イベント

【古河花火大会】2020年の日程は5月開催ですよ!穴場スポットや駐車場情報まとめ

 

茨城県内でもさまざまな地域で花火大会が毎年開催されますが、古河花火大会は夏の花火大会で1番人気があるのではないでしょうか。

 

関東で開催される中でも打ち上げ数が最高レベルです!

 

毎年夏に開催されますが、2020年は東京オリンピック・パラリンピックがあるため、5月に開催されます!

 

5月30日開催の予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け中止が発表されました。(2020年3月27日)

 

茨城県古河市で開催される人気の花火大会「古河花火大会」の日程から、穴場スポット、駐車場情報をまとめて紹介します。

 

【古河花火大会】2020年の日程は5月開催!穴場スポットや駐車場情報まとめ








こちらは2019年の古河花火大会の映像です。

古河花火大会は、茨城県古河市で開催されます。

 

渡良瀬川の土手に座ったり、寝転がりながら鑑賞することもできる人気の花火大会です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

EM(@emknnk)がシェアした投稿

この花火大会の見どころは、打ち上げ数も多いのですが、迫力のある三尺玉とワイドスターマイン、メロディに合わせて打ち上げられるスターマインです。

 

毎年20万人以上が訪れる花火大会なので、当日はかなりの人出が予想されます。

 

ですが、会場となる古河ゴルフリンクスは、渡良瀬川に面していて視界を遮るものを少ないので見やすいことでも評判です。

 

河川敷にシートを敷いて寝転がりながら迫力ある花火を見られる!最高です。

第15回 古河花火大会 2020年の日程・場所

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、5月30日の古河花火大会の開催中止が古河市より発表されました。(3月26日発表)

 

第15回 古河花火大会
  • 開催日:2020年5月30日(土)
  • 開催時間:19:20~20:30
  • 会場:古河ゴルフリンクス
  • 荒天の場合:順延 5月31日(日)

 

毎年8月上旬に開催されていますが、今年は東京オリンピックがありますからね。

予定をかなり早めての開催となっています。

 

合併15周年記念事業ということで、いつもと違った花火大会になると期待しちゃって良いかな?!

 

なんと言っても5月ですからね。この時期に見られる花火大会も過ごしやすくて良いかもしれません!

雨天の場合は?

小雨は決行されますが、荒天の場合は翌日の日曜日に順延となります。

 

順延となった場合は、2020年5月31日(日)の開催となる予定です。

 

古河花火大会の見どころ&評判

古河花火大会の見どころは、スカイツリーぐらい高く打ち上げられる三尺玉とワイドスターマインです!

 

この花火大会、打上げ数も約20,000発と関東最大級です。

(墨田区の花火大会と同じ打ち上げ数。)

 

通常の花火大会は4000発~10,000発くらいなので、規模が相当大きいのが分かりますね。

三尺玉がスケール凄すぎ!

古河花火大会 三尺玉 

古河花火大会の三尺玉の玉の重さは300㎏あり、打ちあがる高度は約600m!

 

さらに三尺玉は打ち上がると直径650mにもなるそうです!

下から見ていると大きくて迫力があるのは確かですが、650mもあったなんてけっこう驚き。

三東京スカイツリーの高さに及ぶくらいの壮大なスケールです。

 

ちなみに、同じ2万発を打ち上げる墨田区の花火大会は、最大花火で5号玉らしいですよ。

 

ざっくりと比較する画像を作ってみましたが、こんな感じです。

古河花火大会 三尺玉 大きさ 高さ 比較

三尺玉がめちゃくちゃ大きいことは伝わりましたかね。

 

確かに迫力満点で、圧倒されっぱなしです。

なんだか古河の花火ってあまり知られていないのに、すごくないですか?

 

2万発も打ち上げられるボリュームで、見ごたえがあるのであっという間の1時間です。

ワイドスターマイン

あとはワイドスターマインですね!

同時に横一列に打ち上げられる華やかさに圧倒されます。

 

過去の動画も改めて見ましたが、スターマインが豪華な上に音楽が重なると、花火の儚さも感じて感動しちゃいました。

 

古河花火大会をまだ見たことがない方は、過去の動画も参考にしてみてくださいね。

口コミでも評判

古河花火大会はそれほど歴史が長くないのですが、打ち上げ数が関東随一の約2万発!

 

そして20万人以上が訪れる一大イベントになっており、その迫力や美しさは評判です!

 

そんな実は人気の花火大会ですが、できるだけ人が少ない穴場スポットは押さえておきたいですよね。








古河花火大会の無料・穴場スポット

人気の花火大会。

無料で鑑賞できる場所がもちろんたくさんあります!

 

しかも、みなさん素敵な写真を撮影していらっしゃる!

 

打ち上げ場所は、渡良瀬川河川敷のゴルフ場です。

周囲には視界を遮る大きな建物な無いので、ある程度どこからでもストレスを感じないという見る側にも優しい会場ですね。

 

ということで、少しでも空いている場所で花火を楽しみたい方におすすめの穴場スポット情報を集めてみました。

穴場スポット1.渡良瀬遊水地

渡良瀬遊水地
住所 〒374-0111 群馬県邑楽郡板倉町大字海老瀬
会場からの距離 直線距離で約3㎞

 

「渡良瀬遊水地」からだと、画面からはみ出さないくらいの写真を撮影できます。

 

渡良瀬遊水地の谷中湖(栃木県側)からはこんな素敵な写真が!

 

写真をしっかり撮りたい!という方は、望遠でじっくりと構えることができるのでカメラや写真が趣味の方にも人気のスポット。

 

穴場だったんですけど、すっかり人気スポットになってきている模様です。

 

穴場スポット2.イオン古河店の屋上駐車場

低い花火は見られないようですが、気軽に観るにはもってこいですね。

イオン古河店
住所 〒306-0012 茨城県古河市旭町1丁目2−17
会場からの距離 約2.7㎞(車で11分)

 

2019年のイオン古河店の屋上駐車場の様子です。

イオン古河店では、16時からこのような感じで無料開放されるそうです。

穴場スポット3.新古河駅周辺渡良瀬川の土手

こちらのマップは新古河駅を示しておりますが、駅周辺の渡良瀬川の土手も穴場です。

 

ちょうど会場の反対側になりますね。

 

土手からも迫力満点な花火が見えます!

 

渡良瀬川を挟んだ反対側で、埼玉県大利根町の会場に近い最寄り駅ですが、それほど混雑しないのでおすすめです!

 

古河花火大会は茨城県古河市のイベントというイメージからか、会場の反対側ということもありこのエリア穴場スポットなんですよ。

 

低い位置で打ちあがる花火は若干見えづらくなりますが、迫力はかなりあります!

穴場スポット4.イトーヨーカドー古河店

これまで穴場スポットだったのですが、現在お店が閉業しているため花火の観覧ができません。

 

古河駅、会場の古河ゴルフリンクスとは反対方面に約10分くらい歩いていくと、イトーヨーカドー古河店があります。

 

ここの屋上駐車場は、花火大会の日に無料開放してくれます。

 

屋上からは視界を遮るものがないので、三尺玉もばっちり!美しい花火を存分に堪能できますよ!

トイレや食べもの、飲み物も買えるのも良い!

 

駐車場なので、車の往来は十分に注意を。

「十間道路沿い」という選択肢もあります。

古河駅から会場の反対側に伸びる道路沿いで、建物の間から花火が見える場所を見つけて楽しむ方もいらっしゃいます。

ただし、車にはご注意を!

場所取りの注意事項

古河花火大会公式ホームページにも記載がありますが、渡良瀬川の土手での場所取りについて禁止事項があるので確認しておきましょう。

 

・大会本部付近、草刈り前の土手の場所取り禁止。
・土手をスコップなどで削る行為禁止。
・ビニールやオレンジネットフェンス等で囲った立ち入り禁止区域への侵入。
・サイクリングロード(白線内)の場所取り禁止。
・土手上に杭や板等での工作物(観覧席など)の設置禁止。
・ビニールやオレンジネット等で囲った危険場所への立入禁止
引用:こがナビ

 

詳しくはこちら。

土手に限らず、他の人への迷惑にならないようルールを守って花火大会を楽しみましょう。








古河花火大会の駐車場情報

古河花火大会では、会場周辺に約2,000台が駐車できる無料駐車場が用意されています。

 

無料駐車場
  • 古河第一小学校(250台)
  • 古河第二小学校(250台)
  • 古河第三小学校(250台)
  • 古河第六小学校(150台)
  • 市役所古河庁舎(200台)
  • 古河総合公園(600台)
  • 福祉の森会館(300台)

こちらが臨時駐車場として無料開放されている駐車場です。

 

古河花火大会へのアクセス方法!交通規制は?

古河花火大会の会場は「古河ゴルフリンクス」です。

車で行く方は混雑に注意!

東北自動車道館林ICから国道354号を古河方面へ約14㎞

先ほど紹介しましたが、会場周辺に無料駐車場がたくさん用意されていますが、すぐに満車になってしまいます。

 

古河花火大会 アクセス 交通規制

出典:こがナビ

(2019年時の交通規制マップ参考)

また、会場付近は道路が交通規制が行われるので、広い範囲で通行止めになってしまいます。

 

会場周辺の道路は開始時間に近づくにつれて渋滞してしまいます。

 

車で行かれる際は、有料になりますが、一駅隣のコインパーキングを利用するのもおすすめの方法です。

 

JR古河駅の1つ手前の駅付近に車を停めて、一駅だけ電車に乗って会場へ向かいます。

 

駐車場と電車でちょっとお金はかかってしまいますが、会場周辺道路と駐車場の混雑を避けるならこの方法がベストかなと思います。

電車での行き方

最寄駅は「JR古河駅」東武鉄道「新古河駅」になります。

 

会場へは、古河駅からも新古河駅からも徒歩で20分くらいです。

 

古河花火大会の有料席&チケット情報

50万人以上が訪れる花火大会なので、できればよい良い席でゆっくりと観覧したいという方もいらっしゃいますよね。

 

そういった方は、有料席のチケットを手に入れて楽しみましょう!

 

有料席情報
  • 販売日:
  • 販売時間:午前8~午前11時
  • 場所:古河市中央公民館 1階大ホール
  • 販売数:約500区画前後
  • 料金:1区画10,000円
    ※お一人様1区画まで
    ※販売は先着順(電話での予約・販売は不可)
  • 定員:4名(1区画:約1.8m×1.8m)
  • 公式ホームページ:https://www.kogakanko.jp/hanabi

 

4名が座れる広さのブルーシートの有料席は、大人2人でゴロンと寝そべりながら見ると、今にも降って来そうな花火をゆったり楽しめるそうです。

 

有料観覧席は、販売前整理券を配るくらい人気だそうです。

2020年の有料席販売については現在準備中とのこと。(2020年3月13日現在)

 

随時公式ページをチェックしておきましょう。








古河花火大会の場所取りは何時から?混雑する時間帯は?

人気の花火大会は混雑するのは当たり前!

 

場所取りやお出かけの際には、混雑する時間帯やピークも確認しておきましょう。

 

例年、場所取りは昼頃から徐々に始まっていくようですが、午後5時くらいまではそれほど埋まっていない様子だと聞きます。

 

最初にもお伝えしたように20万人以上が来場する花火大会なので、人はもちろんたくさんいます。

しかし、雰囲気的に殺伐としていない感じで。

 

お昼前には到着していないと無理!という感じではありません。

 

帰りも電車なら混雑することなくスムーズに帰ることができます。

車の場合は、混雑がおきるのも仕方ないですね。(古河近辺の人、という茨城県民は車移動が多いので。)

古河の花火大会の屋台情報

花火大会のもう1つの楽しみと言ったら「屋台」ですね!

 

JR古河駅から会場まで屋台が出ています。

時間に余裕があったりする場合は、会場へ来るまでのレストランなどで食べたりする方もいらっしゃいます。

 

会場周辺ではいろんな屋台が並び、すごい行列ができている人気のお店もあったりします。

 

花火が始まってしまうのでは?と気になるくらいの行列だったと思います。(花より団子的な?間に合う?と勝手に心配していました。)

 

新古河駅には屋台はほとんどありません。

なので、屋台の雰囲気も楽しみたいという方は、メイン会場側へ向かいましょう。

 

食べ物を食べた後のゴミは持ち帰るか、指定の場所へ捨てましょう。

公式ホームページにも掲載されていますが、花火大会後の翌日に古河市民のみなさんで政争が行われています。

古河花火大会、素敵なイベントです。

古河花火大会のトイレの場所は?

混雑する花火大会はトイレの場所も気になりますよね。

 

古河花火大会の会場周辺には、常設トイレと仮設トイレが多く設置されています。

 

人出の割にはトイレの順番待ちでかなり待った…ということが無いとの声もありました。

 

女性やお子さま連れの方は、鑑賞する場所の近くのトイレはチェックしておきましょう。

 

毎年同じ感じなので、2019年のトイレマップを参考にしてみてください。

 

▼茨城県内の花火大会情報はこちら!

花火大会の持ち物&必需品!

花火大会では身軽に行きたいですが、持って行った方がいい便利アイテムもありますよね!

虫よけ


夏の屋外では必需品ですね。

今年は春の開催なので、必要なさそう!

 

自分が虫に刺されないようにするのも大事なんですが、ゴルフ場なのでけっこうコオロギとかたくさん飛んできます。

 

虫嫌いな方は万全な対策を!

携帯扇風機


夏の暑い日は携帯扇風機もかなりのお役立ちアイテム!

しかも首から下げられるタイプなら、両手が空くので荷物を持ちながらの移動も飲食も快適にできますね。

レジャーシート


河川敷でゴロゴロするのには必須アイテムですね。

前日の天気によってもコンディションが変わってくるので、レジャーシートは水が浸みてこないやつを用意しておきましょう。

 

さいごに

古河市で開催される古河花火大会は、ちょっと遠くても行ってみる価値ある花火大会です。

 

それだけ見応え十分です!

有名な花火大会よりは混雑も無い感じですし、見通しの良い河川敷が確保できたらゴロゴロしながらゆっくり花火が見ることができます。

 

けっこう穴場の花火大会なので、今年は会場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県は海、山、川と自然が豊かで美味しい食べ物とか素敵な場所がある恵まれた土地。だけど魅力度最下位。当たり前のようにここで育ってきた私もイマイチ茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、改めて茨城県の色んな場所に出かけて魅力を発掘し情報を発信していこうとブログを立ち上げました! 問い合わせもいただくようになってきました。 InstagramなどSNSのDMでも受付してます♪