グルメ・お土産

冬の味覚【あんこう鍋】が食べられる茨城のおすすめ宿・旅館10選!

あんこう鍋_茨城県 おすすめ 宿

 

茨城県の冬の味覚と言えば断然アンコウ!!

質、鮮度は抜群です。

 

冬になるとあんこう鍋、あんこう料理を求めてお店や宿に茨城県外、都内からも訪れる常連さんが多いそうですよ!

 

国内有数のあんこうの産地である茨城県には、あんこう鍋が食べられるお店・宿が130以上もあるそうです!

 

そんなにあるとお店選びが重要になりますね。

 

初めて食べる場合は、生臭さがしっかり抑えられているかというのもポイントになると思います。

 

今年の冬は鮟鱇の肝に脂がのった旬な時期に「あんこう鍋」で堪能してみませんか?

 

あんこうの聖地である北茨城市のお店を中心に珍しいあんこう料理が食べられるお店まで厳選して紹介していきます!

 

冬の味覚【あんこう鍋】茨城の店・宿おすすめ10選








あんこう鍋 茨城

あんこうは東日本を代表する魚で、茨城県は国内でも有数なあんこうの産地です。

あんこうの旬な時期

 

アンコウは水深500mほどのところに生息する深海魚で、1年中水揚げされますが冬場が旬な時期とされます。

 

あんこうの時期

冬季の11月頃~3月頃

この時期は肝が肥大化する時期でもあります。

 

あんこうの漁は産卵を終えた7月・8月が禁漁となっている以外は、1年を通じて漁が行なわれています。秋口あたりからシーズンとなり、冬の寒い時期にはあんこう鍋の最盛期になります。また、初春~初夏にかけて産卵の時期となり、産卵前のあんこうの肝はよく肥えて、肝を味わうには最良の時期であるといえます。引用:北茨城観光協会

 

なぜ肝が肥大化する時期が良いのかというと、あんこうの一番美味しいところが「肝」と言われているからです。

 

「海のフォアグラ」とも呼ばれていますよ!

 

アンコウは、身の白身魚のように淡白な味わいと肝、皮などは様々な栄養が詰まったコクが特長です。

 

その中で茨城県のあんこうは寒流にももまれるために、引き締まった身、そしてより肝が大きく成長し、脂がのった深い味わいを楽しめるんです。

 

特に茨城県のあんこうにはこの2つの条件が揃っているので、格別に美味しいと県内外から人気です。

茨城県内のアンコウが盛んな地域

茨城 あんこう あん肝

江戸時代にはアンコウが水戸藩から江戸に献上され、肝が美味で高級品として扱われていたそうです。

 

茨城県のあんこうの肝の美味しさは昔から認められており、あんこう鍋は茨城県内の各地で食べることができます。

 

その中でもやっぱりあんこう鍋が盛んなのは海の近くで、茨城県の中央から北のエリア。

 

  • 北茨城市
  • 日立市
  • ひたちなか市
  • 大洗町
  • 水戸市

この辺りはアンコウ鍋を食べに来られる方も多いですね。

 

茨城県内各地の底引き網漁船で獲られており、

  • 平潟
  • 大津港
  • 久慈
  • 那珂湊漁港

といった場所で水揚げが多いです。

 

特に平潟と大津漁港はあんこうの聖地とも言われています。

あんこうの「吊るし切り」

あんこう 茨城 吊るし切り

見た目はだいぶグロテスクなのに世界三大食材でも例えられるくらい美味なアンコウは、ほぼすべての部位を食べることができます!

 

さばき方は写真のように吊るされて、ヒレ、皮からさばかれていきます。

 

あんこう 吊るし切り

こんな感じでさばかれていき、残るのは口と骨だけになります。

 

観光客の方も多く訪れる那珂湊おさかな市場では、「あんこうの吊るし切り」を見ることができます。

 

1匹まるごと購入するとその場で解体されるのが見られます。

 

家庭で調理しやすい状態にしてくれるので、お家であんこう料理を楽しみたい方は新鮮なものを手に入れることが必須ですから、ぜひ足を運んでみてください。

 

旅館や割烹料理屋さんでもタイミングがよければ見ることができるかもしれませんよ!








あんこうの七つ道具

吊るし切り あんこう 七つ道具

食べられるところは「あんこうの七つ道具」と呼ばれ、顔と骨以外すべて食べられます。

アンコウ7つ道具
  • ヒレ
  • エラ
  • 水袋(胃)
  • ぬの(卵巣)

女性からもヘルシーで人気!

 

大人女性が気になる「お肌」のこと。

  • アンチエイジング効果
  • コラーゲンたっぷり

というワードを聞いたら注目してしまいますよね。

 

あんこうにもコラーゲンがたっぷり含まれています。

身は引き締まっていて脂が少ないので、カロリーも低めというなんとも嬉しい食材です。

 

ヘルシーさと美容に良いということからも女性人気が高いのも分かります。

北茨城はあんこうの本場!食べ方とレシピ

あんこう鍋 茨城 どぶ汁

あんこうの代表的な食べ方というとこの3つ。

  • あん肝
  • あんこう鍋
  • どぶ汁

なかなか都内のあんこう鍋のお店では食べることができないのが「どぶ汁」ですね。

 

そして、あんこうの美味しい食べ方で1番おすすめなのは、肝が肥大化して脂がのっている「あん肝」

 

もみじおろし、浅葱がトッピングされていて、日本食ならではの味わい深さで楽しめます。

 

栄養たっぷりな「あんこう鍋」で楽しむのも定番人気!

 

身はあっさり、肝・皮からしみ出たコクのある味わいを両方堪能できるあんこう鍋は1度食べていただきたい料理です。

 

栄養たっぷりで引き締まった身と脂ののった肝のあんこう。

すべてが味わい深い絶品ですよ。

常盤沖漁場で獲れる「きあんこう」

 

格別に美味しく大きなあんこうが獲れる、北茨城市の平潟と大津漁港は美味しく食べられる店がたくさんあります。

 

北茨城に水揚げされるあんこうは、常盤沖漁場で獲れる「きあんこう」と呼ばれる種類。

 

見たことがあるあんこうの体の色って黒褐色ですよね?

きあんこうは黄色みのある黄褐色です。

 

口の中にも違いがあり、白い斑点があるのが特徴でもありますが、きあんこうには斑点がありません。

 

肝の脂が上質なので、キアンコウの方が美味と言われています。

 

そんな美味しい肝の脂を生かした北茨城の郷土料理「どぶ汁」。

元は平潟の漁師が船上で食べていた漁師メシでした。

 

肝を鍋で炒って味噌と合わせて水分の多いあんこうと野菜から出る水分で煮て、冬場の冷えた体を温めていたそうです。

 

塩や醤油味の出汁で身、肝も固形のままで煮るあんこう鍋が一般的ですよね。

 

北茨城市のあんこう鍋は肝を溶いた味噌仕立てという「どぶ汁」でいただくことができます。

 

では、北茨城市のお店を中心にご紹介していきます。








 

あんこうの宿 まるみつ旅館(北茨城市)

「あんこうの宿 まるみつ旅館」もう名前からあんこうですからね!

 

実はこちらの旅館は、2017年・2018年と2年連続で日本一の鍋に輝いているという実績もあるお店。

 

その2種類のお鍋を求めて訪れる方も多くいらっしゃいます。

 

まるみつ旅館のあんこう鍋は、どぶ汁を食べやすくアレンジしているお鍋をいただくことができます。

 

どぶ汁は濃厚な鍋だけにクセもあるので、食べやすさで選びたい方にもおすすめですね。

あんこう鍋 茨城 まるみつ旅館

出典:楽天トラベル

鍋に溶け込んだあん肝汁の上に追加で肝をトッピングもできちゃいます!

肝好きにもたまらないですね。

 

〆の雑炊、揚げたてのあんこうのから揚げも絶品です!

 

まるみつ旅館 温泉

出典:楽天トラベル

美味しい料理と7つの温泉も一緒に楽しみましょう!

宿泊プランはこちらからもチェックできます。

施設情報


平潟港温泉 あんこうの宿 まるみつ旅館 

あんこう料理 料理は宿泊のみ
定休日 年中無休
TEL 0293-46-0569
住所 北茨城市平潟町235

温泉民宿 かね久

 

北茨城市の平潟港は、特にアンコウの水揚げ量が多い場所です。

その目の前に佇むのが「温泉民宿 かね久」

 

港の目の前にある温泉民宿かね久では、本場のどぶ汁を味わうことができます。

 

コクと香ばしさが追及されたどぶ汁

1人前3,240円~

無水で具材を煮込むどぶ汁は「超濃厚アンコウ鍋」と言える郷土料理。

 

とにかく風味は濃厚なんです。

その分クセも強いんですが・・・。

あん肝好きな方にはたまらない鍋ですよ。

 

最盛期に食べるどぶ汁は一味も二味も違うとおもいます。

 

赤みが強い汁なのは、肝からしみ出した脂の色で、強ければ強いほど濃厚な脂の旨みが詰まっている証拠ですよ!

 

人それぞれですが食べログの口コミなどでも「臭みはまったくなし」という評価もありました。

 

具材はシンプルに七つ道具と大根のみなので、あんこうの風味をダイレクトに楽しめます。

この旨みはシメの雑炊まで堪能できます!

 

「温泉民宿 かね久」では個室利用もできます。

施設情報

温泉民宿 かね久
営業時間 11:00~14:00
18:00〜21:00
あんこう料理 ※どぶ汁・アンコウ鍋は3日前までに要予約
※アンコウ料理は10月上旬〜4月上旬
定休日 12月31日〜1月7日
住所 茨城県北茨城市平潟町1576-3
Webサイト http://ankou-kanekyu.com/

味処・浜庄

「浜庄」は、平潟港から約1kmの場所にある太平洋が見渡せるあんこう料理店です。

 

海岸沿いにあるのでアクセスもしやすいし、海を見ながらお食事をいただくことができます。

店内もシックで落ち着いていますよ!

 

五浦海岸に面した「浜庄」は1階が食事処、2階が旅館になっています。

あんこう鍋の食材の美味しさは群を抜いていると思います。

 

あんこうはもちろんですが、野菜も味噌もお米もうまい!!

 

地元農家直送だそうです。

魚も冷凍モノは使用せず、野菜も有機栽培、無農薬栽培にこだわっています。

 

農林水産大臣賞まで受賞している一流農家さんからだけ仕入れているそうです。

 

北茨城のトップレベル食材が揃ったあんこう鍋は、ぷりぷりなあんこうの身、歯ごたえ抜群な野菜が美味しい。

 

サイドメニューも充実していて、特にあん肝は絶品という評判の一品です。

 

濃厚でクリーミーな舌触り。

さりげないゆずの風味のお陰もあって、気になる生臭さもありません。

 

「デザートみたい!」と食べた人の感想では、こんな声もありました!

 

あんこう供酢和えもおすすめです。

お酒と一緒に味わっていただきたいサイドメニューも必見ですね。

 

あんこう鍋プランもあるので施設情報からチェックしてみてください↓

施設情報


味処 浜庄

営業時間 11:30~14:00
あんこう料理 時間外は要予約
アンコウ鍋は予約しなくてもOK
11月上旬〜4月上旬のみ
定休日 月曜
(祝日の場合は翌日)
住所 茨城県北茨城市平潟町1482-2
Webサイト http://www.hamasyo.jp/








相模屋 お食事処

あんこう鍋 茨城 相模屋

相模屋さんのどぶ汁も評判です。

全室6部屋という小さな民宿であんこう料理を堪能することができます。

 

やはり肝が溶け込んだどぶ汁は、北茨城でないと!

 

一泊二食でも1万円台とリーズナブルなところもおすすめですよ。

 

平潟港までは歩いて、2~3分という立地なので新鮮なアンコウ、魚料理などがいただけます。

施設情報

 相模屋 お食事処
あんこう料理 10月〜4月のみ
TEL 0293-46-0512
住所 〒319-1701
茨城県北茨城市平潟町301
Webサイト http://sagamiyainn.sakura.ne.jp/

お食事処 山口屋(北茨城市)

 

JR磯原駅のすぐ近くにあり昭和初期から続く老舗店です。

 

山口屋のあんこう鍋は、地元北茨城の「大森みそ」の味噌を使ってあん肝を溶いたスープでいただけます。

 

まろやかな優しい風味は母の味!

とにかく鮮度にこだわり、生臭さを感じずに食べやすさが考えられています。

 

どぶ汁も作ってもらうことができます。

 

地元タクシードライバーもおすすめされているお店ですよ!

 

あんこうじゃないけど、鶏のもつ煮もおすすめの逸品だそうです。

施設情報

お食事処 山口屋
営業時間 11:30〜14:30
17:00〜20:00
定休日 日曜日
TEL 0293-42-0273
住所 北茨城市磯原町本町3-4-16

食彩 太信(北茨城市)

「太信」さんで作られる無水のどぶ汁が作られる様子が見られますよ!

 

北茨城市のどぶ汁は濃厚な鍋が多いです。

濃厚なだけだと途中でしつこくなってしまったりしません?

 

食彩 太信の鍋は「濃厚なのに食べやすい!」というのがこちらのおすすめポイント。

 

その秘密は、普段から食べなれている海鮮の旨みも加えられているからなんだそうです。

 

カキやカニ、ホタテといった海鮮がたくさん使われています。

 

出汁の風味が際立った味噌仕立てで、旨みもしっかり感じつつ、酒粕でコクもあるのが特徴。

 

濃厚なのに食べ飽きない美味しさが評判。

都内からも通う常連さんも多い名店です。

 

茨城県内でも珍しい鮟鱇の刺身もいただくことができます!

施設情報

食彩 太信
営業時間 11:30~14:00
17:00〜21:00
定休日 不定休
TEL 0293-46-5511
住所 北茨城市大津町北町2-5-18

大浜丸 魚力(北茨城市)

 

魚力のどぶ汁風あんこう鍋は、香ばしい味噌の香りが特徴。

 

あんこうの肝と味噌を1時間近くじっくりと炒った肝味噌の香りが際立った鍋をいただくことができます。

 

あんこう鍋は苦手・・・と感じてしまう原因の生臭さ。

ニオイの元となるものを徹底的に取り除き、さらに鍋に入れる身は一度熱湯で霜降りして氷水で〆ることでさらに臭みを取り除いているそうです。

 

県外から来られる常連さんも多いお店。

生臭いのが苦手で・・・という方も一度味わってみてください。

 

海の近くのお店で五浦岬公園からも近いので、北茨城・五浦海岸の観光と合わせてお食事に訪れてみてはいかがでしょうか。

施設情報

大浜丸 魚力
営業時間 11:30〜14:30
17:30〜20:00
定休日 水曜日
TEL 0293-46-5995
住所 北茨城市大津町五浦1-131

 

あんこうの聖地、北茨城ではあんこう鍋、どぶ汁とどちらも人気!

悩むところですね。

 

ゆっくりとあんこうの旨みを楽しむならどぶ汁、お腹一杯ちょっとさっぱりめで食べるならあんこう鍋ですかね。

五浦海岸 ホテル 観光スポット
五浦海岸の観光スポット!岡倉天心ゆかりの六角堂から絶景の老舗ホテル茨城県北茨城市には、日本海のような絶景が見られるスポット五浦海岸(いづらかいがん)があります。5つの入り江と断崖絶壁が連なる海岸で、日本近代美術の礎を築いた岡倉天心が愛した地でもあるのです。日本美術に縁の深い場所では、景色と一緒に温泉やグルメなどを楽しむことができ大人の旅にぴったりです。六角堂などを含め、おすすめの老舗ホテルを紹介します!...
五浦観光も合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか。








かま家(大洗町)

特別な食材は使用せずあん肝と味噌の旨さをストレートに味わえるのがかま家。

 

1人前からでも注文ができるので、1人旅で食べに行くのも◎

美味しいのは2人前からだそうですよ!

 

すり鉢であん肝を擦るところから始まる作り方も楽しいかも。

 

あんこうの味はもちろんですが、里芋が入るので独特な風合いに。

施設情報

かま家
営業時間 11:00~14:00
17:00~20:00
定休日 木曜日
TEL 029-267-5135
住所 大洗町磯浜町676
Webサイト https://kamaya5135.com/

割烹旅館 肴屋本店(大洗町)

あんこう鍋 茨城 肴屋本店

出典:楽天トラベル

肝の風味と旨みが引きたてられているだけでなく、身の旨みも上品でバランスよく感じられるお鍋です。

 

地元常盤あんこうの七つ道具を贅沢に使い、繊細なあんこうの身の味も感じ取れるバランスが割烹旅館ならではの仕上げ方。

 

オレンジ色のスープは濃厚なのに後味がさっぱりしています。

 

コースには前菜、地魚御造り、鮟鱇共酢和え、小鉢、雑炊がセットになっています。

ボリュームも満点!

 

大洗に来たら味わいたい極上の味ですよ!

鍋と一緒に楽しみたい日本酒も揃っているので、宿泊も兼ねてお越し下さい。

施設情報

割烹旅館 肴屋本店
営業時間 11:00~14:00
17:00~21:00
定休日 不定休
TEL 029-267-2211
住所 大洗町磯浜町715
Webサイト http://sakanaya-honten.com/

 

大洗町にも美味しいあんこう鍋を提供するお店や旅館・ホテルがたくさんあります!

あんこう鍋 大洗
【あんこう鍋】大洗のおすすめ店・旅館15選!11月には大洗あんこう祭りも茨城県大洗町の冬の味覚「あんこう鍋」。毎年11月には大洗あんこう祭りが開催され10万人以上が訪れ賑わいます。冬になると大洗の美味しい「あんこう鍋」をみなさん求めているんですね!そこで今回は、大洗町で美味しいあんこう鍋が食べられるお店・旅館・ホテルを紹介します!...

日本料理 いさ美(ひたちなか市)

 

「日本料理 いさ美」は、那珂湊港の地魚、常陸牛などの茨城県産の食材を使った料理を味わうことができる割烹料亭です。

 

こちらでいただけるあんこう鍋はボリュームもあってリーズナブルです。

 

生のあんこうを板前さんが下処理を尽くした鍋は臭みがなく食べることができます。

 

女将さんは鍋を残してでも食べてもらいたいとおすすめしているのが、〆の雑炊です。

 

上質な雰囲気のお店で、冬の味覚を味わってみてはいかがでしょうか。

 

個室もあるのでつったりとくつろぐことができますよ!

勝田駅からも近いので、電車やバスでアクセスされる方にもおすすめです。

施設情報

日本料理いさ美
営業時間 11:00〜14:00
17:00〜22:00
定休日 日曜日・祝日
住所 ひたちなか市勝田泉町3-15
TEL 029-273-0133








お寿司もある?!珍しいあんこう料理が食べられるお店

あんこう鍋 茨城 お寿司

あんこう鍋以外にも食べ方があり、その中でも珍しいあんこう料理を食べることができるお店があります。

3つほど紹介しますね!

蛇の目寿司(水戸市)

 

水戸市と大洗町の境にある老舗名店「蛇の目寿司」は約70年もの歴史を誇ります。

 

あんこうが名物な茨城県内でも珍しいあんこう寿司を食べることができるんです。

(あんこう寿司は例年冬季限定、3月末までの提供になります。)

 

那珂湊港に入る新鮮なアンコウだけを使って造られる握りは、肝・身・皮のそれぞれの特長を楽しむことができます。

 

たんぱくな身は昆布〆、梅肉でさっぱりといただけるお寿司になっています。

 

その日のおすすめ地魚3種が乗った地魚丼も手頃な価格でいただけると評判です。

基本情報

蛇の目寿司
営業時間 11:00〜14:00
17:00〜21:00
定休日 水曜日、第二火曜日
TEL 029-269-2011
住所 水戸市大串町2087
Webサイト http://www.maroon.dti.ne.jp/jyanome/

大洗シーサイドホテル(大洗町)

 

大洗シーサイドホテルでいただけるのは「あんこう天丼」です。

 

鮟鱇は水分が多いので天ぷらにするのは至難の業!

 

職人さんの技があるからこそできるあんこう天丼は、蓋が閉まらないくらいボリュームたっぷり!

 

具材の大粒な白身と鮟鱇の肝が十分に楽しめます。

あんこうの新しい美味しさを知ることができる絶品一杯ですね。

 

天丼以外にも定番のあんこう鍋の定食もあります!

海が見える場所で美味しい料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

基本情報


大洗シーサイドホテル 

住所 大洗町磯浜町6880-9
TEL 029-267-2111
営業時間 11:00〜15:00
定休日 不定休

ふぐ・あんこう 㐂作 (土浦市)

 

土浦市はカレーの街としても知られています。

そんな土浦市で食べられるあんこう料理は「あんこうカレー」です。

 

茨城県の素材を使ったカレーを作りたいということから生まれたカレー。

 

カレーは鮟鱇の唐揚げに合うようにオマールエビの旨味が詰まっています。

 

ライスの形にも注目してみてください!

愛嬌のある鮟鱇の形をしていて評判ですよ!

 

気軽に食べられるあんこう料理としても満足できる一皿です。

 

あんこう肝も美味しい!

個室もあるのでゆっくりと料理を楽しむことができます。

基本情報

ふぐ・あんこう 㐂作
営業時間 11:30〜13:30LO
17:00〜22:00LO
定休日 不定休
TEL 029-831-7472
住所 土浦市神立中央1-11-18

アンテナショップ 茨城マルシェ

 

茨城県のアンテナショップ「茨城マルシェ」が都内、銀座にあります。

その中に「BARA Dining」という茨城グルメが楽しめるお店が併設されています。

 

そこで冬季限定ですが、あんこう鍋を食べることもできますよ!

年間を通して茨城県の旬なグルメが楽しめるので、カフェも合わせて足を運んでみてください。

店舗情報

茨城マルシェ
営業時間 10:30~20:00
TEL 03-5524-0818
住所 〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目2−1 紺屋ビル
Webサイト https://ibaraki-sense.com/








あんこうのお取り寄せはできる?通販で買える鮟鱇セット

 

茨城県の市場で直接ならあんこうを丸ごと一匹買ったりと購入することもできますが、なかなかスーパーで販売されているものではありませんよね。

 

下処理済のアンコウ七つ道具セット、あんこう鍋セットも通販で購入することができるので、自宅でも試してみたい方は堪能してみてください。

 

自宅でちょっとあんこう鍋を作ってみようかな?

あんこうのから揚げを食べさせてあげようかな?

という時に便利なのが、通販でのお取り寄せです。

 

こういったすぐに作れる鍋セットがおすすめ。


あんこう鍋セット 4人前 大洗  

スープから野菜までセットになっていて、あんこうは下処理が済んでいるからとっても簡単にあんこう鍋を自宅で楽しむことができますよ!

 

こちらの那珂湊お魚市場もチェックしてみてください!

ひたちなか ランチ 那珂湊おさかな市場
「那珂湊おさかな市場」寿司・海鮮丼好きが集まる人気のランチスポット茨城県ひたちなか市那珂湊港の「那珂湊おさかな市場」はお寿司、海鮮好きにはたまらないスポット!関東有数の観光市場で年間通してなんと毎年約100万人もの人が訪れます。どの魚介も新鮮でリーズナブルに買い物やグルメが楽しめるから人気!そんな市場で楽しめるランチ、人気の食事処を紹介しますよ!...

まとめ

いかがでしたか?

茨城の冬グルメは絶品のあんこう鍋、あんこう料理がおすすめです。

 

温かいお鍋を堪能して、温泉に入ったりのんびりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

あんこうのコラーゲンと温泉で美容効果抜群ですね!

 

よかったら参考にしてみてください。

ABOUT ME
KYOKO
茨城県には美味しい食べ物とか素敵な場所があるけれど、イマイチ私も茨城の魅力を分かっていません(笑)だからこそ、茨城県の情報を発信して魅力を発掘していきます! 問い合わせは、InstagramなどSNSのDMでも受付してます。