便利・割引・お役立ち情報

国営ひたち海浜公園の割引情報!プレジャーガーデンのチケット料金は安くなる?

ひたち海浜公園 入園料 割引

茨城県の春の観光名所にもなっている「国営ひたち海浜公園」では、ネモフィラやコキアが全国的に有名です。

4月中旬~5月のゴールデンウィーク、夏にはロックフェス、秋はコキアと多くの観光客が訪れるスポット。

 

国営ひたち海浜公園は、年間を通して花々が咲き、イベントも数多く行われていますが、広大な敷地の中には「プレジャーランド」という遊園地も併設されています。

茨城県の中でも、家族でのお出かけスポットに大変おすすめな場所です!

 

これから国営ひたち海浜公園へ遊びに行こうという方へ向けて、国営ひたち海浜公園の遊園地「プレジャーガーデン」のチケット料金が安くなる割引・クーポン情報をご紹介します!

 

国営ひたち海浜公園の割引情報!プレジャーガーデンのチケット料金を安くする方法








「国営ひたち海浜公園 」は潮風が吹く、花と緑に囲まれた大きな公園。

遊園地のアトラクションが楽しめたり、サイクリングやアスレチックなど1日通して遊ぶことができます。

まずは国営ひたち海浜公園の基本的な入園料についてです。

国営ひたち海浜公園の入園料

入園料金
大人(高校生以上) 450円
(2日通し券:500円)
シルバー(65歳以上) 210円
中学生以下 無料

中学生以下は入園無料です。さすが国営なので安いですね。

季節料金

季節料金
大人(高校生以上) 700円
(2日通し券:1,000円)
シルバー(65歳以上) 460円
(2日通し券:750円)
中学生以下 無料

春季(4月中旬~5月上旬)や秋季(10月中旬)は、季節料金が設けられています。

ネモフィラやコキアの見頃時期です。花の生育状況によって季節料金の時期が決まります。

この期間も子供は無料です。

プレジャーガーデンのチケット料金

プレジャーガーデンのアトラクションなどで遊ぶには、別途チケット料金がかかります。

プレジャーガーデンチケット
1日フリーパス(3歳以上) 3,600円/1名
のりもの券 100円~
回数券 のりもの券1,100円分 → 1,000円
ペアのりもの1日 フリーパス(2名) 大人1名 + こども1名のペア 6,800円

「1日フリーパス」では22種類のアトラクションが乗り放題ですが、「のりもの券」は100円分から、回数券などで購入することも可能です。

 

しかし、後から「アレも乗りたい」、「もう1回乗りたい!」となった場合、数あるアトラクションを思い切り楽しませてあげるなら、1日フリーパスが良いのではないでしょうか?

 

例えば、家族などお子さまを連れて4人で行った場合の料金で考えてみたいと思います。

4人で行く場合のプレジャーガーデンの料金

3歳以上のお子さまを含む4人の場合の合計は、1日フリーパスが4枚で14,400円です。

1日フリーパスが3,600円なので、4人分となるとけっこうかかりますよね。

 

この1日フリーパスを割引、クーポンで安くする方法を探してみました!








国営ひたち海浜公園の乗り物チケットを安くする方法!

ひたち海浜公園 入園料 割引
家族や友達などとお出かけする時にも、お得な割引があると良いですよね。

割引で安くなった分、美味しいものを楽しんだりできますから!

 

では、私が見つけた国営ひたち海浜公園の割引情報をお伝えします。

年間パスポート

購入から1年間、何度でも利用できるお得な年間パスポートです。

季節料金の期間でも追加料金なしで入園できます。

年間パスポート
入園のみ 大人:700円
シルバー:460円
駐車券付 大人:1,000円
シルバー:750円
国営ひたち海浜公園の年間パスポートは、全国の11ヵ所ある国営公園でも利用可能です。

国営公園の2日通し券

2日通し券
通常時 大人:500円
シルバー:250円
季節料金 大人:1,000円
シルバー:750円

購入された本人に限り、購入日とその翌日に利用可能な国営公園の入園券になります。

※2日通し券の利用は購入された国営公園のみ。

2日通し券だと170円~400円お得になります。

国営ひたち海浜公園公式サイト限定の割引クーポン

国営ひたち海浜公園の公式サイトでも、ホームページ限定の割引クーポンを発行することができます。

(印刷または携帯電話の画面表示で提示でも利用可能)

プレジャーランドの大観覧車前にある「のりもの券売り場」へ提示すると、以下の割引料金で購入できます。

 

  • のりもの1日フリーパス割引券:3,600円 →3,200円
  • Let’s Enjoy のりもの割引券:3,000円→ 2,400円
  • バースデー割引券:3,600円→2,900円

公式サイトでの割り引きクーポンは、フリーパスが最大400円割引!

3,000円の乗り物券は600円割引。誕生日月の本人のみが使える割引では700円もお得に。

 

デイリーPlusの割引

「デイリーPlus」は、yahoo!が運営している会員制割引優待サービスです。

月額540円という有料サービスですが、幅広い割引クーポンがあるのでかなりおすすめ!

 

デイリーPlusだと、国営ひたち海浜公園のプレジャーガーデンのチケット料金が、1人当たり最大600円割引きになります!

 

【プレジャーガーデンのりもの券 3,300円分】おとな・こども(3歳以上)通常
3,000円 ⇒ 2,400円
引用:デイリーPlus

料金改定前の価格なので、こちらの金額には今後変更があると思います。

ただ、2022年3月31日まで使えるクーポンと記載があるので、割引は最大600円がされるはずです!

 

しかも、おすすめする理由のもう1つのポイントが「使い方が簡単」というところ。

 

クーポンチケットをスマホで表示させて窓口で提示するだけです。

見せるだけでプレジャーガーデンの乗り物券が、1人あたり最大600円割り引きになるのは大きいですね!

 

家族4人分で1人当たり600円の割引だったら2400円もお得に!

 

ちなみにデイリーPlusの会員になるには、月額540円かかりますが、無料のお試し期間があるから超オススメ!

無料期間の間でも使い放題で割引クーポンが発行できて、必要ないと感じたらすぐに解約もできます。

お得な使い方はこちらでも紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

>>『デイリーPlus』の割引は使うほどお得!観光や日頃のお出かけにも超便利!

 

他にも割引サービスがあるので、会員になっている方はそちらもお得に利用できるかもしれません。

JAF会員割引サービス

「JAF会員の割引サービス」もさまざまな場所で割引サービスを受けることができます。

国営ひたち海浜公園もその中の1つにあり、乗り物券1,100円が900円で購入可能。

タイムズクラブ会員割引

「タイムズクラブ会員割引」では乗り物券が最大200円引きになります。

乗り物券1,100円が900円で購入可能。

遊プラザ

「遊プラザ」の割引サービスなら最大400円お安く購入可能です。

HISクーポン

「HISクーポン」サイトの割引は、最大100円の割引。乗り物券1,000円が900円で購入可能。

JTBレジャーチケット

「JTBレジャーチケット」の割引サービスは、最大400円割引です。

読売ファミリーサークル会員

「読売ファミリーサークル」の会員の方は、会員証提示で最大200円の割引を受けることができます。

読売ファミリーサークルは、会員証を提示するだけなので手軽!

クラブオフ(Club Off)

「クラブオフ」は、企業・法人・団体が契約する法人会員制クラブ。

メンバー限定で会員優待料金の割引が利用できます。

国営ひたち海浜公園の割引は、プレジャーガーデン乗り物券が3,000円→ 2,400円で600円お得になります。

 

こんな感じでお得に遊べるクーポンが多数ありました!

 

※上記の割引クーポン情報は2020年5月現在の情報です。割引内容については変更になる場合がございます。詳細は各ホームページなどでご確認ください。

この他にもお得な情報がありましたら、ぜひ教えてください!

 

>>茨城県民の日(11月13日)は無料&割引であの人気観光スポットも満喫

>>ミュージアムパーク茨城県自然博物館のクーポン・割引情報!

>>【フォレスパ大子】クーポン・割引情報も紹介!夏は屋外プールもオープン

また、「茨城県民の日」である11月13日には、県内の各スポットで料金が無料・割引になり、お得に楽しめる日になっております。

国営ひたち海浜公園は割引対象になっておりませんが、県内の他のスポットもチェックしてみてください。








国営ひたち海浜公園のおすすめポイント

ひたち海浜公園 入園料 割引
国営ひたち海浜公園のおすすめポイント!
  • 遊園地、アスレチック広場があるのでお子さま連れに◎
  • 休憩できるベンチの数も多く、広い園内のお散歩にも最適
  • 自然に囲まれた中でのピクニックもおすすめ
  • 園内の五浦ハムのハム焼・豚ドッグが美味しい!
  • 森レストハウスのカフェの雰囲気が◎
  • 園内を自転車で走るレンタルサイクルも人気!
  • 周辺の市場や観光スポットも楽しめる

 

春のネモフィラや秋のコキアが有名なので、時期を合わせて来園しようと言う方も多いと思います。

ただ、花のベストなシーズンが短く、天気でも左右されるので開花状況などを調べてくると良いですよ!

>>国営ひたち海浜公園のネモフィラ関連情報まとめ【開花状況随時更新】

>>国営ひたち海浜公園を地元民が徹底ガイド!料金やイベント・花の見どころまとめ

 

国営ひたち海浜公園へのアクセス方法・駐車場は?

国営ひたち海浜公園へは、最寄駅のJR常磐線勝田駅よりバス約15分です。

時期によっては臨時運行バスもあるので、駅から直接バスでアクセスも可能です。

電車の場合

<品川方面>
品川駅より勝田駅まで:JR常磐線・特急で約85分

<いわき方面>
いわき駅より勝田駅まで:JR常磐線(上り)特急で約60分

勝田駅からひたち海浜公園への行き方

<路線バス>

勝田駅:東口2番乗り場→海浜公園西口まで約15分/海浜公園南口まで20分

<期間限定臨時直行バス>

・勝田駅東口→海浜公園西口まで
・阿字ヶ浦駅から海浜公園海浜口まで

臨時シャトルバスは、ネモフィラ、コキアなどのイベント時に運行されます。

各時期のアクセス方法は別記事で紹介しているので、下記リンクよりチェックしてみて下さい。

高速バスでのアクセス

<東京方面より>
東京駅八重洲南口→海浜公園西口まで
茨城交通「勝田・東海線」で約2時間

<宇都宮方面より>
宇都宮駅西口→海浜公園西口まで
茨城交通・関東バス「北関東ライナー宇都宮線」で約2時間

<仙台方面より>
仙台駅前→勝田駅西口まで
茨城交通「仙台線」で約4時間30分
勝田駅 東口2番乗り場から海浜公園西口まで 路線バスで約15分

空港からバスでのアクセス

<茨城空港より>
勝田駅西口まで 空港バスで約1時間10分
勝田駅 東口2番乗り場→海浜公園西口までバスで約15分

<成田空港より>
勝田駅西口まで 空港バスで約2時間25分
勝田駅 東口2番乗り場→海浜公園西口までバスで約15分

 

高速バスを予約するなら、楽天ポイントが貯まる楽天トラベルからの予約もおすすめです!

車の場合

<東京・宇都宮方面から>
北関東自動車道~常陸那珂有料道路
ひたち海浜公園IC すぐ

<いわき・仙台方面から>
常磐自動車道
日立南太田ICより約15km

 

混雑する時期のアクセス方法はこちらを参考にしてみてください!

 

国営ひたち海浜公園の駐車場は何台止められる?

ひたち海浜公園 入園料 割引

この写真は勝田駅から国道245号を走ってきた場合で、国営ひたち海浜公園の正面になります。

直進はできません。

 

左へ行くと「西駐車場」、右へ行くと「南駐車場」になります。各2000台が駐車できるスペースがあります。

この裏手にある海浜口駐車場は350台とやや小さめです。場所はグルッと回った反対側ですね。

 

ひたち海浜公園 入園料 割引

ただ、人の多く集まるネモフィラの時期、イベント開催が行われていると、画像にあるこのような柵の奥のスペースも臨時駐車場として開放されます。

 

混雑時期の駐車場情報はこちら!

>>【ひたち海浜公園のコキア】駐車場を攻略!臨時駐車場の予約もできる?

基本情報

国営ひたち海浜公園
所在地 〒311-1201
茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町552-18
営業時間 平日:9:30~17:00
土日・祝:9:30~17:00
定休日 12月31日~1月1日
2月の第1火曜から金曜日、不定休
ホームページ https://hitachikaihin.jp/

 

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

茨城県の国営ひたち海浜公園は、自然の中で自然や花々を楽しんだり、大きな観覧車や周遊ツアー、サイクリングなど楽しめる海の近くの大きな公園です。

 

ぜひ、ひたち海浜公園に訪れる際には、お得なクーポンの割引があるので利用してみてはいかがでしょうか?

 

割引は公式サイトでも行われていますが、総合的に考えると「デイリーPlus」が断然お得です!

レジャースポットの割引だけでなく、映画館やレストランなどの飲食店でも利用できるので、日常のさまざまなシーンで使うことができます。

国営ひたち海浜公園のプレジャーガーデンでは、最大600円の割引になるし、ご飯や休憩タイムでも割引が使えるところもあるので、こちらのデイリーPlusを活用してみてはいかがでしょうか?

国営ひたち海浜公園に来るときに無料でお試しを始めてみるのもいいですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ABOUT ME
KYOKO
茨城県は海、山、川と自然が豊かで美味しい食べ物とか素敵な場所がある恵まれた土地。だけど魅力度最下位。当たり前のようにここで育ってきた私もイマイチ茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、改めて茨城県の色んな場所に出かけて魅力を発掘し情報を発信していこうとブログを立ち上げました! 問い合わせもいただくようになってきました。 InstagramなどSNSのDMでも受付してます♪