観光スポット

めんたいパーク大洗で工場見学とできたて試食!おにぎりが人気で売り切れる?!

 

太平洋に面している茨城県大洗町の「めんたいパーク大洗」

 

老舗明太子屋さんのかねふくが運営している明太子のテーマパークです。

 

工場見学やできたてホヤホヤ明太子の試食、人気のおにぎりやソフトクリームまで明太子?!!

 

といっためんたいこづくしで楽しめる、まさしく明太子の聖地!

 

大洗観光の予定に入れたいおすすめの「めんたいパーク大洗」を紹介しますよ!

 

めんたいパーク大洗の工場見学とできてて試食!おにぎりが人気で売り切れる?!








 

ご飯と抜群な相性の「明太子」おいしいですよね。

 

めんたいパークは、からし明太子の製造販売をおこなう老舗メーカー「かねふく」が運営。

常滑・神戸三田・大阪・伊豆・大洗と全国5箇所。

 

めんたいパーク大洗 工場見学 おにぎり

出典:めんたいパーク大洗

関東の最初にオープンしたのが、めんたいパーク大洗なんです。

 

バスツアーも組まれていたりするので、近郊からも訪れるほど人気!年間約100万人が訪れているそうです。

 

最寄り駅の大洗駅からは車で5分かからない距離にあります!水戸大洗ICからも10分程度なので、アクセスも悪くありません。

 

この子が目印!!「タラピヨ」

 

めんたいパークは、

  • 大洗マリンタワー
  • 大洗港フェリーターミナル

などのほど近い海岸沿いにめんたいパーク大洗があります。

 

屋上に真っ赤な明太子の「タラピヨ」が乗っているのが目印です。

 

 

View this post on Instagram

 

🌈like the sea 🌈 🌴海🌊さん(@umisuki73)がシェアした投稿

めんたいパークの屋上には、かねふくのマスコットキャラクターが!

 

ゆるキャラでなんともいえない可愛さ!

 

 

View this post on Instagram

 

めんたいパーク大洗さん(@mentaipark_ooarai)がシェアした投稿

 

タラピヨちゃんです。

 

インスタグラムでは、茨城のいろんなところに行っている写真がたくさん投稿されていますよ!

 

かわいくてインスタフォローしてます(笑)

 

 

View this post on Instagram

 

Harukaさん(@haruuuuu.19)がシェアした投稿

入口前のタラピヨの隣には、メガネと帽子をかぶっているのは明太子通の「タラコン博士」。

 

パーク内は、

  • ギャラリーと工場
  • フードコーナー
  • 直売所

 

3つのエリアに分かれています。








めんたいパーク大洗の「ギャラリーと工場」

 

View this post on Instagram

 

Ayako Okanoyaさん(@ayako.o_)がシェアした投稿

 

ギャラリーと工場のエリアでは、明太子ができるまでの過程を見学することができます。

 

かねふくの明太子といえば福岡・博多というイメージがありますね。

 

明太子がなぜ食べられるようになったのでしょうか。

 

明太子はもともと朝鮮半島で食べられていたもの。

戦時中朝鮮半島に渡っていた日本人が持ち帰り、アレンジして販売をし始めたのが福岡だったそうです。その後、関東でも人気が出て明太子が広まりました。

 

福岡からの運搬にも時間がかかるため、できたてが食べられるように海沿いの大洗に工場が作られたということなんです。

 

最初は工場だけだったのが、直売所を兼ねたテーマパークに発展したんです!

 

こういった明太子の歴史、原料であるスケソウダラの生態、漁などを学ぶことができます。

 

このギャラリーは、約100mに渡り、スケソウダラの情報がもりだくさん!

 

なんか歴史とかって退屈そうに感じますが、ギャラリー内では、タッチパネル式のモニターなどがあり、ゲームやクイズから明太子について楽しく学ぶことができます。

 

ゲームなどがあるので、子どもも夢中になる遊び要素があって楽しめるんです。

 

ゲームによっては難しいレベルを選べるものもあって、何気に大人も子どもと一緒に夢中になって遊んでいたりします(笑)

 

体を動かすゲームもあり、足元で泳ぐスケソウダラのイラストを踏んで遊ぶんですが、タラピヨにある変化が起こるんです。

 

どんなことが起こるのか?!

 

お子さまと一緒に体験してみてくださいね!

 

めんたいパークは工場見学をしたい場合は、日曜祝日だとお昼に製造の休憩時間があるので、工場見学をするならオープンすぐか、13時以降が良いですね。

 

工場稼働時間は9:00~16:30です。

 

ギャラリーを抜けると、工場エリアに繋がっています。








工場では1日○トンの明太子が作られる?!

 

ガラスの向こうで明太子が作られている様子を見ることができます。

 

下処理をして下味がつけられ、形が整えられたり細かい作業がされて、熟成調味液に漬けられるんだそうです。

 

大洗工場では、朝9時から夕方までフル稼働していて、1日どれくらいの明太子が作られていると思います?

 

1日約5トンも生産しているんだそうです!

 

多いとときはそれ以上作る日も。

明太子5トンてすごい量ですね。

 

この工場で作られた明太子は、美味しさをそのまま届けるために冷凍されるのですが、直売コーナーなら、冷凍前のできたてホヤホヤの明太子を試食することができます!!

 

ここでしか食べることができないですから、これは試食しておきたいですよね。

 

こういった試食も工場ならでは!

 

直売コーナーのグルメでめんたいこづくし!

 

View this post on Instagram

 

めんたいパーク大阪ATCさん(@mentaipark_osaka)がシェアした投稿


工場見学が終わったら直売所の方で「できたてコーナー」を探してみてください。

 

直売コーナーの一角にあります。

 

お客さんのほとんどがここに直行しているくらい人気ですね!

 

できたての明太子は、普段食べている明太子とはちがって、やわらかくてみずみずしさとふわっと溶ける食感なんです。

 

やはり試食するとご飯ほしくなりますよね

 

おにぎりが絶品のフードコーナー!

 

明太子づくしのフードコーナーも直行したくなるエリア。

 

海が見えるフードコーナーがあり、何気にイスも明太子カラー!

 

人気は、「特大の自家製おにぎり」

 

 

View this post on Instagram

 

joyjoyjapan.jpさん(@joyjoyjapan.jp)がシェアした投稿

ジャンボおにぎりは4種類あって、

  • できたて明太子
  • 焼きたらこ
  • 紅鮭
  • ミックス(明太子と紅しゃけ)

 

このジャンボなおにぎり、本当に大きいんです。

 

たぶん、普通のおにぎりの2倍はあると思います。

 

造りたての明太子がぎっしりはみ出すくらい入っていて、海苔と米と明太子、まちがいない美味しさ!

 

どこから食べても明太子が味わえるくらいたっぷり!

 

焼きたらこ、紅しゃけもあるので、お子さまもおにぎり食べられますね!

 

1つ食べるとかなり満足しちゃいます。

 

この他にもユニークな食べ物があるんです!








「めんたい豚まん」

 

View this post on Instagram

 

satomi♪さん(@satomi310625)がシェアした投稿

こちらも面白いですね。

 

見た目がピンクの明太豚まん。

 

ピンク色の皮の中身は、横浜中華街の名店で作ったという中華風の豚のあん。

 

それだけだとただの豚まんですが、混ざっているツブツブが明太子。

 

本格的な豚まんで、さらに明太子のツブツブ食感も楽しめる変り種豚まんです。

 

フードコーナーには、無料のお茶も提供されていますよ!サービス◎

 

意外とクセになる「明太子のソフトクリーム」

 

View this post on Instagram

 

6620furukawaさん(@6620furukawa)がシェアした投稿

食後にはソフトクリームをデザートにしてみてはいかがでしょうか。

 

ソフトクリームに明太子って大丈夫?!と味を疑う組み合わせ。

 

よく見るとピンクのつぶつぶが見えるんです。

 

バニラソフトクリームに明太子が混ぜられていて、味はというと、最初はピリっと辛味があって、次第にバニラアイスのアクセントみたいになって、何だかクセになる。

 

ソフトクリームに塩気と辛みが意外な相性の良さを発揮しています。

 

普通ならウエハースだけど、めんたいソフトクリームはめんたい煎餅がささっています♪

 

スパイシーでちょっとお口直しみたいに食べられちゃう!

 

おにぎり、豚まん、ソフトクリームを買って、海を見ながら味わってみてはいかがでしょうか。

 

おにぎりは人気なので、売り切れてしまうことがあります。行ったら早めにチェックしておくと良いですね。








めんたいパークのお土産

 

View this post on Instagram

 

めんたいパーク大洗さん(@mentaipark_ooarai)がシェアした投稿

やはり最後はお土産!!

 

できたての明太子は、冷凍されずに生の状態で販売されています。

 

 

View this post on Instagram

 

めんたいパークとこなめさん(@mentaipark_tokoname)がシェアした投稿

 

閉店前に売り切れることもある人気商品、数量限定商品です。

 

ぜひ、試食をして美味しさを確かめてみてください♪

 

できたての明太子をはじめ、バリエーション豊かな明太子商品がならんでいます。

 

  • めんたいマヨネーズ
  • めんたいドレッシング
  • 明太もつ鍋セット
  • ポテトチップ明太マヨ味

 

お土産にも自宅用にもぴったりですよね。

 

めんたいパークでしか購入できないMIXからし明太子は、ボリュームもあってお買い得です。

 

めんたいシュウマイもいいですね。試食ができるときもあるそうです。

 

 

View this post on Instagram

 

めんたいパーク大洗さん(@mentaipark_ooarai)がシェアした投稿

食べ物以外には、タラピヨちゃんの限定オリジナルグッズもおすすめ。

 

何気にかわいいんですよ。タラピヨのぬいぐるみとか。

 

タラピヨちゃんもタラコン博士も、館内のいたるところで目にするので、なんだか愛着が湧いてきちゃうんです。

 

グッズもついつい購入しちゃいますよ。

 

明太子を購入するなら・・・・

 

明太子を購入する場合、気になるのは持ち歩き時間とかですよね。

 

めんたいパークでは、持ち歩きが2時間以上の場合は保冷をおすすめされています。

 

店内でも保冷バックと保冷材のセットが販売されていますが、自宅から保冷バッグ・クーラーボックスを持参すると良いかも!

 

保冷材だけ現地で買えば、保存も安心してできますからね。

 

また、周辺の市場で干物なども購入するかもしれないですからね!

 

保冷バッグ、クーラーボックスなどは持ってくると意外と便利に使えちゃいますよ!

>>めんたいパーク大洗のお土産人気NO.1は?








めんたいパークのアクセス方法・駐車場!混雑はする?

 

やはり大洗は観光客の方も多いので、土日祝日、行楽シーズンは混雑します。

 

のんびり、ゆっくりと楽しみたい方は、平日の午前中が一番空いていますね。

 

もっとも混雑するのは、ゴールデンウィークと年末です。

 

こういった時期、週末は、やはり午前中の早めの来館がおすすめです。

 

アクセス方法と駐車場情報

 

車の場合は、

  • 北関東自動車道の水戸大洗ICを降りて約10分
  • 都心からなら常磐自動車道を使って約2時間前後

 

施設の敷地内に約120台のスペースがある無料駐車場があります。

 

電車の場合は、

  • 鹿島臨海鉄道大洗鹿島線・大洗駅から徒歩20分ほど。
  • 路線バスも運行していますが日曜のみの運行!

 

めんたいパーク大洗

  • 茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 工場見学時間:9:00~16:30(日曜・祝日の11:30~12:30は休止)
  • 定休日:なし
  • 入場料:無料
  • TEL:029-219-4101

 

めんたいパーク大洗の周辺観光スポット

大洗磯前神社 ご利益 御朱印

約1時間くらいで無料で工場見学をしたり、買い物をすることができる場所です。

 

周辺の観光スポットと一緒に廻られると、大洗をより一層楽しむことができます。

 

  • アクアワールド茨城県大洗水族館
  • 大洗マリンタワー
  • 大洗磯前神社
  • 那珂湊おさかな市場
  • 国営ひたち海浜公園

など周辺に人気の観光スポットもあるのでセットで訪れるといいですね。

 

さいごに

 

楽しく工場見学ができて、おいしい明太子も味わえるめんたいパーク大洗。

 

見学を含め、だいたい1時間くらいで楽しむことができるので、大洗観光の予定の1つに訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ぜひ、見て遊んで、食べて楽しんでみてください。

ABOUT ME
KYOKO
茨城県水戸市民です。さまざまな情報をお届けし、魅力が伝わるといいなと思っております。記事がお役に立てた際はシェアしていただけるとうれしいです♪ また、InstagramなどSNSでのお問い合わせも受付しております。