アウトドア

ウォーターガーデンリゾートキャンプ&マリーナでキャンプとマリンスポーツを楽しむ

 

山でのキャンプも良いけど、海や川の近くでウォータースポーツを楽しみながらキャンプというのも雰囲気が違って楽しいですよね。

 

今回おすすめするのはこんなキャンプ場です。

  • 川を活かしたウォータースポーツが楽しめる!
  • 豪華なキャビンとトレーラーに宿泊できる!

 

宿泊施設はとても綺麗で、設備もかなり充実しているので、アウトドア初心者の人にもおすすめです。

 

2019年の夏にオープンした、茨城県神栖市の「Water Garden Resort キャンプ&マリーナ」を紹介します。

 

ウォーターガーデンリゾートキャンプ&マリーナ








ウォーターガーデンリゾートキャンプ&マリーナ キャビン コテージ出典:WaterGarde Resort キャンプ&マリーナ

「Water Garden Resort キャンプ&マリーナ」の場所は、茨城県神栖市にある川沿いのキャンプ場です。川を渡れば千葉県。

2019年にできたばかりの利根川沿いにあるキャンプ場です。

 

東関東道の終点(潮来IC)から車で20分ほどのところにあり、都内からも近いという好条件立地。

都心からなら約90分で到着することができます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

W.G.R ウォーターガーデンリゾート キャンプ&マリーナ(@water_garden_resort)がシェアした投稿

このキャンプ場の魅力は、昼はウォーターアクティビティ、夜は設備が充実しているおしゃれなキャビンやトレーラーのウッドデッキでBBQなどをして、快適で贅沢な時間が過ごせるところ!

 

カヌーやカヤック、サップ、バナナボート、釣りなどのアクティビティも楽しめるんです。

 

キャビンとトレーラーがメインのキャンプ場。

設備が整っているので、初めてのアウトドアにももってこいなスポットです。

 

キャンプサイトの種類
  • コテージエリア
  • キャビンエリア(10棟)
  • オートキャンプサイト(電源付き)

コテージもキャビンもいろんなタイプがあって、「キャビンも良いし、トレーラーも良いし…」と悩みそう!

これから紹介していきますが、それぞれが快適設備なのもかなり魅力的です!

超快適なキャビンとトレーラーの設備!

 

この投稿をInstagramで見る

 

W.G.R ウォーターガーデンリゾート キャンプ&マリーナ(@water_garden_resort)がシェアした投稿

キャビンとトレーラーの基本設備はこちら。

  • 二段ベッド
  • 冷蔵庫
  • エアコン
  • ウッドデッキ&ルーフ
  • ファイヤーピット
  • WEBERのグリル

こちらのキャンプ場のトレーラーやキャビンは、アメリカから直輸入されているようです。

(国内でも数少ない!)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukiyo Nomura(@nmryky)がシェアした投稿

本場アメリカでの使われ方もご存じだからこその本格的な設備が整ったキャンプ場だと言えます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

W.G.R ウォーターガーデンリゾート キャンプ&マリーナ(@water_garden_resort)がシェアした投稿

各キャビンにはデッキ・ルーフが付いていて、ワイドタイプもゆったりできて良さげ!

 

キャビンは内装は同じですが、ウッドデッキの広さがちょっと違うタイプがあり、料金も2タイプありました。

ジャグジー付きの豪華キャビンも?

 

この投稿をInstagramで見る

 

W.G.R ウォーターガーデンリゾート キャンプ&マリーナ(@water_garden_resort)がシェアした投稿

トレーラータイプ「ルイビルキャビン」には、基本設備の他にキッチン、シャワー、お風呂にジャグジーまで付いたタイプのトレーラーもあります!(豪華~!)

 

ティッシュに殺虫剤、消臭スプレーまで付いているなんですごい!

ウッドデッキにジャグジーが付いていて大人気!(スクリーンシェードがあるので外からは見えにくい)

 

これは女性が喜びそうでしょ?

私はこういうところテンション上がります(笑)

WEBERのチャコールグリル付き!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ucchiii-!!(@uchiyamaya)がシェアした投稿

オートキャンプサイト以外には、作業台のついたWEBERのチャコールグリルが設置されています。

[スポンサーリンク]








オートキャンプサイト

Water Garden Resort キャンプ&マリーナ オートキャンプサイト

テントサイトは車が横付けできます。

とても広いテントスペースの地面は芝生ではなく小砂利なので、プラペグは不向きなサイトになります。

 

普通にオートキャンプサイトでアウトドアを楽しみたい!という場合には、ちょっと料金がお高めかもしれませんね。

 

場所はトイレも炊事棟もとても近いので便利です。

各サイトの基本情報・料金

チェックイン 13:00
チェックアウト 10:00
(レイト:1時間1000円、繁忙期除く)
付帯設備(キャビン) エアコン、デッキ・ルーフ、冷蔵庫、BBQグリル、流し台、焚き木台
共用設備 炊事棟、男女別シャワー室、トイレ(水洗)
ペット OK(ゲージ必要・一部不可)
USAトレーラー 15,000~35,000円
カリフォルニアキャビン 6,000~15,000円
カリフォルニアキャビンDX 7,000~16,500円
アナハイムキャビン 6,000~15,000円
アナハイムキャビンDX 7,000~16,500円
セーラムキャビン 12,000~17,000円
ルイビスキャビン 15,000~35,000円
オートキャンプサイト 4,000円~8,000円

1サイトの料金は、大人2名と車1台が含まれる料金です。(小学生以下は無料。)

 

大人3名から1人あたり1,000円追加。車は2台目から1台に付き1,000円。ペット1匹につき500円。

WEBERのチャコールグリルで本格的なBBQ!

Water Garden Resort キャンプ&マリーナ BBQ 設備 weber グリル

本格的なBBQができるWEBERのチャコールグリルが完備されているので、BBQ好きにはたまらない設備!

WEBERのグリルとか見たら家にも欲しくなりません?笑


炭を購入すると無料でチャコスタ(火起こし器)をレンタルすることができます。

骨付きスペアリブ、分厚いステーキなどBBQグルメを満喫できますね!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@dining_in_quarantineがシェアした投稿

スキレットなどを持参してパエリアを作るのも楽しいですね!

普通の焼き肉をする場合は、グリル網の隙間からお肉が落ちないように焼き網を買ってくると◎(100均一でも買えます)

スモアセットもおすすめ!

Water Garden Resort キャンプ&マリーナ キャンプ BBQ スモア

スモアセットのレンタルもおすすめ!マシュマロも用意されています。

そのままでも楽しめますが、フルーツとかも一緒に食べると最高!いちごとか。

マリンスポーツが楽しめる!

Water Garden Resort キャンプ&マリーナ マリンスポーツ カヌー カヤック

「Water Garden Resort キャンプ&マリーナ」の魅力であるマリンスポーツです!

場内に小さなマリーナがあり、利根川につながっています。目の前は川。

 

ここで大人から子どもまで楽しめるバナナボート、ウェイクボード、カヌー、カヤック、釣りなどを体験することができます。

カヌーやカヤックをやったことがない方でも、チャレンジOK!

キャンプ場のマリーナ内で軽く練習をしてから川へ出ることができます。

穏やかな川なので安心!

キャンプ場前の利根川は、水門で水流を制限しています。

そのため普段はとても穏やかな流れなので、急流で戻れなくなったり、違う方向へ進んでしまうなどの心配はほとんどいりません。

(小学生でもカヤックを体験しているのを見たことがあります)

万が一キャンプ場に戻れない…なんてことになっても、管理人さんがボートで迎えに来てくれるそうなので安心です。

 

流れが緩やかなので、初めての方でも挑戦しやすいのではないでしょうか。

家族で来られている方からも安心してレジャーが楽しめるという口コミもありました。

 

サップ、カヤックなどの持ち込みも無料でできます。(ボードの持ち込みは有料です。)

レンタルもあるので手ぶらでも遊べますよ!

 

▼茨城県でウォーターアクティビティを楽しむなら、常陸太田市の竜神峡でも楽しめます。

>>【竜神峡】女子旅ならカヌーやサップにラフティングもおすすめ

[スポンサーリンク]








ウォーターガーデンリゾートキャンプ&マリーナの場内設備は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

W.G.R ウォーターガーデンリゾート キャンプ&マリーナ(@water_garden_resort)がシェアした投稿

無料レンタル用品も充実!

管理棟

管理棟の受付にある品揃えは文句なし!

手ぶらで来ても大丈夫なくらいに揃っています。

 

電子レンジも無料で使うことができます。

面白いBBQグッズも並んでいるので要チェック!

シャワー室

できたばかりのキャンプ場なので、シャワー室など水回りもとても綺麗です。

シャンプー類の備付けあり。

 

コイン式のところが多いですが、こちらは無料で使用可能です。

シャワー室は夜10時まで使用できます。

 

無料で遅くまで利用できるのはうれしいですね。

トイレ

トイレは新設されたものではなく、建物をきれいに直して使われています。(和式・洋式あり)

掃除が行き届いているので綺麗です。

炊事場

キャビン全棟にシンクが付いています。

 

管理棟横(シャワー室裏)に炊事棟があります。

お湯が出るのは便利でありがたい。

マリーナ

管理棟の前に小さなマリーナがあります。

釣りもできるそうです。釣り具をつめるカヤックも導入されているので、釣り好きな方にもおすすめです。

早朝から釣りをしに来る人もいて、けっこう自由で良い環境だと思います。

キレイで快適設備なのにリーズナブル!

Water Garden Resort キャンプ&マリーナ キャンプ コテージ トレーラー

テント泊に比べると料金は高くなります。(当然ですけどね)

しかし、レギュラーシーズンのキャビンは1万円くらいで利用ができるし、冷蔵庫完備のトレーラーは約2万円くらいです。

 

他のキャンプ場と比較しても、けっこうリーズナブル!新しい施設なのに。(ハイシーズンは料金が高くなります。)

キャビンの設備は、エアコン、 チャコールグリル、ファイヤーピットで直火OK。

ペットはゲージに入れれば室内も同伴できます。(トレーラーはペットNG)

 

テントサイトはペットOKなところもありますが、キャビンにペットも一緒に入れるのはなかなかない!好条件なキャンプ場です。

テント泊でも1万円近くかかるキャンプ場があったりしますが、設備がかなり整っていて1万円ちょっとで宿泊できるのは安いですよね!

 

キャビンはお得感を感じる料金設定です。

WEBERのケトルが備え付け、無料で使える!

初めてのアウトドアにもおすすめのスポット!

 

この投稿をInstagramで見る

 

W.G.R ウォーターガーデンリゾート キャンプ&マリーナ(@water_garden_resort)がシェアした投稿

住宅街から離れた大きな川沿いにあるキャンプ場です。

 

キャビン、トレーラーがメインなので、アメリカ的な雰囲気にも近い気がします。

日本のキャンプ場とは一味違った雰囲気なのは間違いないですね。

より非日常的な雰囲気の中でキャンプができるので、週末の気分転換にも最適だと思います!

 

昼間はカヤックやバナナボート、釣り。夜は大きなファイヤーピットで焚き火をしたり、BBQを。

ウォータースポーツなどアクティブに楽しみながら、キャンプをしてアウトドアを楽しみたい方におすすめです。

キャンプ慣れしている方、サバイバル的な場所でのキャンプがお好みの方には、ちょっとテーマが違うキャンプ場になります。

 

このキャンプ場がおすすめの方
  • アウトドアが初めての方
  • キャンプ初心者
  • 家族にキャンプを楽しませたい方
  • ウォータースポーツを体験したい方
  • キレイでおしゃれな施設をお探しの方

もしも、「キャンプはちょっとな…。」というメンバーがいたら、新しくて綺麗でおしゃれなキャンプ場なので巻き込むのにも良いスポットです!

Water Garden Resortキャンプ&マリーナ基本情報

Water Garden Resortキャンプ&マリーナ
施設内容 オートキャンプ場、ウォータースポーツ
キャンプサイト コテージ・トレーラー・オートキャンプサイト
最大宿泊人数 各棟によって異なる
支払い クレジット対応
ゴミ 有料(指定の袋を購入)
ペット 一部を除いてOK
所在地 茨城県神栖市日川3183-3
問合せ 080-7897-7674
0299-94-3514
駐車場 無料・普通車20台
※2台目以降有料
アクセス 車:東関東自動車道 潮来ICから約20分
電車:JR成田線 下総橘駅より5.2km
予約ホームページ ウォーターガーデンリゾート キャンプ&マリーナ

 

まとめ

ウォーターガーデンリゾートキャンプ&マリーナは、キャンプ場の設備は新しくオープンしたばかりなだけでなく、手入れが行き届いているからとても綺麗です。

リピートしたくなる素敵な場所ですよ。

次のキャンプは、ウォーターアクティビティとBBQを楽しむプランにしてみてはいかがでしょうか。

贅沢な気分で過ごせますよ・

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。