※県内の感染状況により各施設の休館・イベントの延期・中止などの対応が行われる可能性がございます。

開催日程や営業状況・時間などの最新情報については、併せて各施設・自治体のHPをご確認ください。

グルメスポット

笠間のかき氷店「四季と六花」が注目スポット!予約方法・営業時間・定休日

笠間 かき氷 四季と六花

 

笠間市のかき氷専門店「茨城おとなのかき氷 四季と六花」を紹介します。

2020年3月にオープンしてまだ1年のお店ですが、すでに予約が絶えないお店!

その魅力は、茨城県産の旬なフルーツを中心に使ったこだわりのメニューです。

ふわふわ系の氷に絶品の素材の良さが活かされたシロップやトッピングで、来店する方を虜にしています。

そんな注目のかき氷専門店「茨城おとなのかき氷 四季と六花」のこだわりメニューから予約方法・営業時間・定休日までまとめて掲載しています。




茨城おとなのかき氷 四季と六花(笠間市笠間)

笠間 かき氷 四季と六花 予約

笠間のかき氷専門店「茨城おとなのかき氷 四季と六花(りっか)」

こちらはご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

以前、茨城県日立市で営業していたかき氷屋さん「氷処 四季と六花」が笠間市で2020年3月に再オープンされました。

ふわふわ系かき氷が楽しめるお店です。

笠間市の笠間稲荷神社のすぐ近くにある「カフェナナイロ」で週末営業されています。(カフェナナイロは古民家コミュニティカフェ。)

笠間稲荷神社の近くだから、観光で訪れた方も立ち寄りやすい場所にあります。

古民家の佇まいで、店内にはテーブル席が並んでいます。棚には笠間焼や本が並んでいて、本は店内で自由に読むこともできます。

奥には座敷席、個室のようになっているところも。小さいお子さま連れの方用ということなので、ママさんたちも気兼ねなくかき氷を楽しむことができますね。

そんな古民家カフェでいただけるかき氷は、ただ美味しいだけじゃなく、茨城のフルーツの美味しさ、魅力を伝えてくれているかき氷でした。

そのかき氷メニューがとても魅力的!一部ピックアップして紹介します。




四季と六花のかき氷メニュー(季節限定あり)

茨城県産を中心とした国産の旬な食材を使用し、時期に合わせた素材に変えてかき氷を提供しています。

人気NO.1の「ころころメロンスペシャル」

「ころころメロンスペシャル」

四季と六花人気NO.1はこちら!半切りメロンが器になったメロンが思う存分に堪能できるかき氷。

メロンはもちろん茨城県鉾田産を使用。

こちらは予約必須メニュー。食べたい方は予約した時に一緒に注文しましょう。

サイズは2L~4L(ころころメロンスペシャル氷)まであるので、お好みでチョイスすることができます。

見た目がとっても華やかで可愛らしいですね。メロン好きにはたまらない!

冬なら生いちごのかき氷!

「つづく農園の生いちご」、「つづく農園の生いちごとマスカルポーネ」

生いちごのかき氷は、いちごを加熱せずに3日間かけて作られる生いちごシロップが特徴。加熱していないからこそ、味わい深く、そして栄養素が豊富。

冷凍されていない生いちごシロップのかき氷が食べられるのは、旬な1月末から2月頃だけ!

 

「那珂産かぼちゃ『恋するマロン』とミルク」

那珂産かぼちゃ「恋するマロン」を使ったかき氷。かぼちゃだけど品種名がマロン…このかき氷にマロンは使われておりません。

かぼちゃベースに作ったシロップとミルクがブレンドされています。かぼちゃの甘みがとっても美味しい一品です。

かぼちゃの種もアクセントに。

最初から最後まで贅沢にかぼちゃを味わえます。

隠れた人気メニュー

「誘惑の黒ごまラテ」

メロンのかき氷みたいな華やかさは一切ない、見た目はかなり地味な定番メニューだけどお店の隠れた人気メニューなんだとか!

特製ミルククリームとお店オリジナルの黒ごま風味は、ここでしか味わえないかき氷。

黒ごまラテに誘惑されたい。

 

「赤い梅氷」

大洗町の梅干し専門店「吉田屋」さんの露茜(つゆあかね)を使ったかき氷。

 

「国産キウイと特製ヨーグルト」

笠間市で生産されたキウイを中心に作られるかき氷で、通年食べられる定番メニュー!

 

「焦がしキャラメルとグラノーラ」

かき氷の上にホイップ、その上にグラノーラがトッピングされ、ビターなキャラメルソースがたっぷり!

濃厚で甘いけど甘すぎず、ほろ苦さが大人味!グラノーラのサクサクな食感とふわっとしたかき氷の相性も抜群です。

かき氷の中にはグラノーラ、ホイップ、さらにバニラアイス!

最初から最後まで楽しめるキャラメルスイーツです。キャラメル味のスイーツが好きな方におすすめ!

かき氷のメニューなどはSNSのチェックもしてみてください!

 

四季と六花の公式SNS

Instagram|https://www.instagram.com/shiki.to.rikka/

Twitter|https://twitter.com/shiki_to_rikka

四季と六花のかき氷のメニューを見ているだけでも感じるのですが、茨城県産の食材を中心に余計なものを入れない、食材へのこだわりが魅力です。

訪れるたびに変わるメニューも楽しみにされている方も多いはずです。




笠間のかき氷専門店「四季と六花」の定休日・営業時間

四季と六花の営業時間は11時~17時。

Googleマップにもこちらの営業時間が記載されていますが、日により異なります。

定休日は不定休です。営業日は基本的に土日祝日。

カフェナナイロは、曜日ごとに色んなお店が営業しているレンタルスペース&ワークショップです。

そのためカフェナナイロのFacebookでも営業スケジュールを確認することができます。

1番間違いないのはLINEです。

LINEでお友達登録することで、営業時間や定休日を確認すしたり、予約もすることができます。




お店の予約情報

※2021年6月現在、コロナ対策により予約制となっています。

LINEでお友達登録をしておくと、営業日や営業時間をチェックするだけでなく、連絡をすると事前予約も可能になっています。

事前にメニュー一覧も見ることができるので、事前に食べたいメニューを決めることができます。

お店へ行く予定が決まったら、事前に予約をしていきましょう。

LINEのお友達登録はこちらです。

茨城おとなのかき氷 四季と六花の公式LINE:https://line.me/

笠間のかき氷専門店「四季と六花」アクセスと駐車場

住所 茨城県笠間市笠間1537
電話番号 050-7129-9535

「茨城おとなのかき氷 四季と六花」へのアクセスですが、観光でも立ち寄りやすい場所にお店があります。

笠間稲荷神社のすぐ近く。徒歩でだいたい3分くらいで行けちゃいます。

専用駐車場が店舗横にありますが、収容スペースが2台分です。

店舗横の駐車場が満車の場合は「笠間市営荒町駐車場」を利用しましょう。(お店から徒歩2分)

駐車料金は通常無料です。




笠間のかき氷店「古民家かき氷 雪みるく」

笠間市のかき氷屋さんと言えば「古民家かき氷 雪みるく」は外せません。毎年大人気のお店です。

古民家を利用した趣のある店内で、その時期旬なフルーツをふんだんに使用したかき氷を食べることができます。

その中でもメロン半玉使った「スペシャルメロン」のかき氷は不動の1番人気。

雪みるくも混雑するので、予約ができるようになっています。

予約方法などの情報はこちらのページで紹介しています。

店舗情報

住所 〒319-0201 茨城県笠間市上郷1162
TEL 080-3724-1162
お店のブログ http://blog.livedoor.jp/kasamayukimilk/

笠間のかき氷店「カキゴオリカフェドットエス」

まちの駅かさまにある人気かき氷屋さん「カキゴオリカフェドットエス」

自家栽培したイチゴをメインに、さまざまなメニューのかき氷が提供されています。

笠間芸術の森で遊んだ後、笠間焼のギャラリーを見て回った後、笠間稲荷神社など観光の途中にも立ち寄りやすい場所にあるのもおすすめポイントです。

こちらのページでは、実際にドットエスさんで食べて来たときのかき氷や基本情報を紹介しています。

店舗情報

住所 〒309-1611 茨城県笠間市笠間 宿1号棟 30 まちの駅
公式Twitter https://twitter.com/dot_s_shavedice

笠間市でかき氷めぐりもおすすめ

かき氷も進化していて立派なスイーツですよね。

どのお店もそれぞれシロップの素材にもこだわりがあって、メニューもバリエーション豊かだからかき氷屋さん巡りがとっても楽しくなってしまいます。

まず笠間の「四季と六花」でかき氷を食べて、笠間焼を見たり観光も楽しみ、休憩を兼ねて他のかき氷屋さんもハシゴしてみてはいかがでしょうか。

その他、茨城県内のおすすめかき氷店はこちらのページで紹介しています。