※県内の感染状況により各施設の休館・イベントの延期・中止などの対応が行われる可能性がございます。

開催日程や営業状況・時間などの最新情報については、併せて各施設・自治体のHPをご確認ください。

イベント

大宝八幡宮のあじさい祭り2021年|見頃や開花状況・開催日程とあじさい神苑を紹介

大宝八幡宮 あじさい祭 見頃 開花状況 あじさい神苑

 

茨城県の人気あじさいスポットを紹介します。

今回紹介するのは、下妻市の大宝​八幡宮「あじさい神苑」で行われるあじさい祭です。

宝くじ当選のご利益でも有名な神社なのですが、6月上旬から咲き始める紫陽花も人気で、県内外から多くの参拝客が訪れています。

このページでは、約300種という豊富な品種が楽しめるあじさい神苑の様子、2021年の大宝八幡宮のあじさい祭りの見頃や開花状況、アクセス、駐車場情報などまとめています。




大宝八幡宮のあじさい祭り2021年|見頃や開花状況・開催日程とあじさい神苑を紹介

大宝八幡宮 あじさいまつり 

茨城県下妻市の大宝八幡宮には、境内の奥に「あじさい神苑」があり、約300種という豊富なあじさいが咲き誇ります。

あじさい神苑は、南北朝時代の大宝城跡の土塁の保全を目的にあじさいが植えられているんです。

毎年、見頃時期になると「あじさい祭り」が開催。

大宝八幡宮(あじさい神苑を含める)では、閉門時間など設けられておりません。

24時間365日参拝・拝観が可能です。

しかし、あじさい神苑に夜間の照明などはありません。暗くて見えないので、明るい時間の参拝をおすすめします。

大宝八幡宮のあじさい祭り

開催期間 2021年6月19日(土)〜7月4日(日)
時間 24時間・365日参拝可能
催事 6月下旬の日曜日に開催
公式サイト あじさい神苑・あじさいまつり|大宝八幡宮(外部リンク)

あじさい祭りで執り行われる神事は、あじさいの開花によっても変わることがありますが、だいたい6月下旬の日曜日に行われます。

流鏑馬は、二の鳥居と三の鳥居の間の三吉山に馬場を設けられ、当たり的の頒布が行われます。

あじさい神苑での野点では、無料で抹茶と和菓子がふるまわれ、他にも「草花の無料抽選会」も。外れなしであじさいや草花が当たるそうですよ!賞品が無くなり次第終了です。

天然理心流心武館による恒例の奉納演武も開催されます。

※2021年は新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため上記催事はありません。




2021年あじさいの見頃時期

大宝八幡宮のあじさいは、例年6月下旬から7月上旬にかけて見頃を迎えます。

2021年(令和3年)6月11日現在、あじさい神苑の開花状況は6分咲きといったところ。

可愛らしい飾りつけがされていますね!

種類が豊富に咲いているので、早咲きと遅咲きで見頃時期も異なってきます。

あじさい祭り期間中であれば、すべての株がピークではなくても、あじさいの花は楽しむことができるでしょう。

期間中に限らず、あじさい神苑に入ることができるので、お祭りが終わった後に咲いているものも見ることができます。

大宝八幡宮の歴史やご利益、御朱印などの情報についてはこちらで紹介しています。

大宝八幡宮のあじさい神苑

大宝八幡宮 あじさいまつり あじさい神苑出典:大宝八幡宮

大宝八幡宮の創建は大宝元年(701)。本殿は重要文化財に指定されています。その本殿の右奥にあるのが「あじさい神苑」です。

こちらには、現在約300種類・4,000株を越えるあじさいが植えられています。

とにかく品種は豊富なので見ていて楽しい!

お札やお守りを授与している社務所には、虫除けスプレーを「ご自由にお使いください」と置かれていました。

あじさい神苑は林の中なので、蚊が襲来する可能性大!こういった心遣いは嬉しいものですね。

ジメジメ暑いと蚊が寄ってきて、紫陽花をゆっくりと見るどころではなくなってしまいますからね。あじさいを見に行くときは虫除け対策は必須です!

 

こちらは大宝八幡宮の公式動画です。

鳥の鳴き声がなんとも良い!この動画だけでも癒されそうです。




大宝城の城跡(国指定史跡)

大宝八幡宮の境内は南北朝時代にあった大宝城の城跡。現在、境内全体が国指定の史跡となっています。

大宝八幡宮の境内は、南北朝時代にあった大宝城の城跡で、全体が国指定の史跡です。城の守りとして築かれた土塁が今も残ります。昔は、境内の西と北が大宝沼でした。南と東と北の一部に土塁を築くことで、天然の要害と合わせ四方に堅い守りを誇ったとか。このことから大宝城の最期が兵糧攻めだったこともうなずけます。そんな歴史を感じる土塁の保全を目的に、あじさいを植えて出来たのが「あじさい神苑」です。
引用:大宝八幡宮

 

そして、その土塁の斜面を利用しているため、あじさいの株に高低差が生まれて手前の花だけでなく、奥まで見渡すことができて景色が良いのも魅力!

斜面の上からでも下からでも楽しむことができますよ。

大宝八幡宮 あじさい祭 八重ガクアジサイ

こういった紫陽花の鮮やかな色って、太陽の下よりも曇り空、雨の方が綺麗に見えますね。

大宝八幡宮 あじさい ピンク色

鮮やかなピンクや赤も可愛いですが、ちょっと落ち着いたこのピンク色も素敵でした。

豊富な品種のあじさいたち

やや開けたところに休憩所(屋根あり)がありました。お菓子を食べたりして、ちょっと座って休憩するのも良いですね。

休憩所のある裏側あたりには、各品種が集められています。支柱に名前の記載あり。

隅田の花火、ホワイトダイヤモンド、ホットレッド、月光、手まり歌、天城甘茶、カシワバ、紫峰、ポップコーン、フラウトシコ・ノブコ、アイスストロベリーなど

などたくさんの種類が見られるのは楽しいものです。

大宝八幡宮 あじさい神苑

白いあじさいも素敵ですね。緑の葉とのコントラストが美しく爽やかです。

あじさいを見るのは無料ですが、「管理の協力」を目的とした1人100円の協力金のポストがありました。

林の中なので、蚊はもちろん、ヘビなどが歩いていることも…。散策するなら、暑い時期ですが、サンダルやビーサンは避けた方が良いかと思います。




あじさいの挿し木が無料でもらえる?!

大宝八幡宮 あじさい祭り アジサイ

美しい花をたくさん見ていると、自宅の庭にも植えたり、鉢植えにしたいと思うことがありますよね。

大宝八幡宮でも珍しいあじさいを見て楽しんでいると、家でも楽しみたくなるものです。バラ園のように鉢植えなど販売してはおりませんでした。

しかし!なんと嬉しいことに、大宝八幡宮のあじさいは挿し木用に無料でいただくことができるのです。

いついただくことができるのかというと、あじさい祭りが終了して剪定作業が行われる頃です。

その年の開花時期によって前後しますが7月中旬から下旬頃。

あじさい祭で欲しい株を決めておくと良いそうです。

もちろん、切り取る際には必ず社務所へお声がけを!

剪定ばさみや切った株が乾燥させないよう準備をしていきましょう。

※品種によって早咲き、遅咲きと開花の時期が異なるため、剪定はすべての株を一斉に行うわけではありません。

あじさいの苗

挿し木をした鉢は約1ヶ月程度、直射日光の当たらない日陰に置いて、用土を乾燥させないようにしましょう。

早くて翌年、または翌々年にはきれいな花が見られるでしょう。




大宝八幡宮へのアクセス

住所 〒304-0022 茨城県下妻市大宝667

電車アクセス

関東鉄道常総線大宝駅より徒歩3分です。

1両電車のローカル線ですよ。

鉄道時刻表|関東鉄道(外部リンク)

車でのアクセス

東京からアクセスする場合は、常磐自動車道谷和原ICより国道294号線を水海道・下館方面へ。(谷和原ICから約40分)

国道125号線との立体交差を通過後、最初の信号を左折、2個目の信号を左折、1個目の信号(東部中学校入口)を右折。

そのまま道なりに進むと一ノ鳥居が見えてきます。

・圏央道(首都圏中央連絡自動車道)常総ICから約20分 坂東ICから約30分 境古河ICから約35分
・水戸方面からのアクセスは、国道50号線を笠間・下館方面、国道294号線へ
・土浦、古河方面からのアクセスは、国道125号線を下妻方面、国道294号線へ
・つくば方面からのアクセスは、国道408号線を筑波山方面、国道125号線から国道294号線へ
・守谷方面からのアクセスは、国道294号線を水海道・下館方面へ

大宝八幡宮の駐車場

大宝八幡宮の駐車場は、大宝保育園の駐車場とゑびすやの駐車場を無料で利用することができます。

だんご・お食事のゑびすやさんは、大宝八幡宮の鳥居の横に大きな看板が出ているので、とても分かりやすいと思います。

無料で駐車場が止められるのはありがたいですね。




大宝八幡宮の風鈴まつり

大宝八幡宮では、7月末から8月末までの約1ヶ月に渡り、参道の石畳に約1,000個の風鈴が飾られました。

「風鈴まつり ~千古の社に涼を求めて~」は、”風鈴の音色で人々の心を癒したい”という思いから、昨年(2020年)に初めて開催されたのです。

風鈴の涼やかな音と1,000個並ぶ美しさで、夏の暑さも和らぎ癒されますね。

期間中の土日にはライトアップもされていました!

今年も開催される場合は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

大宝八幡宮のお知らせをチェックしておきましょう!

茨城県内の紫陽花おすすめスポット

茨城県 あじさい おすすめ スポット

茨城県内にはおすすめのあじさいスポットが11ヵ所あります。

中でも筑西市の「雨引観音のあじさいまつり」は、弁天池に浮かべられる水中華が大人気。

潮来市の「二本松寺のあじさいの杜」、日本一の紫陽花スポットと呼ばれる「北茨城市のあじさいの森」も必見です!

品種によって、また県内でも地域によって開花時期が異なりますので、時期をずらして複数のあじさいまつりを楽しんでみるのもおすすめです。

茨城県内のあじさいまつり情報を参考にしてみてください。

まとめ

下妻市の大宝八幡宮「あじさい神苑」では品種が多く、いろんな角度から楽しめるというロケーションも魅力的なスポットです。

梅雨のジメジメした嫌な時期ですが、曇りや小雨の日を狙って、紫陽花を楽しみに行かれてはいかがでしょうか。