県南エリア

【かすみがうら市水族館】珍しい生物も見られる霞ヶ浦湖畔の小さな水族館

かすみがうら市水族館 霞ヶ浦 料金 

茨城県かすみがうら市の「かすみがうら市水族館」を紹介します。

日本で2番目に大きな湖「霞ヶ浦」の湖畔、歩崎公園の敷地内にあるローカル感あふれる水族館です。

何がおすすめなのかって、安くて気軽に行ける上に意外と珍しい生物が展示されているところ!魚を身近に見て学ぶことができます。

休日に霞ヶ浦周辺でのんびりと過ごすなら、お子さまと一緒に「かすみがうら市水族館」をのぞきに行ってみませんか?

子どもも大人も意外と刺激を受けられるスポットですよ。

【かすみがうら市水族館】霞ヶ浦湖畔の小さな水族館

2020年2月にリニューアルオープンしました。

かすみがうら市水族館は、「歩崎公園」内にある施設で霞ヶ浦に生息する魚や世界の淡水魚を集めた水族館。

目の前には日本で2番目に大きな湖の霞ヶ浦があり、湖畔の小さな水族館として知られています。

水族館がオープンしたのは1989年なので、30年以上の歴史ある水族館です。

こちらの水族館で展示されるのは、霞ヶ浦や利根川水系に生息する淡水魚をメインに約100種類の生物たちです。

生き物を観察するだけでなく、直接触れるタッチ水槽もあるので子供たちからも人気です。

週末や夏休みなどの長期連休にはイベントも開催されています。

観光スポット的な華やかな水族館ではありませんが、逆にこのローカル感がたまらないスポットと言えるかもしれません。

かすみがうら市水族館で見られる&触れ合える展示

かすみがうら市水族館 展示 霞ヶ浦に生息する淡水魚 

そして館内はこのような展示がされています。

  • 霞ヶ浦に生息する生物
  • 外来魚や絶滅危惧種
  • 珍しい生物たち

こんな感じで展示が分かれています。

小さい子どもに大人気のタッチ水槽

展示の中では、霞ヶ浦に生息する鯉やフナなどに直接触れることもできます。

タッチ水槽は好奇心旺盛な子なら楽しめるかと思います。ギャン泣きする子ももちろんいるでしょうね。

「また行きたい!」とねだったりしている様子もあり、楽しんでいる様子が見られました。

 

他にもイベントでは水族館内の生き物に触れ合うことができる臨時プールも開設されますよ!

ミニチュア模型などで霞ヶ浦周辺の様子が表現されていたり、 霞ヶ浦に生息する大型魚も目の前を遊泳。 ゆっくりじっくり観察できます!

外観からは想像できないたくさんの生物がいる

展示室は大きく3つのコーナーに分かれています。

館内は意外と広く、大型熱帯淡水魚用の大きな水槽もあります。上からも子供がしっかりと鑑賞できるように踏み台あり。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

moto(@moto62luke)がシェアした投稿

霞ヶ浦の文化ゾーン歩崎公園にある施設ですが、霞ヶ浦の生き物に限らず、日本国内の有名淡水生物のビワコオオナマズやオオサンショウウオなどをはじめ、海外の生物まで多様な生物たちが淡水世界の魅力を伝えています。

環境汚染のために絶滅に瀕している日本固有種ニホンザリガニなど、他ではあまり見かけない展示もされています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mamoru asano(@mamo0720)がシェアした投稿

この可愛らしい水族館の外観からは想像できなくらいたくさんの生物が展示されていますよ。

霞ヶ浦のほとりで休日を楽しむのにかなり満足できる内容だと思います。

 

展示されている生物はそれほど変わりませんが、リニューアルによってお魚との距離がぐっと縮まり、子どもたちがより見やすく分かりやすい展示がされています。

じっくり、集中して見られる!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kenichi Miyata(@k_miyata)がシェアした投稿

茨城県の水族館と言えば大洗町の「アクアワールド茨城県大洗水族館」ですね。大規模水族館なので展示されている種類もイベントや体験プログラムも充実しています。

お出かけスポットとしても華やかな場所ですね。

大洗水族館と比較すると物足りない感じもありますが、かすみがうら市水族館はエンターテイメントというよりも「学び」に軸を置いています。

生物が生きる環境を意識した展示の内容が、身近に感じられて子どもたちにとって理解しやすくなっています。

普段目にする機会の少ない水棲生物を見ることで、良い刺激になるのではないでしょうか。夏休みの自由研究などにも最適!

コスパも申し分ありません。

テーマパークのような水族館ではないので、ガヤガヤしていることもなく、混雑もしないのでじっくりと見ることができるでしょう。

 

こういった水族館へ来ると、会話のネタになるのも良いですよね。

本や映像で見るのとは違うので、リアルに感じたことや学んだ情報を家族や友達など誰かと話すときの話題になります。

また人との会話で話題に出すことで、知識も理解も深まりますから子どもだけでなく、大人にとっても良い刺激になるのではないでしょうか?

お子さんとかすみがうら市水族館へ行かれた際には、生物や環境との関わり方などをお話してみてはいかがでしょうか。

館内は写真撮影が可能ですが、フラッシュ撮影は禁止になっています。光を発するものはすべてNGです。(スマホのライトなども)

館内での飲食や喫煙も禁止になっています。

以前は館内の写真撮影が全面禁止になっておりましたが、フラッシュを使用しなければ現在は撮影が可能です。

 

エンターテイメント性が高い「アクアワールド茨城県大洗水族館」は当ブログでも人気の記事です。

茨城県内の水族館・動物園をまとめて紹介しているページもあるので、よかったらチェックしてみてください。

 

駐車場については公園の駐車場を利用することが可能です。広いので満車で停められないということはほとんど無いと思われます。

おトイレは公園と駐車場の間にあります。(新しくなったトイレなので快適!)

水族館へ入る前にトイレを済ませておくと良いでしょう。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@tettontonがシェアした投稿

公園内には噴水や大きな鯉が泳ぐ池などがあるので、子どもたちの遊び場としても賑わっています。

霞ヶ浦の周辺はサイクリングロードになっているので、お天気が良い日は多くのサイクリストを目にします。

茨城県はサイクリングでも熱い地域なんですよ!

「つくば霞ヶ浦りんりんロード」は人気のサイクリングロードです。詳しくはこちらで紹介しています。

>>【茨城でサイクリング】山あり湖ありのサイクリングロードが今熱い!

自転車が道具が無くてもサイクリングはトライできるので、レンタルを利用してチャレンジしてみるのも良いかも!

かすみがうら市水族館の営業時間と料金

かすみがうら市水族館 料金 安い 

かすみがうら市水族館
開館時間 9:00~17:00 (入館および入館券の販売は16:30まで)
休館日 月曜日・年末年始
公式ホームページ かすみがうら市水族館|茨城県かすみがうら市 湖畔の学び舎

料金

入館料金
水族館のみ 一般:330円(270円)
小中学生:160円(110円)
歴史博物館との共通入館券 一般:430円(350円)
小中学生:210円(120円)

水族館の料金が激安!

共通入館券の「歴史博物館」は、高台にあるお城のことで主に出島地区の民俗を学ぶことができます。

企画展では市内の文化財などの展示も行われます。寺社の宝物などといった展示は子どもにはちょっと難しいかもしれませんが…。

所要時間

館内は、だいたい30分~1時間くらいで子どもと一緒に見て回ることができます。

これくらいの時間が子どもにとっても飽きにくい時間なのではないでしょうか。

もしも飽きてすぐに出てしまっても、安いのでコスト的にも負担は少ないかと。

水族館からのランチは「かすみキッチン」へ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

sayuri(@sayurinrin21)がシェアした投稿

ランチは敷地内の「かすみキッチン」もおすすめです!(水族館の隣)

「地産地消×ヘルシー」がコンセプトのお店。

お洒落な建物で地産地消のおいしい洋食をいただくことができます。特に週末は混雑しているようなので、お早めに来店するのがいいかもしれません。

店舗情報

かすみキッチン
営業時間 平日 11:00~15:00(L.O14:30)
土日祝 11:00~16:00(L.O15:30)
定休日 月・火(祝日の場合は翌日)
場所 かすみがうら市交流センター2F
TEL 029-896-1227
公式ホームページ http://kasumigaura.miraidukuri.jp/kitchen/

かすみがうら市水族館へのアクセス・駐車場

かすみがうら市水族館
住所 茨城県かすみがうら市坂910-1
TEL 029-896-0722

かすみがうら市水族館へのアクセスは車で行かれる方がほとんどかと思います。

常磐自動車道の千代田石岡IC、または土浦北ICから車で約40分です。

電車やバスの場合は、常磐線「神立駅」からタクシーに乗り換えて約30分。

常磐線「土浦駅」からは霞ヶ浦広域バスに乗り換えて、『田伏』で下車(約50分)。料金は620円です。

予約が必要なのと平日の場合に限りますが、かすみがうら市で運営している「デマンド型タクシー」を利用するのもおすすめです。

ご希望の時間帯を予約し他の予約者と乗合をしながら、目的地近くの指定乗降箇所までご利用できるタクシーです。

駅からバスやタクシーなどを利用して行くこともできますが、交通費の方が入館料より高くなるのがデメリット。

かすみがうら市水族館以外にも霞ヶ浦大橋を渡ったところにある「行方市観光物産館こいこい」や「霞ヶ浦ふれあいランド」、土浦市側にある「霞ヶ浦総合公園」ものんびり過ごせるスポットですよ!

まとめ

霞ヶ浦湖畔にある小さな水族館ですが、料金も安いので気軽に立ち寄れる場所になっています。

休日に霞ヶ浦の近くでのんびりと遊ぶなら、水族館で霞ヶ浦に生息する淡水魚などを鑑賞してみるのも良いのではないでしょうか。

普段見る機会の少ない生物や展示は、子どもにも大人にも良い刺激になるはずです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。