県西エリア

【道の駅まくらがの里こが】パン屋とおったまげ天丼が人気!(古河市)

道の駅枕がの里こが パン屋 古河市


茨城県古河市の「道の駅まくらがの里こが」を紹介します。

地域の特色が楽しめるご当地グルメが気軽に味わえるのも道の駅ならでは!古河市の美味しいグルメを満喫しながら、観光の休憩&お土産探しなどしていきましょう。

道の駅 まくらがの里こが(古河市)

茨城県西部の古河市にある「道の駅まくらがの里こが」は、2013年に茨城県最大級の道の駅としてオープンしました。

東京や埼玉県さいたま市、栃木県宇都宮市までの距離が50~60㎞であり、都内や栃木県方面を結ぶ国道4号(古河小山バイパス)沿いに立地しています。

アクセスは新4号バイパス沿い、大和田交差点付近です。

市内周遊バス「ぐるりん号」が停車するので、車だけでなく、市内をバスで観光される方も立ち寄りやすくなりました。

 

道の駅の施設内には5つのエリアがあり、地元古河市でとれた農産物の直売所をはじめ、お土産販売、フードコートなど充実しています。

道の駅まくらがの里こが

  • 古河マルシェ「まくらが」
  • お土産コーナー「ゆきはな」
  • 地産地消のフードコート「みやことほまれ」
  • お茶屋「さしま」
  • カフェ&ベーカリー「はなもも」
  • コンシェルジュカウンター

茨城県の西の玄関口として、古河近郊の名産品をはじめ、県内の名産品も幅広く取り揃えられています。

まくらがの里こがならではの特色は、店内で毎日焼き上げるパン屋さんと、特産物である「さしま茶」を取り揃えるコーナーです。

直売所のお野菜たちは豊富な品揃えで、作り手の顔が見えることも大切にしています。地元野菜には農家さんの顔写真と名前が明記されたPOPが設置されています。そのため、農家さんの指名買いをされる方も少なくありません。

道の駅まくらがの里こがのパン屋さん「はなもも」が人気

 

カフェベーカリー「はなもも」では、店内の窯で焼いた焼き立てパンを毎日味わうことができます。地元食材を使用したパンが特徴!人気のお店です。

「古河野菜の玄米サンド」は自家製玄米ブレッドに新鮮な古河産野菜をサンド。テレビでも紹介されたことがあるということで、とても人気のある商品となっています。

こしひかり玄米ロールは一度食べたらやみつき!大人も子どもも大好きなタマゴサンドはボリューム満点。

フードコート「みやことほまれ」のおったまげ天丼と豚丼

地産地消のフードコート「みやことほまれ」、まくらがの里こがグルメでは「おったまげ天丼」「茨城県産のポーク丼」が人気です。

おったまげ天丼は、かなりボリューム満点!

「おったまげる」って茨城弁だったんですね。茨城県民ですけど、個人的にはあまり使ったことが無い言葉。驚いたときに「たまげた」とか言うんですよね。田舎のじいちゃんとか?

見て驚くボリュームから付けられた名前なのでしょうね。がっつり食べたい男性からも大人気!味もボリュームも大満足。その満足度は見て食べて確かめてみてください!

この他にも茨城県銘柄豚「奥久慈ポーク」を豪快に200gも使った豚丼も大人気!

フードコートのグルメメニューも充実していて、さしま茶の蕎麦、うどん、つくば鶏のチキン南蛮丼、こがバーガー、カレー、お子さまランチと洋食まで充実しています。

さしま茶のソフトクリームもおすすめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

本橋隆史(@takashizx12r)がシェアした投稿

お茶屋「さしま」では、地元銘茶のさしま茶を美味しい和菓子と一緒にいただくことができます。道の駅と言えばソフトクリームが食べたくなりませんか?

さしま茶のソフトクリームがおすすめです!

さしま茶は苦みとコク、濃厚な味と豊かな香りが特徴のお茶です。そのお茶の特徴がソフトクリームになっても絶妙にマッチしていて、飽きない大人の味わいです。

季節限定ではないのでいつでも食べられますよ。

他にもさしま茶を練り込んだ「さしま茶うどん」はほのかにお茶の香りが感じられるうどんです。ランチにいかが?

イベント・お得情報

道の駅まくらがの里こがでは、期間限定のイベントなども開催されています。最新のイベント情報は、道の駅まくらがの里こがの公式HPやTwitterでご確認ください。

また、カフェベーカリー「はなもも」では平日日替わりでお得なお買い物もできますよ!

 

道の駅のコンシェルジュカウンターでは、観光情報や地域の最新情報、道路情報など発信されています。

茨城県西部の観光やドライブなど国道4号線バイパスをお通りの際は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

道の駅まくらがの里こがの基本情報

施設名 道の駅 まくらがの里 こが
所在地 茨城県古河市大和田2623
TEL 0280-23-2661
営業時間 9:00〜20:00
フードコート 10:30〜19:30
設備 EV充電設置・コンビニ・ベビーベッドあり
駐車場 大型32台(バス専用3台)普通車193台(身障者用3台)
ホームページ https://www.dynac-japan.com/michinoeki-koga/

まくらがの里こが周辺の観光スポット

道の駅まくらがの里こがの周辺観光スポット 古河公方公園 古河桃まつり

古河公方公園(古河総合公園)

古河公方公園(古河総合公園)は、25ヘクタールの面積がある広大な公園です。

四季折々に美しい花が咲き、3月下旬~4月上旬には「古河桃まつり」が開催されます。夏には蓮池で美しい大賀ハスが咲き、朝早くから多くの観光客でにぎわいます。

>>古河公方公園(古河総合公園)は蓮も見どころ!アクセス・駐車場まとめ

>>【古河桃まつり】開花状況や混雑・駐車場情報まとめ

営業時間 日の出から日の入りまで
TEL 0280-47-1129
住所 〒306-0041 茨城県古河市鴻巣399-1
ホームページ https://www.koga-kousya.or.jp/koga-park/
地図 GoogleMAPで開く

ネーブルパーク

古河市の「ネーブルパーク」は、自然の中で遊びながら学んで、自然を感じることができる広い公園です。アスレチックに地下迷路、ポニーの乗馬体験など子どもの遊びが詰まっています。園内にカフェやパン屋さんが併設されており、休日にもなると家族連れでにぎわいますよ。

営業時間 6:00~21:00(各施設により異なる)
TEL 0280-92-7300
住所 〒306-0221 茨城県古河市駒羽根620
ホームページ https://www.koga-kousya.or.jp/navelpark/
地図 GoogleMAPで開く

古河文学館

「古河文学館」は、対象ロマンの香りが漂う洋館。古河市ゆかりの作家さんの作品、絵雑誌の関連資料が展示されています。

営業時間 9:00~17:00
TEL 0280-21-1129
住所 〒306-0033 茨城県古河市中央町3丁目10−21
ホームページ https://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/
地図 GoogleMAPで開く

古河歴史博物館

「古河歴史博物館」は、室町時代以来の城下町として栄えた古河市の歴史博物館です。古河城出城跡に開館。

営業時間 9:00~17:00
定休日 国民の祝日の翌日、年末年始、館内整理日(毎月第4金曜日)そのほか臨時開館・休館日あり
TEL 0280-22-5211
住所 〒306-0033 茨城県古河市中央町3丁目10番56号
ホームページ https://www.city.ibaraki-koga.lg.jp
地図 GoogleMAPで開く

篆刻美術館

「篆刻(てんこく)美術館」は、日本で初めて篆刻専門の美術館として開館されました。古河出身の現代作家、篆刻に関わるものが常時展示されています。

営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
TEL 0280-22-5611
住所 〒306-0033 茨城県古河市中央町2丁目4−18
ホームページ https://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/
地図 GoogleMAPで開く

板長

「板長」は江戸時代から続いていた商家の蔵をリニューアルしたカフェ・レストラン・セレクトショップです。昔ながらの蔵が素敵な雰囲気のお店です。

ランチや休憩のティータイム、お土産スポットとしてもおすすめですよ!

営業時間 11:00〜18:30
定休日 火曜/第2・第4水曜
TEL 0280-22-2781
住所 茨城県古河市中央町3-1-39
ホームページ http://sakacho.com/
地図 GoogleMAPで開く

この他、古河市の情報はこちらのホームページも参考にしてみてください。

茨城県の道の駅

道の駅まくらがの里こがでは、パン屋さんの玄米ロールをはじめ、さしま茶のソフトクリーム、お蕎麦など古河グルメがおすすめです!

茨城県西部、古河市観光で道の駅も楽しんでみてくださいね。

茨城県内の各地に現在14ヶ所の道の駅があります。地域それぞれの魅力が溢れ、美味しいグルメを楽しむことができるので、ぜひ観光やドライブに合わせて道の駅にもお立ち寄りください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。