県南エリア

牛久大仏のふれあい動物公園がまるでウサギの楽園!小動物公園も癒しのスポット(牛久市)

牛久大仏 ふれあい動物公園 うさぎ

 

茨城県には人気の動物園や水族館がありますが、意外な場所でも動物たちと触れ合うことができるんです。

その意外な場所というのが今回紹介する「牛久大仏」です。

「牛久大仏に動物がいるの?」と思われる方もいるでしょう。

牛久大仏は関東を代表するウサギのスポットでもあるんですよ!

動物に癒されたい方にもおすすめの牛久大仏の境内にある小動物公園について紹介します。

牛久大仏のふれあい動物公園がまるでウサギの楽園!小動物公園も癒しのスポット

牛久大仏 ふれあい動物園 牛久市

まず、牛久大仏について軽く説明。牛久大仏は正式名称「牛久阿弥陀大佛」。

茨城県牛久市のギネスにも認定されている日本一高い大仏です。浄土真宗東本願寺派本山東本願寺が管理しています。

その高さは全長120m。幅も30mあるので都内の高層マンションと同じくらいのスペックですね。

めちゃくちゃ大きいので、牛久大仏に向かう道の途中でもはっきりと確認することができます。

 

浄土真宗普及のための施設ですが、宗派も性別も、また国籍問わず楽しめる場所として提供されています。そのため県内外だけでなく、海外の方など幅広く訪れる茨城県の立派な観光スポットです。

そして、牛久大仏は外から眺めるだけでなく大仏内部に入ることもできます。

こちらの壁一面に千万の菩薩像が祀られた本堂は金色に輝いていて圧巻の景色でした。

牛久大仏 内部のお堂 見学

地上80メートルからは人の心を清めてくれるような雄大な景色を見ることができます。東西南北の景色が見えるので、何が見えるのかは実際に見て確かめてみてください。

実際に見てきた大仏内部などこちらで詳しく紹介しています。

>>牛久大仏の高さは遠くからでも圧倒的!大きさ比較と胎内の現地レポート

そんなスケールと存在感の大きな大仏前には、豪勢な庭園も広がっています。庭園では色んな花を楽しむことができますが、特に春の桜の時期も素晴らしいですよ!

>>牛久大仏の桜と芝桜の景色は極楽浄土!ランチで食べたお蕎麦がおすすめ

そんな牛久大仏にはおすすめの癒しスポットがあるんです!ということで、本題のふれあい動物公園について紹介していきます。

牛久大仏の小動物公園「ふれあい広場」

牛久大仏 小動物公園 シマリス 牛久市

小動物公園のシマリスちゃんです。

牛久大仏の真後ろにあるふれあい広場。こちら牛久大仏境内への入園料がかかります。

大仏さまを外から眺めて、うさぎさんやリスだけを見たい方は「庭園のみ拝観」のチケットを購入しましょう。

庭園のみの拝観料金

  • 大人(中学生以上):500円
  • こども(4歳から小学生まで):300円

大仏胎内を含むすべての拝観をされる場合は、大人が800円、こどもが400円のチケットがあります。

境内入口にはお土産屋さんのある通りがあります。

庭園や牛久大仏を回っていると大仏の後ろから小動物公園へ入ることができます。

牛久大仏 小動物公園 ふれあい広場 リス

ふれあい広場には、ウサギをはじめ、リス、モルモット・チンチラ・ヤギ・羊・サルが飼育されています。

お猿さんのステージが定期的に開催されています。(金曜日以外)

おさるさんのステージが行われる時間などはこちらの公式ページで確認できます。

園内は車いすでもベビーカーでも通れるようにスロープが設置されているので、小さいお子さま連れでも安心ですね。

牛久大仏 ふれあい動物公園 休憩所 

ログハウスのような木の温かみが感じられる場所は、キッズスペース・休憩所になっています。

キッズスペースにはチンチラがいますよ。

おさるさんのステージを通り抜けるとウサギのいるふれあい広場があります。

牛久大仏 ふれあい動物公園 うさぎ 小動物公園

縁側のような廊下の中心にはウサギさんが!

この広場はうさぎだらけです!こんな感じでうさぎが自由に放たれています!

なんとウサギの数は50羽。

牛久大仏 小動物公園 ふれあい広場 うさぎ

のびのびと過ごしている様子を見ることができます。

めちゃくちゃ可愛らしい姿がそこら中にいるんです。

うさぎ好き、小動物好きな方からすると癒しでしかない!まさにうさぎの楽園です。

間近で触れ合えるのが最大の魅力

牛久大仏 小動物公園 ふれあい広場 うさぎの後ろ姿

みんなで集まっていたり、うさぎの後ろ姿はまるでお餅みたいで癒される。

牛久大仏のふれあい広場がなぜおすすめなのかというと、うさぎの群れと間近で触れ合うことができるから。

これこそが最大の魅力です。

うさぎにニンジンがあげられる

広場内ではうさぎ用のエサが販売されています。

ニンジンスティックが用意されているので、うさぎに直接エサをあげることもできますよ!※自分で持ち込んでエサを与えるのは禁止です。

うさぎと言えばニンジンですね。

牛久大仏 ふれあい広場 うさぎ 小動物公園

けっこうワシャワシャと勢いが良い感じでみんな近寄ってくる!「ニンジン、早くくれよ~」という感じ。野性味があって良い!

牛久大仏 小動物公園 ふれあい広場 うさぎ エサやり

ポリポリと食べる姿がみんなとってもかわいいです。

牛久大仏 小動物公園 ふれあい広場のうさぎ

うさぎの穴を掘りたがる習性も眺めることができます。

牛久大仏 小動物公園 ふれあい広場 白いうさぎ

掘った穴を求めてうさぎ同士のバトルをすることもあるんだとか!

穴の使用権をめぐっていろいろあるんですね(笑)

牛久大仏 ふれあい広場 寝ているうさぎ 小動物公園

土だらけになって穴にゴロンとしてたウサギちゃん。

もちろん、うさぎファーストで安全も考えられています。走ったり、追いかけ回したり、抱っこするのは禁止されています。

それ以外、うさぎを見て楽しむための行動は自由です。

間近でうさぎさんを愛でたり、ニンジンをあげて仲良くなったり、一緒に写真を撮影したり。

こんなに近くでうさぎの群れの野性味のある集団生活が見たり、触れ合うことができる場所は、関東でも少ないようですね。(うさぎ好きさん情報)

牛久大仏 小動物公園 ふれあい広場 手袋の貸出

ふれあい広場では、小動物への配慮もしっかりされています。

入園児には靴の裏の消毒をしてから入ることになります。また、子どもやうさぎの安全のために手袋の貸出も行われています。

うさぎさんたちと楽しく安全に触れ合うための注意事項もたくさんあるので、よくチェックしておきましょう。

ふれあい動物園の日程・開園時間

ふれあい動物園は日曜と祝日のみの開催となっています。

平日は動物がいません。また12月と2月は閉園しているのでご注意を。

また、雨など天候不順の場合も休園となります。

うさぎやリスたち動物にエサをあげられるのも日曜祝日のみです。

 

テラス(休憩)、芝広場はお子様が自由に遊んだり、休憩できるスペースが設けられています。

園内には「マザーテーブル」というカフェがあり、ピザなどの軽食が用意されています。こちらも営業が土日祝日のみになっています。

ふれあい動物園 日曜祝日のみ
マザーテーブル 10:30~15:00
土日祝日のみ
お猿のステージ 平日:1日3階
土日祝:1日4回
金曜休演

 

牛久大仏へのアクセス

牛久大仏へのアクセスは、JR常磐線牛久駅よりバスで約20分。タクシーで約15分です。

(※バスは「牛久大仏行き」または「あみプレミアムアウトレット行き」に乗車)

電車やバスの時刻表は牛久市観光協会のホームページでご確認いただけます。

車の場合は、圏央道自動車道阿見東ICから一般道で約3分です。

牛久大仏へのアクセスについては、周辺のスポットも含めてこちらでも詳しく紹介しています。

>>牛久大仏のアクセスは何が便利?牛久市周辺の観光スポットとホテルも紹介

牛久大仏の駐車場

牛久大仏 駐車場 入口の前

牛久大仏の境内には駐車場が用意されています。広いスペースなので満車になることもほとんどありません。無料ですし、他のスポットへも足を運ぶなら車でのアクセスがおすすめです。

牛久大仏の基本情報

牛久大仏
開園時間 9:30~5:30
※時期および曜日祝日によって変動あり
入園料 こども(4歳からまで):300円
大人(中学生以上):500円
大仏内部入場料込みの場合
こども:400円/大人:800円
所在地 〒300-1288 茨城県牛久市久野町2083
TEL 029-889-2931
公式ホームページ https://daibutu.net/

開園時間や入園料については時期などによって変更となる可能性がございます。来園の際には事前に牛久大仏公式ページでご確認ください。

牛久大仏でウサギたちに癒された後には、牛久市の他のスポットへも足を運んでみてはいかがでしょうか。

牛久大仏の小動物公園はこんな人におすすめ

牛久大仏の小動物公園はこんな方たちにおすすめです。

  • ウサギや小動物が好き!
  • うさぎと気軽に触れ合いたい!
  • うさぎの大群を見たい!
  • 動物たちに癒されたい!
  • 子どもを連れて牛久大仏を観光する

うさぎが好きな方は「牛久大仏<うさぎ」になるかも!笑

牛久大仏は観光スポットとしても素晴らしい場所です。一度は胎内めぐりをするのもおすすめですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。