県央エリア

道の駅かつら(城里町御前山)キャンプ&バーベキュースポットとしても超人気

道の駅かつら キャンプ バーベキュー 茨城県城里町

 

今回は、城里町の「道の駅かつら」を紹介します。

那珂川と御前山の自然に囲まれた場所にあり、茨城県内でも屈指のバーベキュー、キャンプ場としても人気、評判のスポットです。

シーズン中は多くのアウトドアファン、ファミリーが訪れています。

お店で販売されている手作りまんじゅう、ジェラート、お蕎麦など人気のグルメもありますよ!

道の駅かつらのおすすめグルメ、キャンプ場やバーベキュー、周辺スポットまでまとめて紹介します。

道の駅かつら(城里町御前山)キャンプ&バーベキュースポットとしても超人気

道の駅かつら キャンプ 蕎麦 茨城県城里町御前山

御前山エリアの道の駅かつら。県内初の道の駅として認定された歴史あるスポットなんです!

おすすめのグルメ多数!

道の駅かつらの自慢はなんと言っても城里町らしい手作り品の数々。

道の駅かつらおすすめグルメ
  • 手作りまんじゅう(黒糖まんじゅう)
  • ジェラート
  • 特産品「レッドポワロ―」
  • きのこそば

手作りまんじゅうは道路を挟んだ向かいに自社工場を建てちゃうくらい人気です!

外で販売されているジェラートも美味しい!野菜やフルーツを使っていて、その中でも常陸大黒という品種の黒豆のジェラートが美味しいです。

個人的にもおすすめ!

新鮮野菜が並ぶ直売所コーナーに登録している農家さんは、なんと200軒を超えるそうです。そのため毎日100種類以上の新鮮な野菜が並んでいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

michinoeki_katsura(@gergeeibeku)がシェアした投稿

城里町の特産品「レッドポワロ―」(赤ネギ)は冬季限定の人気野菜ですよ!

数量限定で作られる黒糖まんじゅうは売り切れてしまう人気商品!季節限定品を合わせると約種類のお饅頭が店頭に並びます。

地元商工会女性部が作るシフォンケーキも好評です。

道の駅かつら食堂では「つけきのこ蕎麦」が人気

道の駅と言えばお食事も楽しみたいところですよね。

道の駅かつら食堂が奥に併設されています。

ここで食べたいのが「つけきのこそば」です。

天然きのこを使っていて、マイタケ、エリンギ、なめこ、ブナシメジ。秋にはチタケといった珍しい種類も。ちょっと辛めの汁が相性抜群です。

キノコの旨味が染み出し、ちょっと辛めの汁が絶品です。もう一度食べたいと遠方からのリピーターも少なくないそうです。

もちろん汁だけでなく、お蕎麦も職人さんによる常陸秋そばを使った打ち立ての蕎麦がいただけます。

 

ガラスの向こうで職人さんが蕎麦を手打ちしている姿も見ることができますよ。那珂川を見ながらお食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。








道の駅かつらでキャンプ!無料の人気スポット

道の駅かつらは、道の駅としてだけではなく、無料キャンプ場としても大変人気のあるスポットです。

キャンプ場の魅力
  • 無料&予約なしでキャンプができる
  • 炭や薪が道の駅で手に入る
  • 夏は川遊びができる
  • 車やバイクの乗り入れOK
  • トイレが新しくてキレイ

道の駅かつらキャンプスペースの魅力は、なんと言っても予約無しで好きなときに行けるのは魅力。

明日天気がいいからキャンプに行こう!って思ったときに気軽に楽しめます。

 

無料キャンプ場なので、予約なしで利用することができ受付もありません。お昼過ぎにはデイキャンプを楽しむ方でいっぱい。

道の駅の駐車場もほぼ満車。人気のあるキャンプ場なので、キャンプシーズンの連休や週末は場所取りが大変でしょう。

 

地元で採れた野菜や卵、お肉も販売されているので、キャンプやBBQの食材調達もできて、地産地消もキャンプの楽しみの一つです。

キャンプで使う薪も炭も道の駅にあるから安心!

 

那珂川の河川敷だから夏場は川遊びも楽しめます。

川で遊んだ後に道の駅でかき氷やジェラートを買って休憩されている親子もたくさんいらっしゃいました。

 

車やバイクの乗り入れも可能です。ツーリングで立ち寄る方も多い道の駅。キャンプツーリングではサイトが離れていると荷物運びに苦労しますが、乗り入れられるので助かりますね。

キャンプサイトはフラットな砂地。(場所によっては砂利のところも)

 

トイレも新しくなってとても綺麗です!快適でした。

道の駅かつらキャンプ場の注意事項

道の駅かつらの公式ツイッターでも出ていました。

ぜひともマナーは守っていただきたいですね。

道の駅かつらのキャンプ場での注意事項です。

  • 場所取りが大変
  • 河川敷なので風が強め
  • 冬は水道が使えない
  • マナー・ルールは守りましょう

冬季期間は水道がありません。

流し場やキャンプ利用時の水道が、冬季期間は凍結防止のため使用することができません。(飲料水は道の駅でペットボトルが売られています。)

洗い物をする場所がないので、冬キャンプは洗い物しないで済むように準備していきましょう。ペーパータオルとかで拭き取って、家で洗うようにすると◎

河川敷は予報以上に風が強く吹くときがあります。

サイトが砂地なので、風で砂が舞い上がるとけっこう大変ですね。テントを張る際のペグは長くしっかりしているものが良いでしょう。

お天気も事前にチェックしておきたいですね。

 

平日に訪れても割と人が多い日もあります。ふれあい広場は広いわけではないので、週末は混むことが予想されます。

要注意!マナーは守りましょう!

近年、無料のキャンプ場というのは貴重な存在になっています。

無料のキャンプ場が少なくなっている理由には利用者のマナー違反が原因のひとつになっているようです。

ゴミを持ち帰らない。芝生を燃やす。夜中まで騒ぐ。

無料キャンプ場でもルールのない場所はありません。

道の駅かつらでもマナー違反が多くなっているそうです。トイレには貼り紙がありました。

せっかく無料で利用できる貴重なキャンプ場ですから、マナーを守って気持ちよく利用したいですよね。

 

茨城県内の貴重な無料キャンプ場についてはこちらで紹介しています。

>>茨城県の無料キャンプ場!予約不要や格安のスポットも紹介

道の駅かつらは手ぶらでバーベキューもOK

 

道の駅かつらでは手ぶらでバーベキューもできちゃいます!

※台風被害により機材が流失したため手ぶらでBBQは休業中です。(2020年8月現在)
連絡先:029-289-2334
手ぶらでバーベキュー担当

火を熾(おこ)して、焼いて食べる体験型セットになっています。コースやプランも用意されていて、食材・飲み物の持ち込み可能です。

  • ゴージャスコース:12,000円~
  • コスパコース:8,000円~
  • オリジナルコース:1ブース6,000円
  • 場所のみ:1ブース4,000円

予約はインターネット、またはFAXで受付されています。

手ぶらでバーベキューの営業再開や予約、BBQの詳しい内容についてはこちらのページでご確認いただけます。

 

御前山でキャビンやコテージのあるキャンプ場ならこちら!

>>御前山青少年旅行村でキャンプ!コテージやキャビンの予約方法は?

茨城県内のバーベキューができるスポットはこちらで紹介しています。

>>茨城のバーベキュー場21選!地元人がおすすめする手ぶらOKの充実施設

[スポンサーリンク]








駐車場

駐車場は120台のスペースがあり、無料で利用することができます。

大型・身障者用のスペースあり。EV充電設備などはありません。

トイレは24時間利用可能です。

サイクリングをされる方も増えていますよね!サイクルラックが増設されていますよ!

道の駅かつらのアクセスと基本情報

道の駅かつらへのアクセスは、常磐自動車道水戸IC、または那珂ICより車で30分です。水戸北スマートICより車で20分。(水戸北スマートインターチェンジはETC車載車のみ)

道の駅 かつら
所在地 東茨城郡城里町大字御前山37
連絡先  029-289-2334
営業時間 (4月〜9月)9:00〜18:00 (10月〜3月)9:00〜17:00
公式ホームページ 道の駅かつら

 

道の駅かつらから徒歩3分のカフェ「MERCY’s COFFEE」

 

この投稿をInstagramで見る

 

MERCY’s COFFEE(@mercyscoffee)がシェアした投稿

道の駅かつらの近くのお洒落なカフェもおすすめ!徒歩3分のところにあるMERCY’s COFFEE(マーシーズコーヒー)。

地元、国産の食材にこだわり、美味しい料理や本格コーヒーをいただけると評判のお店です。

那珂川の眺めも良く、お店は木の温もりを感じさせてくれてるので、時間をかけてゆっくりと楽しみたい空間です。食器は笠間焼を使っていて素敵!

お料理の中でも「牛すじ肉じゃが」のファンだという口コミが多かったですね。次回は肉じゃがを目当てに行ってみたい!

卵サンド、ラザニア風、シーズンメニュー、デザートも用意されています。ドリンクも季節ごとに色々美味しいものが!

人気のお店なので、平日でもお昼前に行くと8割くらい席が埋まっているとか。ひっきりなしにお客さんが来るので、早めに来店するのがおすすめです。

2019年10月に上陸した台風19号による那珂川の氾濫で、お店に甚大な被害がもたらされました。まだ通常の営業をされていない状況です。

現在は、金・土・日・祝を中心に『AOZORA MERCY’s』として営業されています。

日程や営業時間の変更などは公式ホームページやSNSなどでチェックしてみてください。

[スポンサーリンク]








道の駅かつらの周辺スポット

道の駅かつらの周辺は自然がいっぱいな場所なので、キャンプやバーベキューなど家族でも楽しめる場所があります。

御前山ハイキングコース

茨城県立自然公園の中の「御前山ハイキングコース」。

御前山は河岸の景観が京都の嵐山に似てるということで「関東の嵐山」とも呼ばれている場所なんですよ!

道の駅かつらの駐車場から登山口まで歩いて行けます。

江戸時代には御留山として樹木の伐採禁止でした。そのため今でも豊かな自然が残されています。

ホロルの湯

「ホロルの湯」は本館、温泉施設、プールが一体となった複合施設です。

所在地 東茨城郡城里町下古内1829-3
TEL 029-288-7775
公式ページ https://www.hororunoyu.jp/

 

ふれあいの里

気軽にキャンプが楽しめる施設。キャビンやバンガローがあり、レンタル用品が充実しています。天文台もあるので夜空の天体観測もできますよ!

所在地 東茨城郡城里町上入野4384
TEL 029-288-5505
公式ページ http://fureai.shirosatocamp.jp/

 

茨城県内の道の駅についてはこちらで紹介しています。

>>茨城の道の駅を特集!施設情報&茨城県民おすすめのご当地グルメ

茨城県で最も新しい道の駅が「グランテラス筑西」です。

>>【道の駅グランテラス筑西】おすすめお土産&グルメなど施設徹底ガイド

>>【道の駅たまつくり】レストラン・観光物産館こいこいで食べるご当地ハンバーガー(行方市)

海に面している日立市は市場が道の駅!新鮮なお魚が楽しめる人気のスポットですよ。

>>日立おさかなセンターの浜焼きと味勝手丼が名物!道の駅で楽しめる海鮮グルメを紹介

まとめ

茨城県で最初にできた道の駅かつら。

昔から現在でも評判の道の駅なので、ドライブやツーリングなどで県内外から多くの方が訪れています。

それだけではなく、やはりキャンプエリアは魅力的ですね。無料で利用できるキャンプサイトはとても貴重な場所です。

キャンプやバーベキューでは、マナーを守って楽しみたいですね。

ぜひ、道の駅かつらの自慢のグルメも堪能しに来てみてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県民の方には「こんな所もあるんだ!」と改めて魅力を。県外の方には「茨城のココに行ってみたい!」と観光プランの参考に。茨城の事を知り、勉強しながら少しでもお役に立てるような茨城県の観光情報サイトにしていきたいと考えています。 お問合せはInstagramなどSNSのDMでもお待ちしています。