グルメ・お土産

「那珂湊おさかな市場」寿司・海鮮丼好きが集まる人気のランチスポット

ひたちなか ランチ 那珂湊おさかな市場

 

茨城県ひたちなか市には那珂湊港があり、隣接する「那珂湊おさかな市場」で水揚げされたばかりの魚介を楽しむことができます。

 

この市場は、関東有数の観光市場で年間通してたくさんの観光客が訪れます。

なんと毎年約100万人です!

 

どの魚介も新鮮でリーズナブルに買い物やランチが楽しめるから人気なんです!

 

お寿司好き、海鮮好きにはたまらない、市場の人気の食事処を紹介しますよ!

「那珂湊おさかな市場」でお寿司や海鮮を食べつくす!








 

茨城県ひたちなか市にある那珂湊おさかな市場

美味しい海鮮グルメが食べられるので、観光で来られる方には特におすすめです。

 

那珂湊おさかな市場

1995年にできた観光魚市場で、水揚げされたばかりの新鮮な魚介が並ぶおさかな市場。

 

水戸市民の私もバーベキューをする時や年末などに買い物に来たりします!

 

いつでも人で賑わっている人気のグルメスポットです。

 

ひたちなか海浜鉄道湊線・那珂湊駅から徒歩10分のところにあり、市場には5軒の海産物販売店と7軒のお食事どころがあります。

 

では、早速おすすめのお店を紹介していきますね!

 

映える豪快海鮮丼「小舟」

 

 

View this post on Instagram

 

さくらさん(@sakura083023)がシェアした投稿

「さざ波丼」朝獲れの海鮮が豪快に!!

せっかくだから、ひたちなかのものを楽しみたいですよね。

 

小舟では、大洗、那珂湊近海の新鮮な魚が豪快に楽しめることで、市場の中でも特に人気のお店。

 

美味しい上に、写真映えするから若い世代にも大人気!

 

季節で旬なものが変わるので、リピーターも多いんです!

 

「海女ちゃん丼」は、根昆布がふんだんに使われているので、女性やヘルシー志向な方にもおすすめ!

 

小舟
営業時間 11:00~17:00
定休日 第2,4金曜日

 

海鮮と言えばお寿司!「海鮮すし 海花亭」

 

View this post on Instagram

 

@mameline_がシェアした投稿

海鮮と言えばまずお寿司ですよね!

 

海鮮すし海花亭さんは、市場の中でも旬な地魚が楽しめる人気のお寿司屋さん。

 

ネタも豊富ですが、桶に入ったどんぶりメニューはボリューム満点で男性に人気!

 

新鮮な海鮮に絶対満足できちゃいます!

 

海鮮すし 海花亭
営業時間 [平日] 11:100~18:00(L.O)
[土] 10:30~19:30(L.O)
[日] 10:30~19:00(L.O)
定休日 水曜日
※祝日の場合は営業








がっつり海鮮丼「東光庵」

 

 

View this post on Instagram

 

Akiko Tsukiyamaさん(@akikolabo)がシェアした投稿

海鮮丼をがっつり食べたい方は、東光庵の「三浜丼」がおすすめ!

 

なんと海鮮が15種類!

 

だいぶ豪快な感じで、どんぶりからはみ出す勢いですよ~

 

ネタの種類が豊富なだけでなく、もちろん鮮度も抜群です!

 

このどんぶりでもリーズナブルなお値段で食べられるので、海鮮好きにはたまらないですね。

 

東光庵
営業時間 10:30~15:00
定休日 月曜日

 

名物炙り丼がおすすめ「海鮮丸 香林」

 

View this post on Instagram

 

中井孝さん(@buono_t.nakai)がシェアした投稿

ボリューム満点の海鮮丼なら「海鮮丸 香林」や「十二単丼」はいろんな種類の鮮魚を楽しみたい方はぜひこちらを。

 

こちらも人気で、連休などの行楽シーズンは大行列ができるほど人気なお店!

 

名物は炙り丼!!

 

お刺身でも十分美味しいのですが、火であぶることで一層風味が増してうまい!!

だし汁をかけてお茶漬けでも楽しめるそうですよ。

 

海鮮丸 香林
営業時間 [平日]10:30~16:00
[土曜]10:00~16:30
[日曜]9:30~17:00
定休日 火曜日








いくら好きにはたまらない「海鮮処 海門」

 

View this post on Instagram

 

Tae Tarさん(@aey_ploenpis)がシェアした投稿

 

赤字覚悟の「ぶっかけ!いくら丼」は自社で味付けしているいくらを使っています。

 

お店自慢のいくらはとてもキラキラしていて、目で見ているだけでも美味しさが伝わってきます。

 

オリジナルの「丼たれ」で食べる海鮮はこのお店だけで楽しめる味わいです。

 

海鮮処 海門
営業時間 9:30~16:00
土曜 8:30~17:30(日曜17:00)
定休日 木曜日

 

那珂湊おさかな市場で買い物するなら午前中!

 

View this post on Instagram

 

SHOHEIさん(@sho__he)がシェアした投稿

港で獲れた魚介はそのままお店に並びます。

だから鮮度は間違いなく抜群!

 

それでいて値段も安いのが市場ならでは!うれしい悲鳴ですよ。

 

定番の魚から珍しい地魚までさまざまな魚介類が並んでいます。

 

冬には高級魚のアンコウも2,000円~という安さで手に入っちゃうんです!

 

那珂湊港でよくあがるのは

  • ヒラメ
  • ホウボウ
  • タイ
  • サヨリ
  • タコ
  • ヤリイカ

などがよく獲れるそうです。

 

さらに水戸の市場から全国でとれる魚介類も仕入れられています。

だから品揃えも豊富なんです。

 

午後には品切れが続出するので、お買い物を楽しむなら午前中がおすすめですよ!

 

市場でのお買い物なら、お店の人に値段を値切るのも醍醐味ですよね(笑)

 

以前、バーベキューの買出しに行ったとき、半額まで値引いてくれたり、量を増やしておまけしてくれたりしました!

 

ぜひ、こういったお店の人とのやり取りも楽しんでみてはいかがでしょうか。








市場内で食べ歩きも楽しめる!

 

View this post on Instagram

 

Riiiii504さん(@riiiii504)がシェアした投稿

新鮮な魚介類を見てお買い物していると、やっぱりちょっと食べたくなりますよね。

 

立派な生牡蠣をその場で食べさせてもらえるところがあります。

 

1個250円くらいだったかな?

お手頃なので買い物の途中で味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

View this post on Instagram

 

Kempei Okinaさん(@kempei_okina)がシェアした投稿

この他にも地魚のみりん干しが並んでいたり、トロサバの文化干しなどなど・・・

 

お店の方が試食をおすすめしてくれるので、味見も楽しむことができます。

 

試食でいただいたときに、「あっ、これ買って帰りたい!」って思って、肉厚なみりん干しを買ったことがあります。

 

個人的にもみりん干しがおすすめ!

サイズが大きくて、5種類(5枚)で500円という安さ!

 

なので、つい買い物が楽しくなってしまいます(笑)

 

そして、那珂湊おさかな市場がある場所は、ネモフィラやコキアで有名な「国営ひたち海浜公園」へも足を運びやすいので、ぜひ一緒に観光してみてはいかがでしょうか?

 

大洗水族館、マリンタワーなどのある大洗町も近い場所にありますよ!

 

那珂湊おさかな市場の駐車場とアクセス方法

那珂湊おさかな市場

  • 所在地:〒311-1221 茨城県ひたちなか市湊本町19-8
  • アクセス
    車:北関東自動車道(東水戸道路)ひたちなかICから10分
    電車:ひたちなか海浜鉄道湊線「那珂湊駅」から徒歩10分
  • 【駐車場】
    普通車:100円/4時間
    乗合型乗用車210円/4時間
    ※駐車場は午前7時~
  • 【市営海門町駐車場】
    普通車:100円/4時間、200円/1日
  • 問い合わせ
    那珂湊おさかな市場事務局
    TEL:029-263-6779(丸喜水産)








那珂湊おさかな市場から国営ひたち海浜公園へ行くには?

市場でちょっと早めにランチを済ませて、近くの国営ひたち海浜公園に遊びに行くのもおすすめコースです!

 

那珂港おさかな市場から国営ひたち海浜公園までの距離は、7.4キロなので通常は車でアクセスするのも20分かかりません。

車の場合(所要時間17分)

  1. 国道245号まで県道6号 を進む 7分(1.8 km)
  2. 国道245号を進み、常陸那珂有料道路/県道57号に入って新光町の県道247号へ
  3. ひたち海浜公園ICで常陸那珂有料道路/県道57号 を出る7分(6.4 km)
  4. 目的地まで県道247号を進む3分(650 m)

バスの場合(所要時間約30~40分)

那珂湊駅→海浜公園西口

料金:100円

 

那珂湊おさかな市場は、食事だけでなく市場で買い物ももちろん楽しむことができます。

 

新鮮なお魚をリーズナブルに楽しめる那珂湊おさかな市場で茨城県ひたちなか市自慢の海鮮を楽しんでみてくださいね!

 

ABOUT ME
KYOKO
茨城県には美味しい食べ物とか素敵な場所があるけれど、イマイチ私も茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、茨城県の情報を発信して魅力を発掘していきます! 問い合わせは、InstagramなどSNSのDMでも受付してます。