グルメスポット

大洗海鮮市場で海鮮グルメにお買い物!駐車場やアクセス・周辺の人気店まとめ

大洗海鮮市場 駐車場

 

茨城県大洗町の大洗漁港の周りには、観光でも人気なグルメスポットが集結しています。

今回は、その中でも人気の「大洗海鮮市場」をたっぷりと紹介していきますよ!

 

漁港であがった海鮮を中心に、新鮮な魚介類を食べたり、お買い物をしたりすることができるため、海鮮グルメやお買い物を目的に県外から来られる方が多いことでも有名な海鮮市場です。

新鮮なお刺身や海鮮丼をはじめ、干物や浜焼きを食べて楽しむのもおすすめ!

 

大洗海鮮市場について駐車場情報をはじめ、店舗やおすすめグルメなどまとめて紹介していきます。

 

大洗海鮮市場で海鮮グルメにお買い物!駐車場やアクセス・周辺の人気店まとめ








 

「大洗海鮮市場」は、大洗町の中でも人気のグルメスポット。

大洗漁港で水揚げされたばかりの新鮮なお魚を海鮮丼や浜焼きで楽しんだり、お土産にぴったりな自家製干物なども人気です。

特にランチで楽しまれている方が多いかな!

 

海鮮どんぶり亭で食事をすると、「お買い物10%OFF券」のプレゼントという嬉しいサービスまであるんです。

大洗沖、鹿島灘で水揚げされた新鮮魚介の直売所なので、スーパーでは手に入らないような魚も並んでいます。

自家製の干物、塩辛やかまぼこ、佃煮などの加工品も購入することができるのでお土産の購入にもおすすめです。

 

それでは、気になる駐車場や営業時間など基本情報からチェックしていきましょう。

基本情報

大洗海鮮市場
所在地 〒311-1301茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-56
営業時間 平日7:30~19:00
土日祝6:30~19:00
定休日 年中無休
問い合わせ 029-267-0121
公式ホームページ http://www.oarai-kaisen.com/

 

大洗海鮮市場の駐車場情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

津村(@tsumu0314)がシェアした投稿

大洗漁港のすぐ目の前。

「サンビーチ通り」という大通りに面しており、黄色の大きな看板が目印になっています。

 

大洗海鮮市場は、大通りに面した場所に専用駐車場があり、無料で利用することができます。

平日は割と空いていますが、週末や連休中はお昼時になると駐車場が満車になることも多いです。

ランチに来られる方が多いので、混雑を避けるなら早めの来店がおすすめです!

 

大洗海鮮市場のアクセス方法

大洗海鮮市場へのアクセス方法はこちらです。

車での行き方

大洗海鮮市場へ車での行き方ですが、常磐自動車道・北関東道より東水戸道路「水戸大洗IC」の高速出口信号を左折し、国道51号を鹿嶋・大洗方面へ。

「塩崎」交差点を過ぎ200mほどの進んだところの分岐を「大洗市街」方面へ。

「大洗駅入口」交差点を左折し、道なりに進みます。大きな石の鳥居が目印「大洗鳥居下」交差点を過ぎて1つ目の信号を過ぎたら左手に黄色い看板「大洗海鮮市場」が見えてきます。

電車とバスでの行き方

JR常磐線水戸駅で「鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線」に乗り換え、「大洗駅」下車(水戸駅から約15分)

「大洗駅」より大洗町循環バス・海遊号に乗車し、「漁港入口」バス停下車で徒歩2分です。(※日曜はバス停「魚市場前」下車で徒歩1分)

 

大洗海鮮市場の「海鮮どんぶり亭」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sobayoriudon(@gukouyazhi)がシェアした投稿

大洗海鮮市場の「海鮮どんぶり亭」は、新鮮な海鮮が食べられる定食を楽しめます。

店内は、全37席(テーブル24席・カウンター13席)です。

海鮮というと生ものが多いイメージですが、こちらのお店の1番人気は浜焼きがメインの「がんばっぺ大洗定食」です。

 

季節の素材を使用した浜焼きに、地魚のから揚げ、しらすおろしが並びます。生ものが苦手な方でも楽しめて、ボリュームも満点!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@m6zat_oooがシェアした投稿

他にも限定の焼魚・煮魚定食がありますが、香ばしく焼かれた旬なお魚やしっとりとした煮魚だけでなく、さらにお刺身の盛り合わせなどがついた豪華な定食です。

市場ならではの新鮮なお魚をふんだんに楽しめるおすすめの定食です。

もちろん「どんぶり亭」なので丼もののメニューも充実しています!








大洗海鮮市場の「市場の浜焼き」

大洗海鮮市場 浜焼き

大洗海鮮市場では「浜焼き」もおすすめです!

はまぐり、ホタテ、牡蠣、エビ、イカ…など好きな食材を自分で焼いて食べる!シンプルなこの浜焼きは抜群に美味しいです。

 

磯の香と潮の風味が調味料!

魚介の旨味をストレートに楽しめる漁港ならではのグルメですよね。

目の前で自分で焼いて食べるのも楽しいし、ビールを片手に味わってみてはいかがでしょうか。

 

食事の後に市場でお買い物!

 

この投稿をInstagramで見る

 

たかやまゆう(@takayama_quality)がシェアした投稿

お腹いっぱいになったら、お土産に市場でお買い物をしていきましょう!

海鮮どんぶり亭で食事の利用をすると「お買い物10%OFF券」のプレゼントもあるので、食事の後にお買い物をするのがおすすめですよ!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsugumihashi(@tsugumihashi)がシェアした投稿

元気よすぎるタコの脱走!

市場には新鮮な魚介が並んでいます。

他にも干物や加工品、名産物やお菓子などまで多数取り揃えられています。

 

大洗海鮮市場では食べて、買い物して楽しめる場所ですが、この近くにはまだまだ人気&有名なお店があるので合わせて紹介します。








大洗海鮮市場の周辺は人気・名店が勢ぞろい!

大洗海鮮市場 周辺 しらす丼

大洗海鮮市場や大洗漁港の周辺には「大洗と言えばココ!」というお店も集結しています!

また、港近くのお店は営業時間が11時ごろから14時・15時までのお店が多いので、ちょっと遅めのランチをする際には時間に注意して来店してください!

 

まずは大洗海鮮市場と同じ通りに続く3軒のお店から紹介していきましょう。

魚留

大洗海鮮市場と同じ通りに並ぶ「魚留」でも大洗港で水揚げされた鮮度抜群な魚介を使った料理を楽しむことができます。

木の温もり感じる和モダンなお店は観光客からも評判です。

人気のメニューは「6種類の刺身定食」、「10種類の海鮮丼」。地魚を使った料理が名物のお店。

店舗情報

魚留
営業時間 11:00~15:00
定休日 火曜日
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-24
TEL 029-267-5030

 

海のごはん家 磯菊

さきほどの魚留さんの隣にあるのが「海のごはん家 磯菊」

こちらは創業100年の魚問屋が2017年にオープンした新鮮な魚料理が自慢のお店です。

15種類の鮮魚を盛り合わせたボリューミーな「特選海鮮丼」が名物!

他にもさまざまな海鮮丼がメニューで用意されています。

 

大洗名物の生しらすをふんだんに使った「生しらすとはまぐり丼」、日曜祭日限定で食べられる「はまぐり炊き込みご飯」といったメニューもおすすめです!

店舗情報

海のごはん家 磯菊
営業時間 11:00~15:00
定休日 金曜日
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-24
TEL 029-212-989

 

かじま

海のごはん家の隣には「かじま」というお店があります。

カニの加工業として80年の歴史がある老舗店が、大洗の鮮魚を楽しんでもらおうという思いでお店をオープン。

 

こちらの看板メニューは「なめろう丼」。

なめろうというと魚を細かくたたいてあるイメージですが、かじまの場合は大きな身のままいただくのが特徴です。

魚のバリエーションもいろいろあって、人気のメニューとなっています。

カニのコロッケも評判ですよ!

店舗情報

かじま
営業時間 10:30~16:00(土日は17時まで)
定休日 水曜日
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-24
TEL 029-212-4737

 

お次は大洗の名店です!

大洗町漁協かあちゃんの店

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yumeko(@mekko.mekko)がシェアした投稿

大洗海鮮市場の目の前にある「大洗町漁協かあちゃんの店」は、テレビや雑誌などでもたびたび取り上げられている有名&人気店です。

ボリューム満点でリーズナブルな海鮮料理が勢ぞろいしています。

 

旬なお刺身定食。一番人気は「生しらす丼」ですね。

生しらすと釜揚げしらすの両方を味わえる丼もありますよ!

 

「かあちゃん御膳」は、大きなかき揚げが2つ、お刺身、小鉢2つ、ご飯にあら汁がセットになっています。

男性もがっつり食べられる定食です。

 

大洗港の駐車場を利用することができます。(お食事をすると無料で駐車場利用可能)

休日は行列ができるほどの人気店。現在では近くに別館もオープンされています!

店舗情報

大洗漁協かあちゃんの店
営業時間 10:00~15:00
定休日 月曜日
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町東8253-10
TEL 029-267-5760
公式ホームページ https://www.jf-oarai.com/mother








かに弥

 

この投稿をInstagramで見る

 

ryo(@tap_56)がシェアした投稿

大洗漁協かあちゃんの店の隣にあるのが、美味しいカニ料理を堪能することができる「かに弥」です。

高級なカニを手ごろな価格で気軽に楽しむことができます。テイクアウトでもその場でもOK!

 

人気のメニューは、かにの旨味がたっぷりと浸み込んだ「かにめし」に、こちらも旨味たっぷりでボリューム満点な「かに汁」

カニ好きさんはたまらないお店なのではないでしょうか。リーズナブルに楽しめるのでおすすめですよ。

店舗情報

かに弥
営業時間 9:00~16:00
定休日 水曜日
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-22
TEL 029-266-2141

 

お魚天国

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akihisa Nakayama(@nakayamaakihisa)がシェアした投稿

大洗海鮮市場から1分もかからない場所にあり、かに弥の目の前にあるのが「お魚天国」という人気回転寿司店です。

「海鮮と言ったら寿司!」という方はこちらのお寿司をランチやディナーにいかがでしょうか。

 

その日の朝、水揚げされた魚をお寿司に使用しています。ベテランの職人さんによる本格的なお寿司を楽しんでみてください。

お子さま連れの方にも人気です。

店舗情報

お魚天国
営業時間 11:00~20:00
(土日は10時オープン)
定休日 年中無休
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253-18
TEL 029-264-7676
公式ホームページ https://www.osakana-tengoku.com/

 

カキ小屋・飯岡屋水産

大洗海鮮市場 周辺 カキ小屋

お魚天国の並びにあるのが「カキ小屋・飯岡屋水産」です。

飯岡屋水産は大洗の新鮮な海鮮を販売しています。

「カキ小屋」では、大洗名産の岩牡蠣をはじめ、さまざまな海鮮や干物などを浜焼きで楽しむことができます。

テラス席もあるので雰囲気も楽しめて大人気です。

 

浜焼きはバイキング形式で自分の好きな物を楽しんだり、セットメニューもあるのでお好みで選んでみてください。

営業時間は7時30分から17時30分までと、早い時間からの営業しています。

店舗情報

カキ小屋・飯岡屋水産
営業時間 8:30~17:30(土日は18:00まで)
定休日 年中無休
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8253
TEL 029-266-1197

 

ご馳走 青柳

「ご馳走 青柳」は、大洗海鮮市場から少し離れていますが大洗の名物でもある「あんこう」を使ったあんこう料理が自慢のお店です。

 

高級食材のあんこうを惜しげもなく使用したあんこう鍋の「どぶ汁」が看板メニュー!

どぶ汁は、水を一切使用せずに、アンコウと野菜の水分だけで作られています。

目の前で調理をしてくれるので、その工程を楽しむこともできますよ。

 

ぜひ、アンコウが旬なシーズンに来て、あん肝のコクと旨味を存分に味わってみてください。

店舗情報

ご馳走 青柳
営業時間 11:30~14:00
17:30~21:00
定休日 火曜日
住所 茨城県東茨城郡大洗町東光台3-22
TEL 029-352-3520

 

▼大洗であんこう鍋を楽しめるお店はこちらでも紹介しています。 

>>あんこう鍋がうまい大洗のおすすめ店・旅館15選!茨城の冬グルメ自慢!

 

森寅ひもの館

大洗海鮮市場でも干物など購入することができますが、「お土産に干物を買って行きたい!」という方は「森寅ひもの館」もおすすめです。

こちらではお店脇にある工場で作ったばかりの干物を販売されています。

 

アジ、キンメダイ、カサゴ、キンキなど20種類以上の品数が並ぶので、いろんな干物を購入することができて、さらにひとつひとつラッピングがされているのもポイント!

 

個包装されていると色んな種類を選ぶことができるし、高級感もあるのでお土産にも最適です!

店舗情報

森寅ひもの館
営業時間 8:30~17:00
定休日 水曜日
住所 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町16
TEL 029-267-2514

 

大洗海鮮市場で大洗名物グルメを堪能

大洗海鮮市場は、大洗観光の定番グルメスポットです。

新鮮な魚をそのまま味わったり、浜焼きで堪能できるのは、市場ならではの楽しみ方ですよね。

 

また、大洗漁港周辺には人気店が集結していて、それぞれで自慢の料理をいただくことができます。

駐車場も完備されているので、ランチに美味しい海鮮料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

休日の場合は混雑しやすいので、早めの来店がおすすめですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県は海、山、川と自然が豊かで美味しい食べ物とか素敵な場所がある恵まれた土地。だけど魅力度最下位。当たり前のようにここで育ってきた私もイマイチ茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、改めて茨城県の色んな場所に出かけて魅力を発掘し情報を発信していこうとブログを立ち上げました! 問い合わせもいただくようになってきました。 InstagramなどSNSのDMでも受付してます♪