パワースポット

酒列磯前神社は宝くじが当たる神社!亀さんや御朱印・駐車場情報まで紹介

酒列磯前神社 宝くじ 御朱印

 

今回は、茨城県ひたちなか市のパワースポット、宝くじが当たる神社として知られている「酒列磯前神社」について紹介します。

 

この酒列磯前神社は、大洗町にある大洗磯前神社(おおあらいいそさきじんじゃ)と2社で一つの信仰を成す対の宮になっています。

 

神社の主な注目ポイントは2つ!

神秘的なパワースポットとして知られる樹叢と宝くじが当選するというご利益です。

 

酒列磯前神社の由緒、御祭神やご利益をはじめ、気になる宝くじ当選のご利益の実績や祈願の方法などまとめてみました!

 

ご利益や評判を聞いていると自分が欲張りになりそうですよ!

アクセスや駐車場情報も神社巡り、ひたちなか観光の参考にしてみてください。

 

酒列磯前神社は宝くじが当たる神社!御朱印や駐車場情報まで紹介








茨城県ひたちなか市磯崎町にある「酒列磯前神社」は、パワースポットとしても有名な神社です。

まずは、その由緒について神社の解説を参考に分かりやすくまとめてみました。

(由緒については、拝殿の左側にある石碑にも記載されています)

酒列磯前神社の由緒

平安時代に書かれた歴史書「日本文徳天皇実録」には下記の内容が記されています。

856年(斉衡3年)の12月29日に現在の大洗町、大洗磯前で製塩業の人が海に光るものを見た。

翌日また海へ行くと、海には大きな光る石が2つあり、その石の周りには20個もの小石が大石を取り囲んでいたそうです。

大きな2つの石は僧侶の姿をしていて、自分たちが大己貴命(オオナムチノミコト)と少彦名命(スクナヒコナノミコト)であると伝えました。

さらに、「昔、この国を造り終えてから東の海に去ったが、人々を救うために再び帰ってきた」とおっしゃいました。

そのことから、現在の大洗町に大己貴命を祀る「大洗磯前神社」、ひたちなか市に少彦名命を祀る「酒列磯前神社」が創建されました。

こうして二社が対となる存在として創建されました。

 

約1100年以上前からある歴史ある酒列磯前神社。

江戸時代には荒れてしまった時期がありますが、徳川光圀公(水戸黄門)が再興し、水戸藩主3代の徳川綱條が現在の場所に移しました。

 

 

酒列磯前神社に参拝に来たら、よりパワーを授かるために大洗磯前神社にも足を運ぶことをおすすめします。

 

対になっていますし、2つの似ているようでどこか雰囲気の違いもあるので、そんなところにも注目して参拝してみてはいかがでしょうか。

大洗磯前神社についてはこちらをチェック!

大洗磯前神社の神磯鳥居と波

>>大洗磯前神社の駐車場ガイド!絶景「神磯の鳥居」に近いのはどこ?

大洗磯前神社の前の海岸で水戸黄門で有名な徳川光圀公は、景色の美しさに感動して次のように詠んだそうです。

「あらいその岩にくだけて散る月を一つになしてかへる月かな」

 

大洗磯前神社の前の海岸は、今も景色が美しいと多くの方が訪れています。

 

アニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台などにもなって、現在でも幅広い方から人気を集める場所ですよ。

 

さらに酒列磯前神社の気になるところは、地元の人の間では有名な「宝くじが当たる神社」というご利益です。

 

宝くじが当たると言われる由縁、ご利益についてみていきましょう。

 

酒列磯前神社の宝くじが当たるご利益とは?

 

酒列磯前神社に祀られる御祭神からどんなご利益を授かることができるのでしょうか。

 

酒列磯前神社の主祭神、少彦名命 (スクナヒコナノミコト)によるご利益はというとこちらです。

  • 病気平癒
  • 健康長寿
  • 家内安全
  • 商売繁盛

 

医療の神様として信仰される神様なので、健康に不安がある方、病気の治療中の方、活力が衰えてきたな…などのお悩みがある方もぜひ参拝してご利益を授かってみてはいかがでしょうか。

宝くじ当選!亀の石像をなでなで!

https://twitter.com/n4xge/status/937258050750111744

酒列磯前神社は、宝くじが当たるパワースポットとして人気を集める神社です。

 

参道の出口付近に宝くじが当たると言われる「ウミガメの像」があります。

 

このウミガメの像は、この酒列磯前神社を参拝した後に宝くじが当たったという方が寄贈したものだそうです。

 

亀は、古くから漁のときにウミガメが網にかかると吉兆のサインとして知られています。特にこの辺りは海が近い地域なので、亀は昔から縁起の良い存在でした。

 

このようなことから、参拝したときにウミガメ像をなでることで、宝くじ当選のご利益を授かれると言われています。

亀さんを探してみてくさいださいね!

 

そのご利益は本当なのか?と思いますが、高額当選がけっこう出ている実績も神社の案内板に記載されています。

 

高額当選の実績は、1億円以上が15本、総額30億円を超えているとか!

 

すごいですね。

1億円以上がバンバン当たってるじゃないですか!

 

ジョイフル本田ニューポートひたちなか店内の宝くじ売り場ジョイフル本田チャンスセンターでの、年末ジャンボ発売日に以後一年間の高額当選券発売と多くの方々が当選しますようにと、当社神職と巫女が売り場で祈願祭を依頼により執行しております。引用:酒列磯前神社

 

ちゃんと宝くじ売り場でも祈願されているようです。

宝くじ当選祈願の方法

実績のある宝くじ運アップのご利益ですが、どのようにして授かるのか手順があります。

参拝順路

1.酒列磯前神社で参拝をする

2.授与所で金運御守りを受ける

3.境内の亀さんの頭をなでる

4.ジョイフル本田ニューポートひたちなかへ宝くじを買いに行く

この手順は境内の案内板にも書かれています。

 

さらに細かく聞いてみると、参拝して亀の頭をなでた手は、他のものには一切に触らず宝くじそのまま購入しに行ったら当選したという話もあるようです。

 

この宝くじが当たるというご利益、結果が口コミで広まり、都内や埼玉など近県からも参拝者が訪れるようになっています。

 

宝くじを買っている方は、ぜひともこの神社で参拝したいですね!

 

この鳥居をくぐって参道の出口付近に亀さんがいますよ!

酒列磯前神社 宝くじ ご利益 鳥居

酒列磯前神社の鳥居はけっこうな高さで、人がくぐる様子を遠くからみてると小人に見えるくらいです。

この鳥居から続く参道もパワースポットになっています。








酒列磯前神社の樹叢がパワースポット

酒列磯前神社 パワースポット 参道 樹叢

この参道、両側に続く木々で作られたトンネルがとても神秘的!

 

酒列磯前神社は、本殿に向かうまでの約300mほどの参道が神秘的なパワースポットとして知られています。

 

社叢は、境内周辺と合わせると38,837㎡(約11748坪)という広大な自然林です。

 

境内林内部には、7世紀頃に造営されたと考えられる古墳も点在しており、茨城県の天然記念物に指定されています。

 

酒列磯前神社 パワースポット 参道 社叢

参道の両側に樹齢300年以上のオオバイボダ、スダジイ、ヒサカキ、ユズリハ、モチノキ、シロダモ、ヤブツバキ、タブノキなどの常緑広葉樹、椿が生育しています。

 

ヤブツバキが優占する参道両側には、樹齢300年をこえるといわれるヤブツバキの古木に加え、枝振りに特有の奇観を呈するタブノキの古木が点在し、さらに、オオバイボタ、スダジイ、ヒサカキなどの常緑広葉樹が生育しています。特に、ヤブツバキの開花・落花時の景観は見事です。引用:茨城県教育委員会

 

広葉樹林は、関東にはほぼないと言われ、国内でも希少な森の一つです。

 

この参道がとにかく緑が豊かで、ジブリの世界みたいです。

見事な木々を見上げながら、ゆっくりとこの参道を歩けば古木から神聖なパワーを授かれそうです。

 

参道を歩けば「心が鎮まる感じがする」と感じる方も多いそうですよ。

 

木々に囲まれた参道の神社は珍しくありませんが、この雰囲気は一味違います。

 

ぜひ深呼吸しながらゆっくり歩いてみてください。

 

酒列磯前神社 宝くじ パワースポット 境内からの海

神社の境内からは海も。

拝殿の彫刻はあの伝説の職人によるもの!

酒列磯前神社 社殿 宝くじ▲社殿の造りが大洗とよく似ているけど雰囲気が違う!

ゆっくり景色を楽しみながら歩き、たどり着いた先の境内も木々に囲まれています。

 

参道や境内の木々の癒しからもそのご利益が授かれそうな雰囲気です。

 

拝殿もよく見ていただきたいですね。

写真はうまく撮影できなかったので無いですが、酒列磯前神社の拝殿で参拝した後に頭上の彫刻を見てみてください。

 

リスとブドウの彫刻が施されています。

この彫刻は、日光東照宮の彫刻を手掛けた左甚五郎という彫刻名人によるものなのです。

 

日光東照宮も彫刻が素晴らしいことで有名ですよね。

伝説とも言われた彫刻職人の繊細な装飾も楽しんでみてください。

末社群

二の鳥居を抜けると左手には末社群が並びます。

向かって左からこのような並びになっています。

  • 稲荷神社(祭神:倉稲魂命)
  • 天満宮(祭神:菅原道真公)
  • 事比羅神社(祭神:大物主命)
  • 冨士神社(祭神:木花咲耶媛命)
  • 水神社(祭神:罔象女命)

 

徳川斉昭公の御腰かけの石

すぐ近くには水戸藩第9代藩主であった徳川斉昭公が腰掛けたと言われる「徳川斉昭公の御腰かけの石」があります。

(2つ石があってどっちに座ったんだろう?!と気になる~。)

酒列鎮霊社

社殿向かって左側奥、本殿の北側には酒列鎮霊社が祀られています。

(祭神は日露戦争から大東亜戦争までの戦没者506柱。)

 

酒列磯前神社の御朱印

酒列磯前神社 御朱印

酒列磯前神社の御朱印は初穂料300円です。

こちらの御朱印ですが、以前は参拝日もなくプリント感がある御朱印でしたが、現在は日付入りでいただけるようになっているようです。

 

また近々参拝に行ったときには御朱印をいただいて来ようと思います。

初詣時期には限定御朱印もあったんですね。

受付は社殿向かって左手の授与所です。

受付時間 8:00~16:30
公式サイト http://sakatura.org/

(時間は変更になる場合がありますので、公式ページでご確認ください)

茨城県 御朱印
<茨城県の御朱印>神社・寺院でいただいてきた私の御朱印帳 茨城県内の神社もちょっとずつですが行けるときに参拝して、御朱印をいただいています。 参拝した証になる御朱印は思い出...

茨城県内でいただいてきた御朱印をまとめて掲載しています。








酒列磯前神社へのアクセスと駐車場

酒列磯前神社
電車でのアクセス JR勝田駅からタクシーで約20分
ひたちなか海浜鉄道磯崎駅から徒歩約5分
車でのアクセス 東水戸道路ひたち海浜公園ICから約5分
東水戸道路ひたちなかICから約10分
常磐道日立南太田ICから約25分
TEL  029-265-8220
住所 茨城県ひたちなか市磯崎町4607番地2

 

駐車場

一般車が100台収容可能な無料駐車場が用意されています。(大型バス専用は15台分)

 

また、駐車場にはお手洗いも完備されているので安心です。

酒列磯前神社から大洗磯前神社

酒列磯前神社から車で約15分でアクセスすることができます。

 

電車やバスの場合は、海浜鉄道那珂湊線磯崎駅から那珂湊駅で下車し、バスにて「大洗磯前神社下」のバス停で下車。

 

酒列磯前神社の周辺は宿泊にもおすすめ!

 

阿字ヶ浦海水浴場、国営ひたち海浜公園といった観光でも人気のレジャースポットの近くに位置しています。

 

大洗磯前神社なども合わせて観光するなら、ひたちなか市や大洗町のホテルや宿に泊まるのもおすすめです。

たくさんある中から私も泊まりたいと思う隠れ家的な宿を紹介します。

オーシャンフロント お宿 浜田館

酒列磯前神社 ホテル 宿 オーシャンフロント浜田屋
出典:楽天トラベル

「オーシャンフロントお宿 浜田館」は、酒列磯前神社からわずか500mのところにある宿です。

 

和洋室5部屋、和室が2部屋の7部屋限定で、波の音を感じながら癒しの空間で過ごすことができます。

 

パワースポットでも宿でも癒される旅になりますよ!

 

館内の様子やプランなどは下記よりチェックできます。


オーシャンフロント お宿 浜田館
住所 茨城県ひたちなか市阿字ケ浦町4

 

里海邸−金波楼本邸−

酒列磯前神社 宿 ホテル 金波楼本邸
出典:楽天トラベル

大洗町にある「里海邸−金波楼本邸−」は、大人の旅にはぴったりの隠れ家、別荘みたいな宿です。

 

海のすぐそばにあり、木材を贅沢に使った空間は高級感と温もりを感じます。

酒列磯前神社 宿 ホテル 金波楼本邸
出典:楽天トラベル

半露天風呂付のお部屋で、海を見ながらのんびりと。

宿泊料金はお高めですが、大人旅ならではの上質な時間を過ごせるでしょう。

 

週末など日頃の疲れをリフレッシュさせたいときにおすすめです。


里海邸 −金波楼本邸−
住所 〒311-1301 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6883

 

茨城県内には宝くじ運や金運アップのご利益が有名な神社、パワースポットが他にもあるので、こちらもチェックしてみてください。

 

亀さんをナデナデしにいこう!

不思議な伝説が残されている酒列磯前神社。

ぜひ神様が降臨した神磯の鳥居、酒列磯前神社と大洗磯前神社と併せて参拝してみてください。

 

宝くじの当選を祈願したい方は、参拝して亀さんをナデナデしてそのまま宝くじを買いに行かなきゃですね!

 

ひたちなか市のパワースポットで、ぜひリフレッシュしたり、神秘的なパワーを受けて行ってくださいね。

 

そして茨城観光を楽しんでいただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県は海、山、川と自然が豊かで美味しい食べ物とか素敵な場所がある恵まれた土地。だけど魅力度最下位。当たり前のようにここで育ってきた私もイマイチ茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、改めて茨城県の色んな場所に出かけて魅力を発掘し情報を発信していこうとブログを立ち上げました! 問い合わせもいただくようになってきました。 InstagramなどSNSのDMでも受付してます♪