イベント

【取手花火大会】2020年は6月開催!とりで利根川大花火の日程&駐車場情報まとめ

取手 花火大会

 

茨城県取手市で開催される花火大会「とりで利根川大花火」を紹介します。

 

2020年は東京オリンピック・パラリンピックがあるので、夏ではなく6月の開催となっています。

 

残念ですが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため開催中止が決定されました。

 

毎年10万人が集まるとりで利根川大花火の日程や駐車場、アクセス方法に穴場スポットまでまとめて紹介していきます!

 

【取手花火大会】2020年は6月開催!とりで利根川大花火の穴場&駐車場








 

2020年(令和2年)は取手市制施行50周年記念とりで利根川大花火は、東京オリンピック・パラリンピックの開催を考慮し、例年とは異なる6月開催となっています。

 

今回は取手市制50周年の記念大会になるので、いつもと違った花火大会の内容になるかも?

 

2020/04/06 (月)
第67回とりで利根川大花火開催中止のお知らせ

令和2年6月20日(土曜日)に開催を予定しておりました『第67回とりで利根川大花火』は新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止、市民の皆様をはじめとした、来場者、関係者の皆様の健康、安全面を最優先に考え、中止といたします。
引用:取手市観光協会

 

第67回とりで利根川大花火

花火大会の概要
  • 開催日程:6月20日(土)
  • 開催時間:19:15~20:30
  • 荒天時:22日(月)に延期
  • 会場:取手緑地運動公園(利根川河川敷)
  • 主催:取手市観光協会

 

とりで利根川花火大会は、大利根橋の開通を記念してスタートした花火大会です。

連続して打ち上げられるスターマインと300mのナイアガラの滝などが夜空を彩る取手市の夏の人気イベント。

 

小雨の場合は決行しますが、荒天の場合は22日の月曜日に延期となる予定です。

お天気が微妙なときは公式HPなどはしっかりチェックを!

 

▼今年は6月開催なので、お出かけに合わせて他のイベント情報もチェックしておきましょう!

<2020年6月>茨城県のイベントまとめ|あやめまつり・あじさいまつりに注目!

取手花火大会の見どころ

取手の花火大会の見どころは、やはり連続して打ち上げられるスターマインに尺玉ではないでしょうか。

 

とりで利根川大花火大会では、7000発の花火が打ち上げられ、良質な花火を堪能することができます。

 

1万発、2万発など花火の打ち上げ数では敵いませんが、取手の花火は高城煙火店や山崎煙火製造所など花火職人の競演が面白く奥深いですね。

 

各地で花火大会が多い時期、メジャーなイベントなどでちょっと隠れた存在ですが、毎年約10万人が訪れる取手市の夏の人気イベントです。

 

 

河川敷でも見ることができるので、土手で寝転がりながら花火を楽しめるのも人気の理由に!

花火大会プログラム

昨年のプログラムはこのような感じになっていたので、参考までに掲載いたします。

  1. 夏色のハーモニー
  2. 打上指令/ドドーンと点火
  3. 飛べ/こぶた
  4. 彩~~
  5. 尺玉のパレード2019
  6. ノスタルジア
  7. 夜空の楽園
  8. とりで夢花壇
  9. 尺玉のパレード2019セカンド
  10. 炎舞 2019
  11. 青空の彼方へ
  12. 虹色の夜空
  13. アイノカタチ ~やさしい光に包まれて~
  14. フィナーレ(中国花火・風そよぐ・ナイアガラの滝・エンディング音楽花火 「夜空の咲く満天の華」 )








取手花火大会の駐車場情報

取手の花火大会は無料駐車場が1000台分用意されています。

 

とりで利根川大花火の駐車場
  • 料金:無料
  • 場所:取手競輪場(臨時駐車場)
  • 台数:1000台

 

例年通りですと、取手競輪場が臨時駐車場として無料で利用することができます。

 

1,000台駐車可能です。

花火大会の会場へは、徒歩で約20分ほどの距離にあります。

 

大きな駐車場ですが例年すぐに満車になるので、取手観光協会でも公共交通機関の利用をお奨めされていますよ。

 

ここに駐車したい場合は、交通規制などもありますので、時間に余裕を持って行動されると良いでしょう。

 

この他にも駐車場があります。

JR取手駅周辺の有料駐車場

JR取手駅周辺には、一般の有料駐車場もあるので上記の地図を参考にしてみてください。

 

駅の東側の駐車場は、花火大会終了後に大混雑するのでおすすめできません。

 

もし、取手駅周辺に駐車をするなら西側が良いでしょう。

とりで利根川大花火の場所取りは午前中?

取手の花火大会は毎年10万人が訪れますが、利根川の河川敷で行われるので、見る場所にこだわりがない場合は比較的遅くに到着しても観ることができます。

 

午前中には着いていないとほぼ埋まってしまっているということはありません。

 

もちろん「良い場所で見たい!」という場合は、有料席か早めに来て確保するのが良いでしょう。

 

特に混雑する場所は、打ち上げ会場の近くです。

そこからどんどん離れて歩いていくと、レジャーシートを敷く場所が見つけることができます。

トイレは?

大会本部を中心とした会場には、毎年5~6か所のトイレが設置されています。

 

場所取りをする場所などに合わせて、会場では近くのトイレの場所もチェックしておくと良いでしょう。

とりで利根川大花火の会場へのアクセスと交通規制

会場は、取手市の利根川河川敷「取手緑地運動公園」です。

 

最寄り駅はJR取手駅

駅からは徒歩で約10分ほどになります。

 

会場まで歩いて行ける花火大会です。

 

車で行く場合は、常磐自動車道谷和原ICから国道294号へ行き、国道6号を大利根橋方面へ約20㎞です。

 

当日は周辺道路も混雑が生じますので、早めに行動されると良いでしょう。

交通規制

取手 花火大会 混雑 交通規制
出典:取手市観光協会公式

取手の花火大会では、会場周辺道路は車両通行止めなどの交通規制が実施されます。

 

花火大会の交通規制時間帯:18:30~21:30ごろ

 

上図の交通規制内容は昨年のものですが、例年花火大会の交通規制はほとんど同じなので参考にしてみてください。

 

当日は、交通規制エリア外の道路もかなりの混雑が起こることが予想されます。

 

できるだけ会場周辺には車で近づかないか、早めの行動で混雑を避けるようにしましょう。








とりで利根川大花火大会の有料席・チケット情報

取手 花火大会 有料席 チケット

人気の花火大会なので、有料席も用意されています。

河川敷の広い範囲で見ることができますが、花火大会に混雑はつきものですよね。

 

なるべく混雑を避けてゆっくり見たい!という方は、有料席のチケットを手に入れてみましょう。

 

さじき席販売情報
  • 販売日:5月11日(月曜日)
  • 販売場所:現在未定
  • 桟敷席:1マス11,000円(畳2枚分、大人5名)
  • かわせみ席:1マス5,500円(畳2枚分、大人5名)

 

記事作成時現在は、販売場所が未定となっております。

 

有料席のチケットについては取手市観光ガイドのホームページでご確認ください。

とりで利根川大花火大会の穴場スポット

有料席以外で、少しでも空いている穴場スポットで見たいという方へ向けて、情報を集めてみました。

 

上記の動画は取手駅から撮影された動画ですよ!駅とマンションなどの間で花火が打ちあがっています。

 

よく見ると駅のホームからも写真を撮ろうとする人の姿も!

 

「ココもおすすめ!」という場所があったら教えていただきたいです!(穴場はなるべく教えたくないか!笑)

千葉県我孫子市側の土手

利根川の河川敷で開催されるので、会場の取手緑地運動公園の反対側の土手で花火を楽しむことができます!

対岸なのでナイアガラは見えづらくなります。

 

千葉県我孫子市側は花火が綺麗に見えるのですが、意外と人が少ない穴場スポットとしてどこでも紹介されているのでそれなりに人はいますね。

 

当日の風向きも考えて、あえて我孫子側から見る方も!

 

ちなみに取手駅、天王台駅から我孫子市側の土手へ歩いて行くと30分くらいかかります。どちらかというと天王台駅を利用するのが便利でしょう。

戸頭の土手

戸頭の土手も会場からは距離があります。絶対混雑は避けたいという方にはこちらがおすすめ。

 

ただし、Tweetにもあるように遅れて響いて来る音とか迫力は半減してしまいます。

 

そこまでこだわらず、雰囲気だけでも楽しみたい方は良いかもしれませんね!

 

夜空に打ち上がる美しい花火を、ぜひ夏の思い出に見に行ってみてくださいね。

 

「ジャスコ取手店の屋上駐車場」が穴場スポットとして紹介されていることがありますが、ジャスコ取手店は閉業しております。

(現在、ジャスコ取手店の跡地はヨークベニマルやドラッグストア、100円ショップに変わっています。)

取手花火大会の屋台は?

取手 花火大会 とりで利根川大花火 屋台

もちろん屋台もしっかり出ていますよ!

夏祭り気分をしっかり味わいながら、花火を堪能することができます。

 

屋台も楽しめますが、打ち上げ会場近くにある商店街もレトロな風情ある街並みなので歩いて見るのもおすすめです。

 

浴衣を着て歩くのにもいい感じの場所ですね。

八坂神社

近くには八坂神社があります。

ちょっと早めに着いた方は神社へ参拝してみてはいかがでしょうか。

 

取手の八坂神社は、茨城県取手市を流れる利根川のほとりに静かに佇む神社です。

 

当社の創建は400年たらずの寛永3年(1626年)。

厄除け、除災招福にご利益がある「素盞鳴命(スサノオノミコト)」は御祭神として祀られれています。

邪を裂き、魔を祓う強いパワースポットとも言われています。

 

本殿の壁面に施されている彫刻にも注目です!「透かし彫り」という特殊技能を見ることができますよ。一見の価値あり!

 

拝殿と本殿は市の有形文化財にも指定されています。

 

八坂神社
住所 〒302-0005 茨城県取手市東1丁目2−9
TEL 0297-72-1997

 

まとめ

メジャーな花火大会ではありませんが、茨城県内の中でも良質な花火を楽しむことができると人気の「とりで利根川大花火」。

 

河川敷にレジャーシートを敷いてのんびり寝転がりながら花火を楽しむのも良いですね!

 

今年は初めて取手の花火大会に行ってみよう!という方は、参考にしていただけるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。