレと炊事場があります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiro E(@1.roshi)がシェアした投稿

場内の通路は舗装してあって平坦なので、車での通行に不便はありません。

 

[スポンサーリンク]








オートキャンプサイトは電源付き!

 

この投稿をInstagramで見る

 

T0hru M1yaue(@web_guide)がシェアした投稿

「オートキャンプサイト」は道路を挟んで左右に並んでいます。

全部で48区画あるオートキャンプサイトは、10m×10mの広さで電源付き、地面は芝生で水捌けも良好なサイトです。(2区画だけ電源なし)

全て芝生&直火禁止です。

 

芝はキレイに駆られているし、両脇は垣根で区切られています。

サイトの電源は1つの電源(20A)を2区画で使用します。(間違えて2つ使わないように!)

ブレーカーが落ちないように、使用する電気器具のアンペアを確認して持参しましょう。

快適なスペース

車を横付けして、タープ、ツールームテントを張ってもスペースは快適です。

タープや車の置き方次第で目隠しにもなるので、プライベートも確保できます。

 

面積 約10m×10m
電源 10V
区画数 電源あり46区画
電源なし2区画
横付け可能
チェックイン 13:00~18:00
チェックアウト ~11:00

 

フルフックアップサイトは広くて便利で人気!

 

この投稿をInstagramで見る

 

T0hru M1yaue(@web_guide)がシェアした投稿

キャンプ場中央付近にある「フルフックアップサイト」

10m×15mと広めのオートサイトで、電源と水道が付いている芝生のオートサイトが4つあります。

 

電源と水道付きは便利なので人気!4サイトのみなので予約はすぐに埋まってしまいます。

 

基本的に車1台+テント1張り+タープ1張り。

フルフックアップサイトの基本情報

面積 約10m×15m
電源 20A
水道 あり
区画数 4区画
横付け可能
チェックイン 13:00~18:00
チェックアウト ~11:00

 

キャビンはエアコン・ウッドデッキ付き!

 

全部で2棟の「キャビン」はキャンプ場の奥にあります。

ウッドデッキ付きのエアコン完備です。

窓も両側にあって風通しも良く、日当たりも良好なので快適です。

 

定員9名まで利用できて、目の前の芝生では子どもが遊ぶこともできます。

押し入れは2ヶ所あるので、キャンプ用品やお泊り荷物置き場に!

キャビンの基本情報

面積 約9.5畳
電源 あり
区画数 4区画
1台
チェックイン 13:00~18:00
チェックアウト ~11:00

 

日川浜オートキャンプ場のグランピングサイト

日川浜オートキャンプ場 グランピング

キャビンのさらに奥、フリーサイトだった場所に「グランピングサイト」が登場!

以前は車乗り入れ禁止の区切られた区画サイトでした。

「グランピングサイト」は、定員8名でも広々と使えるグループキャンプにおすすめのサイトです。

大型テントが設置されているので、手ぶらでキャンプを楽しむことができますよ!

グランピングサイトの基本情報

面積 約10m×17m
電源 10V
区画数 4区画
駐車場
チェックイン 14:00~18:00
チェックアウト ~11:00

 

茨城県でグランピングできる場所って意外と少ないんですよね。

県内だと「なめがたファーマーズヴィレッジ」でもグランピングができます。

>>茨城でグランピング「なめがたファーマーズヴィレッジ」のリアルな口コミを調べてみた

 

デイキャンプにバーベキュー広場

日川浜オートキャンプ場 バーベキュー広場 デイキャンプ

キャンプ場中央の建物の横に「バーベキュー広場」があります。

ベンチ付きのコンロが6つ。テーブルの下から薪を入れるとバーベキューが楽しめる仕組みです。

日帰りバーベキューを楽しむ際には、デイプランナイトプランがあります。

 

夏の日差しが強いときはタープを無料で貸してくれていたとか?!(優しい!)

BBQ広場の基本情報

定員 6名
電源 なし
区画数 6区画
駐車場3台まで
デイプラン 10:00〜14:00
ナイトプラン 15:00〜19:00

 

[スポンサーリンク]








日川浜オートキャンプ場のおすすめポイント!

 

この投稿をInstagramで見る

 

山猫(ocelot)(@yamanekoneo)がシェアした投稿

日川浜海水浴場まで徒歩で行ける!

キャンプ場内から海は見えませんが、日川浜海水浴場までは徒歩数分で行くことができます。

春には潮干狩り、夏には海水浴、釣りにサーフィンなどマリンレジャーも楽しむことができます。

「フルフックアップサイト」は、水上バイクを引いた車も停められる広さです。

歩いて行けるので、キャンプ場を拠点にできるのが良い!

 

海が近いので、風には注意が必要!海辺のキャンプは風対策が必須です。

海からは若干離れているのでそこまで風は強くありませんが、突風や強風のときにはテントが飛ばされることも…。長めのペグを用意しておくと良いでしょう。

 

虫が少なくて良い

アウトドアなので、虫が全くいないわけではありませんが、ハチやムカデなど山の中で遭遇するような危険な虫は比較的少ないです。

蚊、ハエ、アリとかはいますが蚊は虫よけで十分対処できました。

 

ちなみに日川浜オートキャンプ場は「もぐら」が多いそうです!

基本的にもぐらは臆病な性格なので、テントを張ったり、人の気配がすると寄り付かないそうです。

テントの下を通ることはほぼ無いでしょうが、キャンプに行ったときにサイトの地面が凸凹になっていることもあり得ます。

 

手ぶらキャンプも可能

日川浜オートキャンプ場では、手ぶらキャンプも可能です!

BBQの食材も予約できるので、気軽にキャンプやバーベキューが楽しめます。

キャビンやグランピングサイトをレンタルすれば、最低限の持ち物で快適に楽しめますね。

 

清掃が行き届いた水回り

炊事場などは新しい設備ではありませんが、清掃が行き届いているので気持ちよく利用することができます。

お湯が出ないのは残念ですが。

その他、洗濯機あり、トイレは水洗のウォシュレット付きです。

 

<日川浜オートキャンプ場の料金表>割引はある?

日川浜オートキャンプ場 料金

日川浜オートキャンプ場の施設料金はこちらです。

施設利用料金

オートキャンプサイト 1泊:3,660円
フルフックアップサイト 1泊:5,230円
テントサイト 1泊:3,110円
デイキャンプ(4h) 1,570円
キャビン 1泊:10,470円
バーベキュー広場 1区画(4h)2,090円

 

レンタル用品

テント 1張:1,570円
寝袋 1枚:520円
毛布 1枚:200円
ランタン 210円

 

2月はお得な割引がある?

2月頃に「ウェルカムキャンプの日」というお得なキャンペーンが行われています。

 

そのキャンペーンはなんと料金半額!

さらに通常は12時~翌11時までの利用時間で、アーリーチェックイン・レイトチェックアウトの料金がウェルカムキャンプ期間は無料になります。

期間中は10時~翌14時の時間で、通常の半額以下で遊ぶことができます。

超お得!

キャンセル料について

3日前以降のキャンセル 100%

​電話でのキャンセルは4日前の17時まで、ネット予約の場合は4日前の23:59までならキャンセル料は発生しません。

当日15:00以降のキャンセルは、必ずキャンプ場まで直接ご連絡ください。

 

日川浜オートキャンプ場へのアクセス

茨城県神栖市の日川浜オートキャンプ場へのアクセスは、東関東自動車道・潮来ICから車で30分ほど。「鹿島工業地帯」の南側です。

「日川浜海水浴場」からだと道路を挟んだ反対側。(キャンプ場サイトからは海は見えません。)

大洗には海が見えるキャンプ場、日立市の「奥日立きららの里」も安くておすすめ!

 

 

[スポンサーリンク]








日川浜オートキャンプ場の楽しみ方!海水浴に潮干狩り・夜景まで!

日川浜オートキャンプ場 日川浜海水浴場 海水浴場までは歩いて数分のところにあるので、夏場はキャンプ場も混雑します。

海水浴の拠点として利用するならテントで水着に着替えてビーチまで歩いてGO!

他にも水上バイクやサーフィン、釣りなどマリンレジャーの拠点にする方も多いですよ。

潮干狩り

 

この投稿をInstagramで見る

 

日川浜オートキャンプ場(@nikkawahama)がシェアした投稿

さらに!海水浴シーズン以外には日川浜海岸で「潮干狩り」もすることができます。

1人あたり1㎏まで無料で潮干狩りができるんです!

 

砂浜で自然のハマグリを見つけて、バーベキューコンロで焼いて食べると絶品です!(しかも自分で採ったものだから格別)

潮干狩りについては、本格的な漁具の使用と3㎝以下の貝の採取が禁止されています。

無料で採れる分、自然保護のために茨城県でルールがあるのでこちらのページもチェックしてみてください。

>>【潮干狩り×茨城の海】時期や穴場スポットはどこ?

 

工場夜景を見に行こう!

神栖市営 日川浜オートキャンプ場 周辺 夜景 鹿島 工場夜景

この写真は実際に工場夜景を見に行ったときのものです。

さらに太平洋から昇る朝陽はとても綺麗なので日の出を楽しむのもおすすめですが、夜は星空ではなく、鹿嶋工業地帯が近いので「工場夜景」を楽しむこともできます!

 

キャンプ場から車で10分ほどのところにある「砂山都市緑地」という公園から工場夜景を見ることができます。

この工場夜景はゲームの世界の雰囲気があって男性も楽しめますね。むしろ男性の方が好きかな?

キャンプ場の隣は工業道路が走っているので、交通量は少ないものの、車の騒音が気になる方もいるかもしれません。(隣接する工場は24時間操業しています)

工場から騒音がするわけではありませんが、立地を大事にする方には向かないキャンプ場かもしれません。

>>【茨城の夜景】鹿島臨海工業地帯の工場夜景がおすすめ!7つの撮影スポット

 

まとめ

神栖市の日川浜オートキャンプ場は、一年中通してキャンプを楽しむことができるリーズナブルな市営キャンプ場です。

自然を楽しむというよりも、夏の海水浴や潮干狩り、野外のBBQやテント泊、キャビン泊を楽しむのに最適な場所です。

サイトも快適で、料金も安いので、初めてキャンプをする人や家族、グループなどで行く場合に利用しやすいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。